若手研究者紹介

サイトトップへ戻る

若手研究者一覧

平成29(2017)年度

あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や・ら・わ行

あ 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
青野 桃子スポーツ社会学、余暇社会学、レジャー・スタディーズ戦後日本の余暇・自由時間をめぐる管理と自主性
青野 誠日本思想史幕末維新期の民衆における主体形成論の再考
秋山 道宏社会学、社会理論、沖縄戦後史戦後沖縄の「島ぐるみ」運動と経済界の変容に関する研究:建設業に着目して
荒沢 千賀子ライフストーリー研究、歴史教育実践論トラウマ的歴史経験のその後:マニラ戦スペイン総領事館襲撃、スペイン内戦・独裁から
五十嵐 舞クィア理論、フェミニズム、米文学、表象研究、社会思想現代社会における欲望に関する規範と抵抗
岩田 健佑哲学、思想史ヘーゲル美学における啓蒙思想の批判と補完
尹 国花中国近現代史国共内戦期中国延辺における中共指導層の変遷
大島 岳社会学、社会調査HIV陽性者のライフストーリー-セクシュアリティ・病の歴史化と世代継承性-
太田 浩之社会思想、経済思想、哲学「自然」概念に基づくアダム・スミス体系の再解釈
大野 絢也中国近現代史近現代中国における華中・華南交通網の変容過程
大橋 毅顕日本近世史近世御用商人の領主金融

このページの一番上へ


か 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
加藤 旭人社会学、社会調査地域社会における障害者と健常者の関係性に関する社会学的研究
上田 尚徳哲学、倫理学、哲学史、西洋思想史、社会思想史ヘーゲル哲学において、意識や主観はいかなる存在論的基盤に基づいているのか、ということの研究
川田 幸生スポーツ社会学、障害者スポーツ、スポーツ政策「障害者」のスポーツ活動をする場への接続と継続における「障害者」観の変容
河村 裕樹医療社会学、エスノメソドロジー、精神医療の社会学精神医療と精神病者の社会学
菅野 智博中国近現代史近現代中国東北地方農村社会の構造と変容
菊地 賢経済思想史、社会思想史マルクス唯物論の形成史
吉川 紗里矢日本近世史近世中後期における江戸幕府大名役の役職文書と再生産
國本 哲史理論社会学・政治社会学価値社会学の学史整理と応用可能性について
熊澤 拓也スポーツ社会学、スポーツ史戦前から戦後占領期までの日本におけるアメリカンフットボールの受容過程
栗原 真史社会学、都市論バブル期における住宅政策再編の構想と現実――東京都心部を事例に
小阪 裕城歴史学(国際史・アメリカ史)、国際関係論第二次世界大戦直後の「人権」をめぐる国際史
後藤 篤近代日本教育実践史、教育思想史、教育方法学、教育社会学生活指導の思想史-近代日本の人間形成と社会
菰田 レエ也社会学 社会的企業論社会的企業(WISE)の持続可能性・発展条件についての研究

このページの一番上へ


さ 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
真田 美沙哲学ヘーゲル論理学存在論の基本構成の成立
沢辺 満智子人類学、社会学、地域研究日本の養蚕技術にみる近代化政策と民俗的想像力
清水 雄也哲学,社会学社会科学における因果性
庄子 諒社会学、社会調査福島における震災経験と生活構造に関するコミュニケーション社会学的研究
鈴木 俊弘地域研究(北米:アメリカ合衆国、カナダ)、北米移民史、北米文化史アメリカ合衆国の「公的記憶」における人種言説と北欧系移民の自己形成
鈴木 直樹日本近世史近世関東の土豪と村落・地域社会
隅田 聡一郎社会経済学、社会思想史1.マルクスの唯物論的国家論 2.マルクスの唯物論的歴史観 3.マルクス=エンゲルス全集(MEGA)の編纂
芹口 真結子日本近世史、近世宗教史近世日本における宗派間対立と幕藩権力・仏教教団―宗名論争を事例に―

このページの一番上へ


た 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
高田 雅士日本近現代史国民的歴史学運動にみる1950年代前半の文化運動と地域社会
竹部 成崇社会心理学貧しさと寄付のパラドクスに関する社会心理学的研究: 欠乏感に着目して
田中 聡一郎国際関係論、小国論、地域研究(中東)トルコなどの「小国」における、中立主義を中心とした安全保障政策についての研究
冨田 幸祐スポーツ史、スポーツ社会学日本スポーツ界とアジアの国際総合競技大会に関する史的研究
友久 保彦アフリカ地域研究、開発地理学、開発社会学ガーナ地方都市の形成と開発介入 -ヴォルタ川開発事業ポン地域を事例として-

このページの一番上へ


な 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
中島 新哲学初期シェリングを中心としたドイツ自然哲学
中村 忠司社会学、観光学、政策学1985年以降の旅行者の変化と旅行業が地域と旅行者に与えた影響についての研究
奴久妻 駿介比較教育学、国際教育学外国人児童生徒の「教育を受ける権利」意味づけプロセスに関する国際比較

このページの一番上へ


は 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
橋詰 かすみ西洋史、思想史18世紀後半のジュネーヴ共和国における政治動乱とルソー表象
原田 玄機社会政策、障害者福祉戦後日本の知的障害者処遇の性格の解明
春山 雄紀西洋史18世紀末ボヘミアにおける救貧改革と慈善
藤浪 海国際社会学、国際移民研究、多文化共生論環流するオキナワン・ディアスポラ――横浜市鶴見区の沖縄系-ブラジル系移民の事例から
藤原 正克日本近世史日本近世村落史
古畑 侑亮日本近世史・思想史19世紀における「考証」の流行と「好古家」の古物趣味・歴史意識
堀永 哲史哲学ヘーゲル『大論理学』「推論」における媒介の成立

このページの一番上へ


ま 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
増永 菜生西洋史学イタリア戦争期における政治と外交
松浦 加奈子教育社会学発達障害の社会学 -特別な配慮実践からみる学級内部の秩序と能力-
三家本 里実労働社会学、雇用政策情報サービス業における労働過程の編成と技能形成

このページの一番上へ


や・ら・わ 行

氏名専攻分野現在の研究テーマ
山﨑 晶子社会学、社会調査現代フランスにおけるエリート形成-言語資本の獲得と転換段階に注目して
山田 宏職業教育、技術教育、地域産業政策職業社会から見た工業高校の歴史、高専卒業者の職業生活と意識、地域産業政策の評価
山本 夏生スポーツ社会学、スポーツジャーナリズム、メディア論2016年のリオオリンピックの報道番組の傾向分析と、バラエティ番組が持つ「アスリート」「スポーツ」そのものの多様性の可能性について
横山 晶子言語学、社会学、日本語学消滅危機言語のドキュメンテーションと、再活性化への実践研究
李 英美歴史学 (出入国管理体制、東アジア現代史)冷戦期東アジア国際情勢の変動と日本の出入国管理政策

このページの一番上へ