教員紹介

サイトトップへ戻る

鈴木 直文 (すずき・なおふみ)

准教授
総合社会科学専攻:人間・社会形成研究分野(スポーツ社会学)

研究室:第1研究館4階1410
オフィスアワー:金曜13:00~14:00 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

都市/地域再生,スポーツと開発,余暇・スポーツと社会改善,社会的排除・包摂論

現在の研究テーマと今後の抱負

現在は大きく2つのテーマで研究中。1つ目は、スポーツと開発。近年急速に成長している途上国開発におけるスポーツの利用から、オリンピックやワールドカップ、プロスポーツの都市開発への影響まで、理論と実証の両面から研究している。2つ目は、過疎地域の再生。人口減少・高齢化に直面する中山間集落における住民主体の地域おこし活動を経年的に追いかけている。いずれの領域でも組織の発展過程に着目し、そこにおける「楽しさ」の要素の役割を読み解こうとしている。これらを通じて、社会変革に向けた主体的なアクションの生成と進展のメカニズムを解明したい。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4412スポーツと開発3
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4421リサーチワークショップ通年集中 
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
人間・社会形成研究分野44309スポーツと開発3
学部後期ゼミナール

学歴

平成11年3月 東京大学 文学部 行動文化学科 社会学専修課程 卒業
平成11年4月 東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤工学専攻 修士課程 入学
平成13年3月 東京大学大学院 工学系研究科 社会基盤工学専攻 修士課程 修了
平成13年4月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学専攻国際環境協力コース博士課程 入学
平成14年10月 University of Glasgow, Faculty of Social Sciences, Department of Urban Studies, PhD Programme入学
平成19年11月 University of Glasgow, Faculty of Law, Business and Social Sciences, Department of Urban Studies, PhD Programme 修了

学位

平成11年3月 東京大学 学士(文学)
平成13年3月 東京大学 修士(工学)
平成19年11月 University of Glasgow Ph. D.

職歴

平成18年4月–11月 Researcher, University of Glasgow, Faculty of Law, Business and Social Sciences, Department of Urban Studies
平成19年4月- 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻国際プロジェクトマネジメント寄附講座 寄付講座教員(助教)
平成20年4月- 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻マネジメントグループ 助教
平成22年4月- 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻 専任講師
平成25年4月- 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻 准教授

主要業績
A.著書・共著等

・小笠原博毅・山本敦久編『反東京オリンピック宣言』(共著), 航思社, 2016.8.30
・田中拓道編『承認 社会哲学と社会政策の対話』(共著), 法政大学出版局, 2016.3.31
・齊藤一彦、岡田千あき、鈴木直文編『スポーツと国際協力ースポーツに秘められた豊かな可能性』(共編著), 大修館書店, 2015.3.7
・Kevin Young and Chiaki Okada (ed.) Sport, Social Development and Peace (Research in the Sociology of Sport, Volume 8) (co-author), Emerald Group Publishing Limited, 2014
・Jin Sato (ed.) Governance of Natural Resources: Uncovering the Social Purpose of Materials in Nature (co-author), United Nations University Press, 2013.8
・木田悟、高橋義雄、藤口光紀編『スポーツで地域を拓く』(共著), 東京大学出版会, 2013.7
・日本スポーツ社会学会編『21世紀のスポーツ社会学』(共著), 創文企画, 2013.5.25
・笹川スポーツ財団編『スポーツ白書~スポーツが目指すべき未来~』(共著), 笹川スポーツ財団, 2011.2.15
・Masahide Horita and Hideki Koizumi (ed.) Innovations in Collaborative Urban Regeneration (co-author), Springer, 2009
・John Flint and David Robinson (ed.) Community Cohesion in Crisis?: New Dimensions of Diversity and Difference. (co-author), Policy Press, 2008.7.23

B.論文(94年以降)

