若手研究者紹介

サイトトップへ戻る

若手研究者一覧

平成30(2018)年度

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や・ら・わ行

あ 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
青野 誠日本思想史幕末維新期の民衆における主体形成論の再考
青野 桃子スポーツ社会学、余暇社会学、レジャー・スタディーズ戦後日本の余暇・自由時間をめぐる管理と自主性
新井 隆太平洋諸島研究太平洋島嶼地域をめぐる戦争の記憶の「もつれ」
有薗 舟仁日本近現代史、軍事史旧日本海軍における特務士官の研究
五十嵐 舞クィア理論、フェミニズム、米文学、表象研究、社会思想現代アメリカ合衆国と日本の欲望に関する規範と抵抗
糸数 温子教育社会学、NPO論、スポーツ社会学学歴競争を〈降りる〉若者を支援する人々の階層と社会関係資本の研究 -地方都市における生活困難層の働くことへの移行に備える「遊びのある」支援の可能性-
岩田 健佑哲学ヘーゲルを中心とした芸術哲学
上野 貴彦国際社会学、国際移民研究、多文化共生論移民のインターカルチュラルな社会統合と地域――「反うわさ戦略」の生成、定着、そして伝播
大島 岳社会学、社会調査病いと共に生きる経験を語り合う力 HIV陽性者の苦悩・レジリエンス・歴史
太田 浩之哲学、社会思想、経済思想「自然」概念に基づくアダム・スミス体系の再解釈
大野 絢也中国近現代史近現代中国における華中・華南交通網の変容過程
大橋 毅顕日本近世史近世御用商人の領主金融

このページの一番上へ


か 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
霍 欣瑩日本近代史、文化交渉学幕末期における漢訳洋書の出版と流通
加藤 旭人社会学、社会調査障害者と健常者の関係形成に関する社会学的研究
菅野 智博中国近現代史近現代中国東北地方における農村社会の構造と変容
菊地 賢社会思想史、経済思想史、政治思想史マルクスの唯物論形成について―ヘーゲル左派との比較を通じて
吉川 紗里矢日本近世史江戸幕府の役職文書と人事決定過程に関する研究
金 庾毘歴史学(軍事史、日本史、朝鮮近現代史)アジア・太平洋戦争期における植民地兵としての朝鮮人兵士
熊澤 拓也スポーツ社会学、スポーツ史、スポーツ文化論戦前から戦後占領期までの日本におけるアメリカンフットボールの受容過程
栗原 真史社会学、都市研究バブル期における立退き・地域変容・住宅政策――東京都心部を事例に
後藤 篤教育思想、教育実践史戦間期日本の生活指導実践に関する思想史的研究
菰田 レエ也社会学 社会調査 サード・セクター(NPO・協同組合)論 社会的企業論社会的排除問題に取り組む社会的企業についての研究
金堂 奏地域研究、アフリカ史、南アフリカ共和国近現代史歴史記念館と周辺地域住民の関係からみる記憶共有の様相―ソウェト蜂起を事例に―

このページの一番上へ


さ 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
沢辺 満智子人類学、社会学、地域研究日本蚕糸業に見る近代化と民俗的想像力との関係 /文化芸術政策・マネジメント
清水 雄也哲学,社会学因果の哲学とメタ哲学――社会科学の哲学
庄子 諒社会学、社会調査福島における震災経験と生活構造に関するコミュニケーション社会学的研究
鈴木 直樹日本近世史、村落史、地域史、災害史近世関東の土豪と村落・地域社会、近世災害史
鈴木 淳世日本近世史・日本思想史・東北史近世北奥の政治思想
隅田 聡一郎社会経済学、社会思想史、政治思想1.マルクスの唯物論的国家論 2.マルクスの唯物論的歴史観 3.マルクス=エンゲルス全集(MEGA)の編纂
関 千賀子日本近世史、幕政史江戸幕府の遊所認識
関根 里奈子ジェンダー、戦争社会学大衆文化における軍事化とジェンダー ―「戦争の魅力」と「戦争のリアリティ」に関する現代的課題―
関野 さとみフランス文学、フランス文芸思想、音楽学マルセル・プルーストのテクストにおける音楽のレフェランス研究
芹口 真結子日本近世史、近世宗教史近世日本における宗派間対立と幕藩権力・仏教教団―宗名論争を事例に―

このページの一番上へ


た 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
高田 雅士日本近現代史国民的歴史学運動にみる1950年代前半の文化運動と地域社会
田中 聡一郎国際政治史、国際関係論、地域研究 (中東)冷戦時代の中東諸国を事例とした、小国側における独自の外交政策に関する研究
崔 誠姫朝鮮近代史、東洋史第二次朝鮮教育令施行期における実業学校の研究
鄭 康烈国際社会学在日コリアンのエスニック集団内における階層差に着目した質的研究
友久 保彦アフリカ地域研究、開発地理学、開発社会学開発介入と地方都市に関する研究-ガーナ・ヴォルタ川開発事業ポン地域を事例として-

このページの一番上へ


な 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
中島 新哲学初期シェリングを中心としたドイツ自然哲学
中村 忠司社会学、観光学、政策学1985年以降の旅行者の変化と旅行業が地域と旅行者に与えた影響についての研究
奴久妻 駿介比較教育学、国際教育学外国人児童生徒の「教育を受ける権利」意味づけプロセスに関する国際比較
野末 和夢比較政治学、政治理論、政治思想福祉国家再編の政治研究:福祉ガバナンスを中心にして

このページの一番上へ


は 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
橋詰 かすみ西洋史、思想史18世紀後半のジュネーヴ共和国における政治動乱とルソーの表象
原田 玄機社会政策、社会福祉、障害者福祉対象者像を踏まえた戦後日本の知的障害者処遇の特質
藤原 正克日本近世史日本近世村落史
船橋 幸穂国際政治、平和構築、戦争学、紛争学平和構築政策と歴史的アイデンティティの相関性
古畑 侑亮日本近世史・思想史19世紀における「好古家」の蒐集活動と歴史意識
堀永 哲史哲学形式論理学と超越論的論理学との対比からヘーゲル論理学を媒介主義として解明する

このページの一番上へ


ま 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
松浦 加奈子教育社会学発達障害の社会学 -特別な配慮実践からみる学級内部の秩序と能力-
松葉 隼台湾近現代史、日本近現代史日本統治時代台湾における交通網の形成と移動にともなう社会変容
三家本 里実労働社会学、雇用政策情報サービス業における労働過程の編成と技能形成
宮崎 早季総合社会学専攻 歴史社会研究分野、エスニックスタディーズハワイ日系人の戦時体験から描きなおす、日系人戦時強制収容・転居事件

このページの一番上へ


や・ら・わ 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
山内 智瑛社会学、都市研究24/7時代の都市空間における昼/夜概念の再考
山岸 諒己家族社会学,エスノメソドロジー〈育児者〉の生活はどのように経験されるのか——生活と育児概念との関連と育児の協業
山﨑 晶子社会学、社会調査21世紀のエリート形成におけるフランス語の言語資本-グランゼコールに至る獲得過程と機能
山田 宏職業教育、工業教育、地域産業政策工業高校の教育課程と卒業者の職業経歴、高専卒業者の意識、地域産業政策の評価
大和 慶之哲学G.W.F.ヘーゲル『精神現象学』における理性についての研究
米津 篤八朝鮮近現代史朝鮮戦争報道――両陣営の報道比較と記事に見る戦時期朝鮮の社会相
李 英美歴史学 (出入国管理、東アジア現代史)冷戦期東アジア国際情勢の変動と日本の出入国管理政策

このページの一番上へ