社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科ゼミナール

社会学研究科ゼミナール

※ 当該ゼミナール情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

2019年度 小林 多寿子 大学院ゼミナール

研究室: 磯野研究館4階408
メールアドレス:
ゼミ曜日・時限: 金曜日4時限

ゼミの概要・運営等

質的研究をめぐる文献講読と調査研究の個人報告を中心におこないます。
文献講読は、たんなる作品の内容紹介ではなく、ざまな質的データを得る場に注目し、いかに分析し解釈しどのように呈示してなにを論じているのかという調査研究プロセスを理解し、質的研究の実際を学ぶことをねらっています。あわせて人間の営みの細部をとらえ具体的な個人の「生きられた経験」に迫る先行研究として学び、多様な主題のもとでの経験社会学的研究の応用可能性を検討します。
個人報告は、それぞれのテーマにもとづいた関連文献や調査実践について報告しながらそれぞれの研究の進展段階に合わせたものとなります。


We will focus on reading relevant papers and books on qualitative research and personal reports on our own research.
Reading these literature aims to understand various qualitative research and examine the possibility of empirical sociological studies. Individual reports will be related to the progress of each research practice based on each theme.

前年度の履修者構成

 

最近の履修者の学位論文タイトル・研究テーマ等

 

このページの一番上へ