・「Reinterpreting Olympic legacies: the emergent process of long-term post-event strategic planning of Hakuba after the 1998 Nagano Winter Games」(共著) International Journal of Sport Policy and Politics, 2017.2
・「被災地復興における「楽しみの場」の必要性に関する考察」(共著) 『一橋スポーツ研究』 通巻35号
・「スポーツによる社会変革のためのNGO/NPOの実効性(特集 スポーツによる地域開発)」『体育の科学』 通巻65号, p.108-112, 2015.2
・「「スポーツと開発」NGOの「土着化」に関する研究 : レソト王国におけるKick4Lifeを事例として」『一橋スポーツ研究』 通巻33号, p.3-15, 2014.12
・「アフリカにおけるサッカーを通じた開発(特集 スポーツを通した国際貢献のいま)」『現代スポーツ評論』 通巻31号, p.52-65, 2014.11
・“People in Action: Culture and the Right to the City” (co-author) SUR: Sustainable Urban Regeneration 32, p.85-91, 2013.3
・“FIFA World Cup 2010 and Its Legacy on “Sport and Development” Practices in South African Cities,” SUR: Sustainable Urban Regeneration 32, p.102-107, 2013.3
・“Tokyo and the Social Aftershocks of March 11: Our Experiences of the Earthquake and Its Aftermath.Disaster, Infrastructure and Society 4, p.30-36, 2013.3
・「スポーツは地域をつくるのか? −地域課題の解決にスポーツが寄与する条件−」『一橋スポーツ研究』 通巻31号, p.3-18, 2012
・“Introduction: Toward an Interdisciplinary Collaboration on Post-Earthquake ReconstructionDisaster, Infrastructure and Society 2, p.6-13, 2012.7
・“A Survey of Social Support Networks in a Depopulating Japanese Village” (co-author) Journal of Society for Social Management Systems SMS12-4216, 2012
・「『スポーツと開発』をめぐる諸問題―実行組織としてのNGOに関する包括的研究にむけて―」『一橋スポーツ研究』 通巻30号, p.15-22, 2011
・“Measuring the Process of Rural Regeneration: A Social Network Approach to Understanding Community Dynamics”Kobayashi, K, Westlund, H, and Jeong H (ed.) Social Capital and Development Trends in Rural Areas 7, p.57-67, 2011
・“The Relevance of Symbolic Physical Environment to the Formation of Social Networks for Rural Regeneration” (co-author) Journal of Society for Social Management Systems SMS10-158, 2010
・「セグリゲーションとソーシャルミックス」『SUR: Sustainable Urban Regeneration』 通巻3号, p.26-27, 2010
・“Exploring the Role of Leaders in Constructing Effective Environmental Management Systems in the Private Sector” (co-author) Journal of Society for Social Management Systems SMS09-181, 2009
・「英国グラスゴーの都市貧困地域における社会的包摂プログラムに関する研究」『建設マネジメント研究論文集』 通巻15号, p.61-70
・“Implications of Sen's Capability Approach for Research into Sport, Social Exclusion and Young People: a Methodological Consideration on Evaluation of Sport-Related Programmes Targeted at Young People in Deprived Urban Neighbourhoods”K. Hylton, J. Long and A. Flintoff (ed.) LSA Publication 88, p.3-21

C.翻訳

・「反オリンピック」(原著:Jules Boykoff“The Anti-Olympics”, New Left Review, 67, 2011年, 英語), 小笠原博毅・山本敦久編『反東京オリンピック宣言』, 航思社, 2016.8.30

