社会学部紹介

社会学部研究分野

特集

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 特集 > 社会学部・社会学研究科の授業・ゼミ

一橋大学広報誌「HQ」に掲載された、社会学部・社会学研究科の授業・ゼミナールの紹介をお読みいただけます。

社会学部・社会学研究科の授業

社会調査を通して、学生自身が社会と向き合い、多様な社会を認識する手法を学ぶ町村 敬志Vol.38 春号
(April 2013)
「一橋の授業」
社会調査法 I小林 多寿子
社会調査法 II町村 敬志
家族と労働の社会学木本 喜美子
教育社会学・教育調査山田 哲也
スポーツ社会学尾崎 正峰
アフリカ地域研究・開発研究児玉谷 史朗

社会学部・社会学研究科のゼミナール

社会心理学の視点からメディアを研究 〝論理的かつ批判的思考〞を磨く稲葉 哲郎Vol.50
春号(April 2016)
「一橋の授業」
知識の吸収より、知識の創造に苦悩する。学年、年齢を超えた知の格闘がここにある猪飼 周平Vol.46
春号(April 2015)
「一橋の授業」
「社会」という高い山を目指す多様なアプローチ社会学部・社会学研究科長
村田光二
Vol.34
春号(April 2012)
「一橋の授業」
グローバル社会学:複雑な現実を複雑なままとらえる視点を身につける 多田治
政治学・比較政治学:現代日本の課題を比較と理論の視座から複合的にとらえる田中拓道
雇用関係の社会学:グローバルな視点で雇用問題を掘り下げる西野史子
社会心理学:たとえば、怒って人を殴ることの意味を研究する学問です村田光二


このページの一番上へ