研究・教育活動

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 研究・教育活動 > 過去の社研セミナー

過去の社研セミナー

2021年度

12月

日時:2021年12月1日(水)18:00〜20:00
報告題目:Hitotsubashi University, Faculty of Social Sciences GLP Lecture Series:
‘Disability as an ability’
報告者:Dr. Yoshito DOBASHI(VIsiting Professor at Utsunomiya University)
Ms. Yoshimi HORIUCHI(Founder, ‘Bookworm Foundation’ (BWF))
場所:zoom
主催:Global Leaders Program (GLP), Faculty of Social Sciences,
Hitotsubashi University
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)。



日時:2021年12月3日(金)10:45〜12:30
報告題目:CGraSS 公開レクチャー・シリーズ 第52回 日本の台湾認識とジェンダー
報告者:洪郁如先生(一橋大学大学院社会学研究科教授)
場所:zoom
主催:ジェンダー社会科学研究センター
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(要・事前申込み(11月28日(日)〆切))



日時:2021年12月17日(金)10:45~12:30
報告題目:質的調査研究への道 ―「知的生態学」的視点から―(「質的調査研究」最終講義))
報告者:小林多寿子先生
場所:zoom
(※コロナ禍の教室内受講者人数制限のため「質的調査研究」履修者、小林ゼミ生および関係者、社会学研究科教職員のみインテリジェントホールでの対面参加可)
主催:社会調査室
対象:一橋大学の学生および教職員(事前連絡不要)



日時:2021年12月22日(水)16:15〜18:00
報告題目: 宇宙から測る地球の動きと形:地球の未来のために
報告者:宮原伐折羅氏(国土地理院 測地部 計画課 課長;President of Global Geodetic Observing System)
大坪俊通先生(一橋大学大学院社会学研究科教員; Chair of Governing Board, International Laser
Ranging Service)
場所:zoom
主催:先端課題研究21(「科学と社会の未来」) 宮地尚子先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)。



11月
日時:2021年11月4日(木)18:00〜20:00
報告題目:Human Security in Myanmar and its Implications for Japan(使用言語:英語)
報告者:Ms. Hnin Htet Htet Aung (Visiting Researcher, Graduate School of
Law, Hitotsubashi University)
Dr. Maiko Ichihara (Associate Professor, Graduate School of Law,
Hitotsubashi University)
場所:一橋大学・西キャンパス第1講義棟307室
主催:社会学部GLP
対象:全学部生・院生及び教職員(事前連絡不要)。



日時:2021年11月19日(金)18:00〜20:00
報告題目:Women in Media in Japan(使用言語:英語)
報告者:藤崎麻里氏(朝日新聞記者、社会学部・社会学研究科卒業生)
井土亜梨沙氏(SSIR-J、元ハフポスト・Forbes編集、社会学部卒業生)
場所:zoom
主催:社会学部GLP
対象:全学部生・院生及び教職員(事前連絡不要)。



日時:2021年11月24日(水)17:10〜18:55
報告題目:ケアの未来(対談)
報告者:白石正明氏 (編集者・医学書院 「ケアをひらくシリーズ」担当)
× 宮地尚子先生(一橋大学大学院社会学研究科教員)
場所:zoom
主催:先端課題研究21(「科学と社会の未来」)宮地尚子先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)。



日時:2021年11月24日(水)18:30〜20:30
報告題目:CGraSS 公開レクチャー・シリーズ 第51回
離婚後の子の監護のあり方とジェンダー
報告者:千田有紀先生(武蔵大学社会学部教授)
場所:zoom
主催:ジェンダー社会科学研究センター
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(要・事前申込み(11月17日(水)〆切))



日時:2021年11月26日(金)13:15〜17:00
報告題目:「人新世」のマルクス研究
報告者:斎藤幸平先生(大阪市立大学)
場所:zoom
主催:一橋大学哲学・社会思想セミナー
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)。
(※学外からの参加の場合、要・事前問い合わせ)



日時:2021年11月27日(土)14:00〜17:00
報告題目:言語の力――ベンヤミン『言語一般』論と哲学者たち
報告者:府川純一郎先生(横浜国立大学国際戦略推進機構 非常勤講師)
青木崇氏(一橋大学大学院社会学研究科 博士課程)
遠藤進平氏(一橋大学大学院社会学研究科 博士課程)
場所:zoom
主催:一橋哲学・社会思想セミナー(共催:哲学オンラインセミナー・日本アーレント研究会)
対象:どなたでもご参加いただけます(要・事前申込み)