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・「オリンピックが開催都市にもたらすもの―『祝賀資本主義』を中心に」, 日本スポーツ社会学会第25回大会, 2016.3, 一橋大学
・“Right to the City and Sporting Mega Events: an Appraisal of the 'Sport and Development' Literature”, Olympic Legacies: International Conference Impacts of Mega-Events on Cities, 2013.9, University of East London
・「未来へ(Ⅱ)スポーツと都市再生−五輪で地域は豊かになる?」, 第23回日本文化塾, 2012.7
・“Towards an Ecological Understanding Of 'Sport and Development' Movement Using an Organizational Database.”, ISSA World Congress of Sociology of Sport 2012, 2012.7, Glasgow Caledonian University
・「『ずっといること』の大切さ―海外のコミュニティ再生活動で感じたこと―」, 多摩コミュニティビジネスフォーラム2012 学生まちづくらーシンポジウム, 2012.2, 一橋大学
・「2010年FIFAワールドカップと『スポーツと開発』:社会的包摂のためのスポーツ」, 第1回Sport for Smileラウンジ, 2011.9
・「『スポーツによる開発』関連国際NGOの組織形成発展に関する基礎的研究」, 日本運動・スポーツ科学学会 国際健康・スポーツ分科会第9回大会, 2011.9, JICA横浜
・“Lasting Legacies, or Cherished Memories? The Impact of 2010 FIFA World Cup onto the 'Sport for Development' Practices in South Africa”, ISSA World Congress for Sociology of Sport 2011, 2011.7, Havana
・「南アフリカにおける『スポーツと開発』への2010年FIFAワールドカップの影響」, 第20回日本スポーツ社会学会大会, 2011.6, 成蹊大学
・“A study of the development process of a voluntary organization aimed for rural regeneration: combining qualitative and quantitative approaches”, The 8th Workshop on Social Capital and Development Trends in the Japanese and Swedish Countryside, 2011.5, Nara Prefecture New Public Hall
・「南アフリカにおける「スポーツと開発」の実践へのFIFAワールドカップの中長期的影響」, 第1回SDP研究会, 2010.12, 大阪大学
・「社会的弱者のためのスポーツを利用した都市・地域再生プログラム」 『スポーツコミッションシンポジウムII-スポーツを活かした地域の活性化とは—」, スポーツコミッションシンポジウムII-スポーツを活かした地域の活性化とは—, 2010.9, 東京都中小企業振興公社
・“Sport and Social Inclusion: Policy Implications for Community Regeneration”, 2009 Housing and Theory Symposium, 2009.3, Institute for Social Research, Swinburne University of Technology & the Centre for Design RMIT, Melbourne, Australia
・“Building Capacity for Sport Development? An Analysis of the Use of Sport in Overseas Development Assistance: A Case of the Japan Overseas Cooperation Volunteers”, 日本スポーツ社会学会第18回大会, 2009.3, 関西大学
・“Git Oot o’ Ma Patch! Breaking Down Territorial Barriers to Help Young People’s Social Inclusion”, EURA 2008: Learning Cities in a Knowledge Based Society, 2008.10, Milan, Italy
・“Signposting to Better Lives: Reconceptualising the Process of Social Inclusion through Sport”, ISSA 2008 5th World Congress: Sport and Society at the Crossroads, 2008.7, Kyoto University
・“The Application of the Case Method Using Video Materials to the Training and Development of International Project Managers”, 4th International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'08), 2008.5, Jeju, Korea
・「海外建設プロジェクトにおける異文化間コミュニケーション」, 第25回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会, 2007.11, 土木学会
・“Value Conflict in the Evaluation of Sports Policy in Japan: Towards a Qualitative Methodology for Policy Evaluation Using Generalized Cognitive Mapping”, The 6th International Research Symposium of Public Management (IRSPM VI), 2002.4, University of Edinburgh Management School, Edinburgh
・「抽象化認知地図を用いた公共スポーツ施設の評価」, 第19回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会, 2001.11, 土木学会

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) Celebration Capitalism and the Olympic Games著 Jules Boykoff (Routledge, 2014), 『一橋スポーツ研究』 通巻34号, 2015.12.1
・(書評) Rowland Atkinson and Gesa Helms著 Securing Urban Renaissance: Crime, Community and British Urban Policy (Policy Press, 2007.7.11), 『Urban Studies』 第46巻第2号, 2009

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・「みんなが居心地のよい社会にむけて」『第2回ダイバーシティカップ報告書:1つのボールが人生を変える』, スポーツフォーソーシャルインクルージョン実行委員会, 2016.11.1
・「祝賀資本主義と惨事便乗型資本主義 五輪で都市は儲からない」『建築ジャーナル』, 2016.11
・「オリンピックと都市開発」『建設労働のひろば』, 東京土建一般労働組合, 2016.10.25
・「オリンピック・パラリンピックは東京に何をもたらすか」『月刊東京』, 東京自治問題研究所, 2016.8.1
・「東京2020と都市開発―なぜ約束は果たされないのか?」『月刊東京』, 東京自治問題研究所, 2015.12.1

研究プロジェクト等(94年以降)

受賞等

このページの一番上へ