大学院社会学研究科カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

一橋大学大学院社会学研究科は,多彩に広がる社会科学ならびに人文科学の諸分野において,専門性と総合性を併せ持つ研究者と学識ある高度専門職業人とを育成し,現代社会の諸課題に対し多様な視点から知的に対応する創造力豊かな担い手を育てる,という理念にそって,修士・博士課程を通じて学生が身につけるべき能力(教育目標)として総合性・専門性・人間性・国際性の4点を定め,その教育目標を実現するために,次の方針のもとに教育課程を編成しています。

  1. 修士課程では,各分野で先端的な学術研究を担う研究能力と,各分野をリードする高度な専門的職業人としての優れた能力を身につけます。
  2. このために,修士課程では,少人数の演習(ゼミナール)を基盤に,それぞれの指導教員のもとで学修・研究を進め,また発表・論評・討議の協働活動に関わりながら,修士論文研究を完成させます。
  3. 博士後期課程では,専門的教育研究者として自立できる能力と学識あるいは指導的な役割を果たす高度な専門的職業人としての能力と学識を身につけます。
  4. このために,博士後期課程では,少人数の演習(ゼミナール)および論文指導委員会を基盤に,博士論文の完成にむけて計画的に研究を進め,学位論文計画書を提出し,博士学位論文を完成させます。
  5. 総合社会科学専攻は6つの研究分野(社会動態研究,社会文化研究,人間行動研究,人間・社会形成研究.総合政策研究,歴史社会研究)で構成され,各学問領域の専門的探求ならびに領域横断・総合を目指す科目群を開設しています。
  6. 地球社会研究専攻には基幹講義群と実践科目群が用意されています。前者では,文化・越境・平和・メディア・環境を5つの重点領域として諸課題に理論面から取り組みます。後者では,課題の解決に向けた現実的なアプローチおよびメディア技術等を学びます。
  7. 本研究科は,大学院教育を学生自身が主体の「キャリアデザインの場」として捉え,学生のキャリア支援を目的とする「研究科共通科目」として,「研究基礎科目」,「高度職業人養成科目」「先端社会科学」の各科目を設置しています。修士課程・博士後期課程の学生は,これらの科目を履修することで,専門的教育研究者・高度な専門的職業人としての技能や専門的能力を身につけます。
  8. 本研究科のカリキュラムは,このポリシーのもとで定期的に精査と検証を受け,いっそうの改善がはかられます。