教員紹介

教員紹介


教員検索

教員の主要研究領域を検索
※一語のみ指定してください。


サイトトップへ戻る

洪 郁如 (こう・いくじょ)

教授
総合社会科学専攻:社会文化研究分野(社会史)

研究室:第1研究館2階1217
オフィスアワー:金曜14:30~15:30 (事前にメールで予約してください)


主要研究領域

近現代台湾社会史、ジェンダー研究

現在の研究テーマと今後の抱負

 

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻社会文化研究分野4209文化生成研究3
総合社会科学専攻社会文化研究分野4212社会文化論原典講読3
総合社会科学専攻社会文化研究分野4213リサーチワークショップ通年集中 
大学院ゼミナール [ 2017年度版案内2016年度版案内 ]

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会文化研究分野42311社会文化論原典講読3
学部後期ゼミナール [ 2017年度版案内(3年), 2017年度版案内(4年)2016年度版案内 ]

学歴

1991年8月 台湾大学法学院政治学系 卒業(法学学士)
1993年4月 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻修士課程 入学
1995年3月 同課程修了(学術修士)
1995年4月 東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程 進学
1998年9月 同課程単位取得満期退学

学位

修士号(1995年・学術修士・東京大学) 
博士号(2001年・学術博士・東京大学) 

職歴

2002年4月 明星大学人文学部 専任講師
2005年4月 明星大学人文学部 助教授
2007年4月 明星大学人文学部 准教授
2008年4月 一橋大学大学院社会学研究科 准教授
2011年4月 一橋大学大学院社会学研究科 教授

主要業績
A.著書・共著等

・『台湾映画表象の現在:可視と不可視のあいだ』(共編著), あるむ, 2011
・『近代台湾女性史―日本の植民統治と「新女性」の誕生』, 勁草書房, 2001

B.論文(94年以降)

・「戦争記憶與殖民地記憶:開原緑的台湾日記」『近代中国婦女史研究』 通巻24号, p.47-82, 台湾 中央研究院近代史研究所, 2014.12
・「導読 湾生記憶如何閲読:我們準備好了嗎」『南風如歌:一位日本阿嬤的台湾郷愁』, p.9-22, 蔚藍文化, 2014.9
・“Between Understanding and Reconciliation: From the Perspective of Taiwan Studies” The Gakushuin Journal of International Studies 1, p.13-24, 2014.3
・「理解と和解の間―〈親日台湾〉と歴史記憶」『言語文化』 通巻50号, p.17-29, 2013.12
・「読み書きと植民地―台湾の識字問題」『言語文化』 通巻49号, p.75-93, 2012.12
・「「コロニアル・フェミニズム」は可能か-台湾におけるジェンダー・家父長制・植民地主義の交錯」『植民地文化研究』 通巻10号, p.27-33, 植民地文化学会, 2011.11
・「〈植民地/女性〉を語ること―謝雪紅の評伝・小説・自伝をめぐって」中井亜佐子, 吉野由利編『ジェンダー表象の政治学 : ネーション、階級、植民地』, p.250-271, 彩流社, 2011
・“Taiwanese Female Students in Japan under Colonial Rule” Hitotsubashi journal of social studies 42(2), p.12-28, 2010.12
・「台湾のフェモクラットとジェンダー主流化」野村鮎子・成田靜香編『台湾女性研究の挑戦』, p.109-126, 人文書院, 2010
・「植民地台湾の〈モダンガール〉現象とファッションの政治化」伊藤るり、坂元ひろ子、ダニ・E・バーロウ編『モダンガールと植民地的近代―東アジアにおける帝国・資本・ジェンダー』, p.261-284, 2010.2
・「学歴・女性・殖民地:従台北女子高等学院論日治時期女子高等教育問題」国立中央図書館台湾分館編『殖民・近代化国際学術研討会台湾学研究論文集』, p.157-183, 国立中央図書館台湾分館, 2009.12
・「旗袍・洋装・モンペ(燈籠褲):戦争時期台湾女性的服装」『近代中国婦女史研究』 通巻17号, p.31-66, 台湾 中央研究院近代史研究所, 2009.12
・「女子高等教育の植民地的展開--私立台北女子高等学院を中心に」香川せつ子・河村貞枝編『女性と高等教育--機会拡張と社会的相克』, p.84-113, 昭和堂, 2008
・「『愛国婦人会台湾本部沿革誌』解説」『『愛国婦人会台湾本部沿革誌』復刻版』, p.1-10, ゆまに書房, 2007
・「帝国日本の〈家政学〉と台湾の植民地的近代」『接続』 通巻7号, p.146-151, ひつじ書房, 2007
・「漢族社会における〈関係〉生成の論理―ある台湾家庭の〈礼簿〉の分析」『接続』 通巻7号, p.152-172, ひつじ書房, 2007
・「台湾人女性の〈内地留学〉」『接続』 通巻5号, p.254-276, ひつじ書房, 2005
・「植民地台湾におけるファッションと権力」『接続』 通巻4号, p.2-20, ひつじ書房, 2004
・「植民地の法と慣習―台湾社会の女児取引をめぐる諸問題」浅野豊美・松田利彦編『植民地帝国日本の法的構造』, p.243-271, 信山社, 2004
・「簡淑循さんインタビュー記録―台湾・日本での女子教育の思い出」(共著) 『中国女性史研究』 通巻11号, p.31-38, 2003
・「本土意識と文学史の構築」『接続』 通巻3号, p.118-125, ひつじ書房, 2003
・「台湾人家庭のなかの外国人労働者」『接続』 通巻3号, p.182-214, ひつじ書房, 2003
・「日本統治初期士紳階層女性観之轉變」若林正丈・呉密察編『台湾重層近代化論文集』, p.155-281, 台北、播種者文化出版, 2000
・「明治・大正期植民地台湾における女子教育観の展開」中国女性史研究会編『論集 中国女性史』, p.244-261, 吉川弘文館, 1999.10
・「日本の台湾統治と婦人団体―1904-1930年の愛国婦人会台湾支部に関する一試論」『立命館言語文化研究』 第10巻第5,6合併号, p.159-177, 1999.2
・「女性たち」若林正丈編『もっと知りたい台湾 第二版』, p.86-100, 弘文堂, 1998.9
・「日本植民統治与婦人団体―試論 1904-1930年愛国婦人会台湾支部」『台湾風物』 第47巻第2号, p.53-72, 1997.6
・「求められる新女性像―日本統治初期における台湾の社会変容をめぐって」『中国女性史研究』 通巻7号, p.1-21, 1997.1

