社会学研究科紹介

サイトトップへ戻る

社会学

一橋大学の社会学

 社会学sociologyは、幅広い社会現象を人間生活の共同という視角から研究する社会科学の一分野です。一橋大学は、日本で唯一「社会学部」を有する国立大学として、社会学の研究・教育においても大きな役割を果たしてきています。
 一橋の社会学の特色は、次の3点に要約できます。大学院の研究・教育においても、一橋社会学のもつこうした特徴が生かされています。
1)社会科学としての社会学の探究
 理論・方法・歴史に関する幅広い学識によって基礎づけられるとともに、現実社会との接点を忘れない社会科学としての社会学を探究することを目差しています。このことは、以下の2つの特徴によって具体化されています。
2)境界横断的な知の生産の場として
 他の社会学系大学院と比較したとき、本研究科がもつ大きな特色とは、社会学分野が社会思想、歴史学、社会人類学、社会心理学、総合政策、教育学、スポーツ研究、政治学、地球社会研究など他の研究分野とも密接な交流を有することにあります。社会学研究者は他研究分野にも多数いるほか(社会心理学、教育社会学、スポーツ社会学ほか)、社会学専攻の院生が他研究分野のゼミ・講義を履修することもごく一般的に行われています。
3)国際的な研究拠点として
 スタッフはいずれも国際的な研究ネットワークの一員として共同研究・情報発信を行っています。大学院生にも、外国語による研究報告・論文執筆などが奨励されています。

履修モデル

 大学院では基本的に、各院生が研究テーマを決め、それに基づいた履修・研究の計画を自主的に立てそれを実行していくことが期待されます。一橋大学大学院で社会学を学ぶ場合、そのテーマは大きく、「理論・学史」、「理論と実証(現状分析)」、「理論と実証(歴史分析)」、「宗教学・宗教社会学」に分けられるでしょう。別表に、社会学分野専攻の大学院生が履修することの多い科目群をまとめておきました。各自のテーマに応じて、次の3つの科目群を適切に組み合わせながら学ぶことが求められます。
 1)社会学的思考法の歴史、理論的基礎に関する学修
 2)フィールドワーク、統計分析、テクスト分析を含む社会分析・社会調査の方法学修
 3)各自が関心をもつテーマ・分野に関する学修(テーマに必要な外国語学修を含む)
※この他、修士課程では専門研究書を読みこなせるだけの英語力を、博士課程では口頭や論文による発表が可能な水準の英語力を、それぞれ修得することが望ましいでしょう。
 定められた科目を履修することによって、「社会調査士」「専門社会調査士」資格を取得することも可能です。詳しくは、次の【社会調査】分野をご覧下さい。


論文執筆と学修計画について

 社会学分野の場合、研究テーマや分析の方法にはかなりの幅があります。しかし、いずれの場合でも、理論的・方法論的な研究学修に加え、 自分自身の研究フィールド(耕す畑)をもつことが求められます。およその研究フィールドは入学時に決まっていることと思います。選択した主ゼミ教員・副ゼミ教員とも相談しながら、具体的な研究テーマをなるべく早く決めていって下さい。
 社会学の場合、修士論文執筆は、1)専門分野における一定水準以上の学術論文を執筆する作業であるとともに、2)自分の専攻する専門領域を確定するという意味ももっています。そして博士課程進学希望の場合には、3)博士課程におけるより専門的研究の基盤づくり、就職希望の場合には、4)専門的職業人に求められる研究企画・分析・表現能力を獲得する機会、といった意味ももっています。
 最近の具体的な論文題目は、下記をご覧下さい。また、それぞれの研究分野に関する国内外の研究動向に目を配ることも重要です。たとえば、社会学関連の国内外の学術雑誌・各種学会における研究発表を各サイトなどでチェックすることが役立ちます。
 修士論文執筆までの道のりにはテーマや個人による差がありますが、おおよそ表のような過程が想定されます。このほか、各ゼミでは論文報告・検討の機会がもたれています。テーマによっては、国内外で調査や資料収集を行うケースもあるでしょう。通常修士1年の春休みか修士2年の夏休みに集中して実施するケースが多いようですが、いずれにせよ十分な事前準備が欠かせません。また、1年に1度しか観察・参加できないような事象を扱う場合には、とくに計画性が必要です。

修士論文

 最近提出された修士論文には次のような題目が含まれます。
―婚姻はいかに変わるのか ―国際結婚事業を行った自治体に着目して―
―日本の対抗文化における経験の多様性についての考察 ―新宿西口フォーク集会を例に―
―日本の映画文化における連続性と非連続性
―夜間のイベントスペースへの管理統制における「バグ」の構築 ―大阪・ミナミにおけるクラブ摘発問題から―
―日本武道館のアイデンティティについて ―「武道の聖地」と「ライブの聖地」の関係を中心に―
―庶民の公共領域 ―Weiboにおける「APAホテル事件」から―
―有機野菜が都市部の単身者に届くための条件 ―増加する有機野菜農家と「子ども食堂」の可能性―
―デザインと地域社会の接続 ―横浜で活動したデザイナーの職能に着目して―
―都市細街路の変容と自営業借家人の生き方 ―大宮駅東口地域における古着屋等の集積に着目して―
―「ファンであること」が長期継続する力学 ―《スレイヤーズ》ファンのライフコース―
―公立学力下位校における支援活動「図書室内カフェ」の分析 ―学力下位校において課題発見を目指す取り組みの事例―
―「都市同窓会」のエスノグラフィ ―上京移動経験者の同窓会活動とその意味/位置づけ―
―地価高騰下の住宅危機とローカルな政治の変容 ―バブル期・東京都心区の住宅政策を事例に―
―「規制できないもの」を制御する ―秩序違反の取締りについてのコミュニティ・ポリシングを通した検討―
―オルタナティブな社会空間の形成 ―障碍者をめぐる地域活動を事例に―
―川越一番街商店街におけるまちづくりと観光 ―実践から問い直す観光まちづくり―
―原発事故後の生活困難とはなにか ―経験を〈了解〉することの難しさをめぐって―
―在外朝鮮人ディアスポラを訪ねる旅 ―在日コリアン生活情報誌『ミレ』の変容―
―温州高速鉄道追突事故から見る中国マスメディアの変革 ―紙媒体と微博との比較を中心に―

このページの一番上へ