社会学部紹介

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部紹介 > 学部ディプロマ・ポリシー

学部ディプロマ・ポリシー

 社会学部は、批判的能力や豊かな構想力、問題の分析・解決能力を兼ね備えた人材の育成に努めており、総合性、人間性、国際性などの基盤的能力とともに、応用力ある専門的知識を身につけることを目的としています。
 課程を修了し、学位を授与されるためには、学生には以下のことが求められます。

1.所定の年限以上在籍して、本学部がその研究教育の理念と目的に沿って設定した授業科目を履修し、所定の単位を修得し、さらに学士論文(卒業論文)の審査に合格することが課程修了の要件となります。

2.学士論文の審査では、対象に接近するさまざまな専門的方法を体得し、総合的視野と多元的思考にもとづき、社会問題の文脈と全体像を把握する判断能力を備えていることが合格のめやすとなります。

3.人文・社会科学の基本的な知識を身につけるとともに、人文・社会科学の各分野における学術研究を可能にする高度な知的理解力を身につけていること、そして深い専門性と領域横断的な総合性をあわせ持つことが、課程修了のめやすとなります。

このページの一番上へ