C.翻訳

・『族群:現代台湾のエスニック・イマジネーション』(原著:王甫昌『當代台湾的族群想像』, 群学, 台湾 台北市, 2003年, 中国語), 東方書店, 2014
・「〈性暴力との闘い〉、〈心身障害者保護法と女性〉、〈陳妹おばあちゃんの物語〉、〈纏足解放運動〉」, 台湾女性史入門編纂委員会編『台湾女性史入門』, 人文書院, 2008
・『地名的世界地圖』(原著:21世紀研究会編『地名の世界地図』, 文芸春秋, 東京, 2000年, 日本語)『地名的世界地圖』, 台北、時報文化出版企業有限公司, 2002
・「日本植民統治下の台湾における公娼制度と娼妓に関する諸現象」(原著:廖秀眞「日本殖民統治下台湾的公娼制度与娼妓現象」, 1997年, 中国語), 林玲子、柳田節子監修『アジア女性史』, 明石書店, 1997.6

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・「大和民族的衣裳:近現代東亜場域中和服論述、資本與性別政治」, 国際シンポジウム「台湾文学研究新視野:全球化與階級重構」, 2014.10, 台湾 国立清華大学台湾文学研究所
・「性別視角下的日本帝国域内移動與跨境:以台湾為中心」, 国際シンポジウム「日本帝国與殖民地:人流與跨境国際学術研討会」, 2014.10, 台湾 中央研究院台湾史研究所
・「誰的〈日本時代〉―女性口述與自傳文本中的性別、階層與帝國」, 国際シンポジウム「性別正義:探索家庭、校園與職場的重構機制」, 2013.10, 台湾、清華大学
・「理解と和解の間―台湾史研究の観点から」, 戦争,植民地,和解―東アジア現代史再考, 2013.7, 学習院女子大学
・「日本学界対戦後台湾史研究的状況」, 学術シンポジウム「台湾史研究的回顧與展望」, 2012.12, 台湾、政治大学台湾史研究所
・「日記中的戦争記憶與植民地経験:以開原緑的台湾日記為例」, 国際シンポジウム「戦争・記憶與性別」, 2012.12, 台湾、中央研究院近代史研究所
・「モンペ着用―植民地台湾の戦争動員」, シンポジウム「東アジア近現代の〈衣〉の社会史」, 2011.7, 文化学園大学
・「旗袍・洋装・燈籠褲(monpe)―戦争時期台湾女性服装之探討」, 「従性別看現代戦争」国際学術シンポジウム, 2008.12, 台湾・中央研究院近代史研究所
・「学歴・女性・植民地―従台北女子高等学院論日治時期女子高等教育問題」, 台湾学研究国際学術シンポジウム:植民与近代化, 2008.11, 台湾台北市・中央図書館台湾分館
・「ファッションと植民地的近代---日本統治時期の台湾人女性の服装について」, 関西中国女性史研究会, 2007.1, 同志社大学室町キャンパス
・“Taiwanese Women Students in Japan under Colonial Rule”, The57th Annual Meeting of the Association for Asian Studies, 2005.4, Chicago.USA
・「植民地台湾におけるファッションと権力」, 『国際シンポジウム アジアのモダンガールと<世界>―グローバル資本・植民地的近代・メディア表象―』, 2004.9, 東京ウィメンズプラザ・ホール
・「養女慣習からみた近代台湾社会」, 台湾の元 「慰安婦」 裁判を支援する会, 2003.7, 東京ウィメンズプラザ
・「從<夫人外交>看日本的殖民統治」, フォルモサ婦女会, 2003.1, 東京・白金台 台北駐日経済文化代表処官邸
・「台湾のなかの<日本>―新女性の誕生と変遷」, 「女性史青山なを賞」記念講演, 2002.11, 東京女子大学
・「日本の植民統治と<新女性>の誕生」, 新日台交流の会 第42回, 2002.9, 東京・日華資料センター
・「日本の植民統治と<新女性>の誕生」, 学術フォーラム, 2002.7, 明星大学
・「植民地の法と慣習-台湾社会の養女・媳婦仔・査某嫺をめぐる諸問題」, 『国際日本文化研究センター共同研究会 日本植民地法制度の形成と展開に関する構造的研究』第4回研究会, 2001.11, 国際日本文化研究センター
・「近代台湾の女性と家族」, 国際交流基金 アジアセンター主催 『アジア理解講座』, 1997.12, 国際交流基金フォーラム(赤坂)
・「塑造新女性-探討日本統治初期士紳階層女性観之転変」, 『台湾之重畳・圧縮型近代化的社会史研究研討会』第一回日台青年台湾史研究者交流会議, 1997.7, 台湾大学

