社会学研究科紹介

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科紹介 > 博士後期課程進路状況

博士後期課程進路状況

※ 2016年7月11日更新

人数(男 / 女)
進路2013年度2014年度2015年度
大学教員6(3・3)9(7・2)6(1・5)
非常勤講師1(1・0)7(3・4)1(1・0)
就職(その他教育・研究機関)5(3・2)7(5・2)4(1・3)
日本学術振興会特別研究員(PD)0(0・0)4(2・2)5(3・2)
その他ポスドク5(1・4)6(3・3)3(0・3)
就職(企業・政府機関等)4(2・2)3(3・0)4(1・3)
その他13(5・8)10(3・7)11(6・5)
※ 単位修得退学者を含む

博士後期課程(社会学研究科全体):最近の主な就職先

主な就職先
法務省、尾道市立大学、淑徳大学専任講師、名古屋産業大学助教、一橋大学附属図書館助教、追手門学院大学特任助教、鶴川女子短期大学常勤講師、埼玉県立文書館学芸員、民族問題研究所、立正大学、大倉精神文化研究所、徳川記念財団、台湾経済研究院、ソウル大学社会発展研究所、イデア・フロント(株)、国際協力機構、楽天(株)、一橋大学社会学研究科ジュニアフェロー、日本学術振興会特別研究員

このページの一番上へ