連続市民講座

サイトトップへ戻る

連続市民講座

一橋大学社会学部連続市民講座2012

戦争と暴力―社会科学からのアプローチ

一橋大学社会学部は、昨年度にひきつづき本年度も、全8回の連続市民講座を開催します。
私たちをとりまく世界は、国際社会のレベルでも、日常生活のレベルでも、戦争や紛争、様々 な形をとった暴力に満ち満ちています。そして、この問題を解決するためには、様々な視点 からの多様なアプローチが必要なことは言うまでもありません。もちろん、簡単に答えを出せ る問題ではありませんが、解決のための糸口を私たちと一緒に考えてみませんか。6回以上 出席の受講者の方には、修了証を発行します。昨年度同様、多くの市民の皆様の参加をお待 ちしています。

開催期間(平成24年4月から12月まで)及び講師 

※下の表の各担当者名をクリックすると、研究科サイト内の教員紹介ページへ飛びます。

日程担当者タイトル
4月21日(土) 吉田裕 なぜ戦争の時代と向きあうのか―アジア・太平洋戦争期を中心に
5月19日(土) 鈴木直文 スポーツによる社会的包摂―愉しみとしての暴力と都市貧困をめぐって
6月16日(土) 猪飼周平 暴力・犯罪と社会的排除
7月21日(土) 児玉谷史朗 冷戦後アフリカでなぜ紛争が多発したのか
9月15日(土) 大河内泰樹 グアンタナモに見る現代の権力―ミシェル・フーコーの権力論から
10月20日(土) 洪 郁如 もんぺ着用―植民地台湾の戦争動員
11月17日(土) 小井土彰宏 テロとの戦争の名のもとに―9.11事件とアメリカにおける移民規制の厳格化
12月15日(土) 多田治 楽園幻想と開発・軍事の比較社会学―ハワイと沖縄を中心に

講座担当教員詳細(リーフレット裏面)

■会場

兼松講堂(一橋大学国立西キャンパス)

■時間

13:30~15:00(うち、質疑応答15分を含む。)

■参加方法

参加は無料。どなたでも入場できます。
当日、直接会場までお越しください。

■問い合わせ先

一橋大学社会学部事務室
TEL:042-580-8212

■協力

一橋新聞

会場近辺の地図や講座担当教員の紹介が記載されたリーフレットが下記からダウンロードできます。

リーフレット [PDFファイル:2.6MB]

このページの一番上へ