〔研究・調査報告書〕

・『東アジアにおける植民地的近代とモダンガール』, 文部省科学研究費補助金研究成果報告書, 2007.3

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) 紀旭峰著『大正期台湾人の「日本留学」研究』 (龍溪書舎, 2012.2), 『史學雜誌』 第122巻第10号, 2013.10.20
・(書評) 謝黎著『チャイナドレスの文化史』 (青弓社, 2011.9), 『東方』 通巻371号, 2012.1
・(書評) 呉密察・黄英哲・垂水千恵編著『記憶する台湾―帝国との相剋』 (東京大学出版会, 2005), 『図書新聞』 通巻2735号, 2005.7
・(書評) 何義麟著『二・二八事件―「台湾人」形成のエスノポリティクス』 (東京大学出版会, 2003), 『歴史学研究』 通巻787号, 2004.11
・(書評) 陳芳明著『謝雪紅・野の花は枯れず-ある台湾人女性革命家の生涯』 (社会評論社, 1998), 『図書新聞』 通巻2409号, 1998.10
・(書評) 竹中信子著『植民地台湾の日本女性生活史 大正編』 (田畑書店, 1996), 『近代中国婦女史研究』 通巻5号, 1997.8

〔辞書・辞典等の項目執筆〕

・台湾女性史入門編纂委員会編『台湾女性史入門』, 人文書院, 2008 (執筆項目:服飾の変化, 120-121頁)
・中国女性史研究会編『中国女性の一〇〇年』, 青木書店, 2004 (執筆項目:「総督府の皇民化政策―女子教育をとおして」、「女性組織の誕生―抗日と女性解放と」、「コラム:謝雪紅」, 225-228,232-236頁)
・尾形勇編『歴史学辞典 第10巻 身分と共同体 』, 弘文堂 (執筆項目:近代家族2(中国))
・天児慧他編『現代中国事典』, 岩波書店, 1999 (執筆項目:台湾の女性運動, 730頁)

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・科学研究費助成金 基盤研究(C), 「戦後台湾の農山漁村における家族変動の社会史」(研究代表者), 文部科学省, 2014.4.1-2018.3.31
・科学研究費助成金 基盤研究(C), 「台湾家族における文化資本の継承と変容:戦前・戦後を跨ぐオーラル・ヒストリーの構築」(研究代表者), 文部科学省, 2011.4.28-2014.3.31
・科学研究費助成金 基盤研究(B), 「台湾女性史とジェンダー主流化戦略に関する基礎的研究」(研究分担者), 文部科学省, 2007.4-2010.3
・科学研究費助成金 基盤研究(A)(1), 「東アジアにおける植民地的近代とモダンガール」(研究分担者), 文部科学省, 2003.4-2007.3
・富士ゼロックス小林節太郎記念基金研究助成金, 「求められる新女性像-植民地台湾における“新女性”の誕生と変遷」, 富士ゼロックス小林節太郎記念基金, 1998.4-1999.3

〔その他〕

・「日本植民地法制度の形成と展開に関する構造的研究」(共同研究員), 国際日本文化研究センター, 2001.4-2004.3

受賞等

・財團法人林宗毅博士文教基金會文化獎章, 財團法人林宗毅博士文教基金會, 2010.10
・第17回女性史青山なを賞(著書『近代台湾女性史』に対して), 東京女子大学, 2002.11

このページの一番上へ