大学院社会学研究科ディプロマポリシー(学位授与の方針)

一橋大学大学院社会学研究科は,多彩に広がる社会科学ならびに人文科学の諸分野において,専門性と総合性を併せ持つ研究者と学識ある高度専門職業人とを育成し,現代社会の諸課題に対し多様な視点から知的に対応する創造力豊かな担い手を育てる,という理念を実現するため,修士・博士後期課程を通じて,学生が以下の資質を身につけることを教育目標として掲げています。

  1. 総合性社会・文化・歴史・自然に関する豊かな教養にもとづき,複眼的視野から問題を発見・思考していく力を備えること
  2. 専門性 専門的知識と深い思索に裏打ちされた論理的思考と分析能力に基づいて問題の分析・解決にあたる力を備えること
  3. 人間性 民主主義と人権の意識,それを支える高い倫理性を身につけ,対話から価値を創造するコミュニケーション能力を備えること
  4. 国際性 多文化・多言語世界の現実と歴史を学び,地球市民としての自覚と教養を備えること

その課程を修了して学位が授与されるためには,学生には以下のことが求められます。

  1. 修士課程にあっては,所定の年限以上在籍して,本研究科がその研究教育の理念と目的に沿って設定した授業科目を履修し,所定の単位を修得し,さらに修士学位論文の審査および最終試験に合格することが課程修了の要件となります。
  2. 修士課程にあっては,専門性と総合性をあわせ持ち,社会の実践的課題の解決をめざして各分野で先端的な学術研究を担う研究能力と,各分野をリードする高度な専門的職業人としての優れた能力を身につけることが,課程修了の目安となります。
  3. 博士後期課程にあっては,所定の年限以上在籍して,本研究科がその研究教育の理念と目的に沿って設定した授業科目を履修し,所定の単位を修得し,さらに博士学位論文の審査および最終試験に合格することが課程修了の要件となります。
  4. 博士後期課程にあっては,専門性と総合性をあわせ持ち,社会の実践的課題の解決をめざして各分野で先端的な学術研究を担い後進を育成する研究者・教育者として自立して活動する優れた能力と学識,あるいは各分野をリードする高度な専門的職業人としての優れた能力と学識を身につけていることが,課程修了の目安となります。