社会学研究科の授業情報

社会学研究科授業情報


サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科の授業について

社会学研究科の授業について

社会学研究科での学修と学位取得

社会学研究科のカリキュラムの最も大きな特徴は、社会科学を中心に、人文科学や自然科学関連のものを含めて実に多様な授業科目が、社会と人間、社会と文化の関わりについての今日的な問題への関心を共通の核として、幅広く用意されているという点にあります。大学院での学修は、おのずといずれかの学科(いわゆるディシプリン)に足場を置いて行われることになります。しかしそれとともに、今日では多かれ少なかれ学科横断的で学際的なアプローチを取ることは、常識となっています。イシュー中心的な課題追求をめざす地球社会研究専攻においては、こうした学際性は当然の前提となっていますし、また総合社会科学専攻でも先端課題研究のように、専門分野を越境しつつ問題を追求するプログラムが用意されています。社会学研究科では、自らの研究課題と問題関心にしたがって、主体的に独自のカリキュラムをつくってゆくことが可能となっています。


第一演習と指導教員

社会学研究科では、出願時に、志願する専攻の別、および総合社会科学専攻にあっては、志願する「研究分野」(社会動態研究分野、社会文化研究分野、人間行動研究分野、人間・社会形成研究分野、総合政策研究分野、歴史社会研究分野の6分野)の別を明確にすることになっています。院生は入学後すぐに、志願した専攻および研究分野に属する教員の中から、ディシプリンや研究領域との兼ね合いで指導教員を選び、了承が得られれば、その教員の演習(ゼミナール)に参加することになります。この指導教員の演習を「第一演習」と呼びます。第一演習の運営のしかたは教員によってさまざまですが、基本的にはゼミに所属する各学年の院生が一同に集まって相互の研究発表を検討し、討議し合う場です。第一演習は、ゆるやかな学問共同体のような性格をもっており、教員のみならず先輩の院生の学問や院生生活についての助言は、非常に参考ともなり、励みともなります。第一演習は、教員と院生の全員の協同的努力によって形づくられるものですから、積極的な態度でコミットしてゆくことが重要です。いずれにしても、この第一演習が、院生生活の基本的な足場となります。

このページの一番上へ


第二演習の履修

第一演習のほかに、各学年もうひとつの演習を第二演習として履修することができます。第二演習は必修ではなく、各院生が自らの学修と研究のために必要であると考える場合に、自発的に選択し、履修するものです。特に複数のディシプリンや研究分野にまたがる研究課題を追求している院生は、第二演習の履修が非常に有効です。また第一演習と異なり、第二演習は専攻や研究分野、さらには研究科を超えた自由な選択が可能です。ただし、あらかじめ参加が可能かどうかを当該教員に確認する必要があります。また第二演習は、学年ごとに変更することも、特定の学年にのみ履修することも可能です。

このページの一番上へ


講義の履修

演習とともに学修の土台となるのが、講義への出席です。社会学研究科の授業科目の多彩さについてはすでに触れたとおりですが、社会学研究科の履修規定の特徴は、その自由度にあります。講義には、大学院在学者のみが出席する講義(講義B)と、学部3、4年生と共通の「共修科目」(講義A)があります。総合社会科学専攻で言えば、自らの属する研究分野に縛られることなく、専攻全体の講義を自由に選択することができます。この点は地球社会研究専攻も同様です。また、いずれの専攻においても、他専攻・他研究科の講義も一定程度修了要件として認められています。

このページの一番上へ


特色あるプログラム

演習と講義に加えて、社会学研究科には特色ある授業プログラムがあります。

まず総合社会科学専攻では、「先端課題研究」を挙げることができます。現代社会で生起している具体的な問題をテーマに設定し、1テーマ毎に3年間の研究期間を設け、研究分野をこえた教員(4~8名)と院生とが共同で行う学際的研究プロジェクトです。これは授業としてなされるので、単位も修得することができます。通常は月に1回の研究会という形で行われ、教員と院生が交互に成果を発表したり、外部からゲストスピーカーを招いたり、またテーマによっては、全員でフィールド調査に出かけたりします。専攻内では常に3種類の先端課題プロジェクトが同時進行しており、専攻を問わず、社会学研究科の大学院生はいずれのプロジェクトにも自由に参加することができます。また途中参加や、特定年度のみの参加も可能です。このプロジェクトでは、様々な領域の先端的な研究成果に触れることができるだけでなく、問題志向的・課題志向的な研究の進め方、リサーチ・ワークやプレゼンテーションの方法などを、実践的に学ぶことができます。また個々のプロジェクトには、年度ごとに関連する内容をテーマとした「プロジェクト関連講義」も設けられており、当該のテーマをより深く追求することができます。

地球社会研究専攻には、基幹講義群と実践科目群があります。とくに実践科目群では、院生が自分の研究課題を深めてダイナミックに展開していくための科目を数多くそろえています。まず、地球社会研究専攻が連携協定を結んでいる三菱総合研究所と日本国際問題研究所から招聘する客員教員による実践的テーマの講義では、大学研究機関ではない組織や専門家の取り組みや思考を学修することができます。講義型の演習「プロジェクト演習I・II」は、地球社会研究専攻が選りすぐった世界の第一線で活躍する外国人研究者による講義です。外国語(主として英語)による少人数制の講義は、世界のトップクラスの大学の講義と同等の内容と形式です。希望すれば、チュートリアルも受けることができます。また、地球社会研究専攻には、学生が在籍しながら、実地調査や文献収集等の多様な研究目的を持って短期に大学を離れて行う独立研究を単位として認める、「リサーチ演習I・II」があります。その他、地球社会研究専攻では、三菱総合研究所でのインターンシップ制度もあり、毎年三菱総合研究所が提示するプロジェクトに関心がある学生が応募し、インターンとして経験を積みます。また、本年度から、一定基準をもうけて、地球社会研究専攻が主催する「地球セミナー」や教員の指導のもとに学生が自主的に行う「ワークショップ」、その他の教育・研究活動を学位として認める「プロジェクト演習III」も開講しています。基幹講義群での理論的学修にくわえ、多彩な実践講義群をぜひ活用してください。

最後に、社会学研究科で可能な資格取得について簡単にふれておきます。まず社会学研究科の授業科目に基づき、全学にもひらかれた資格取得プログラムとして、社会調査士・専門社会調査士のプログラムがあります。また言語社会研究科を拠点として、やはり全学にひらかれた形で、学芸員資格所得のプログラムが提供されています。

このページの一番上へ