10月
日時:2021年10月6日(水)18:30~20:30
報告題目:CGraSS 公開レクチャー・シリーズ 第50回
性愛規範と最小結婚:シェアハウス研究との接点から
報告者:久保田裕之先生
場所:zoom
主催:ジェンダー社会科学研究センター
対象:要事前申し込み(9月29日(水)〆切)


日時:2021年10月7日(木)18:00~20:00
報告題目:Challenges in conflict-affected countries: experience as an
international civil servant in Myanmar and Afghanistan
報告者:Mr Akio NAKAYAMA, Ex Representative of International Organization
for Migration in Myanmar
場所:zoom
主催:GLP
対象:学内関係者全員(事前連絡不要)


日時:2021年10月8日(金)13:15~
報告題目:ELSI対応の現在
報告者:長門裕介 先生(大阪大学社会技術共創研究センター・特任助教)
場所:zoom
主催:一橋大学哲学・社会思想セミナー
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)


日時:2021年10月14日(木)21:00~
報告題目:「Religious Soft Power in Russian Foreign Policy: Russia’s 2020
Constitutional Amendments」
報告者:Robert C. Blitt, Toms Foundation Distinguished Professor of Law,
University of Tennessee College of Law
場所:zoom
主催:Henry Luce 財団による一橋大学受託研究 ”Chinese Buddhism in Globalization; State,
Communities, and Practice of Religion” (代表:足羽與志子先生)
対象:学内外の研究者および学部生・院生(事前連絡要)


日時:2021年10月20日(水)13:15~
報告題目:未定(grounded theory approach の現在 or それに関連したテーマ)
報告者:安川一 先生
場所:zoom
主催:先端課題研究19(「質的アプローチの再検討」)
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)


日時:2021年10月27日(水)17:10〜18:55
報告題目:「寄るべきものは、過去か未来か?ーー母船式捕鯨のいま」
報告者:赤嶺 淳先生(一橋大学大学院社会学研究科教員)
場所:zoom
主催:先端課題研究21(「科学と社会の未来」) 宮地尚子先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)


日時:2021年10月28日(木)13:15〜15:00
報告題目:「 地域・都市研究の愉しみ――分かったこと、残された課題(「地域・都市社会学」最終講義) 」
報告者:町村敬志先生
場所:zoom(※コロナ禍の教室内受講者人数制限のため「地域・都市社会学」履修者、町村ゼミ生、社会学研究科教職員のみインテリジェントホールでの対面参加可)
主催:社会学共同研究室
対象:一橋大学の学生および教職員(事前連絡不要)


日時:2021年10月30日(土)13:30~17:30
公開シンポジウム「歴史教育シンポジウム「歴史総合」をめぐって(5) —「歴史総合」の教科書をどう作ったか」—」
報告者・報告題目:成田龍一先生(日本女子大学名誉教授):歴史的実践としての「歴史総合」のために(仮題)
川手圭一先生(東京学芸大学副学長):「歴史総合」の構想と教育現場をつなぐもの(仮題)
廣川みどり先生(千葉県立袖ケ浦高等学校教諭):「歴史総合」でできること、為すべきこと-高校現場で考える-
総合司会:中野聡先生
場所:zoom
主催:日本学術会議史学委員会・同中高大歴史教育に関する分科会、日本歴史学協会
対象:要事前申込み(10月28日(木)〆切)


8月
2021年8月7日(土)14:00~16:00
報告題目:加藤圭木ゼミナール編『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』(大月書店)刊行記念シンポジウム第1弾:わたしたちはなぜ『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』をつくったのか
報告者:『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』執筆者学生5名、平井美津子先生(中学校教師)
場所:zoom
主催:科学研究費基盤研究C「帝国経験のリアリティを伝える歴史学の模索」(研究代表:加藤圭木)
対象:一般公開(peatixより事前の申し込みが必要)


2021年8月28日(土)14:00~16:00
報告題目:加藤圭木ゼミナール編『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』(大月書店)刊行記念シンポジウム第2弾:大学生が読みとくBTSと社会〜『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』×『BTSオン・ザ・ロード』『BTSとARMY』『BTSを読む』〜
報告者:『「日韓」のモヤモヤと大学生のわたし』執筆者学生5名、桑畑優香氏(翻訳家・ライター)
場所:zoom
主催:科学研究費基盤研究C「帝国経験のリアリティを伝える歴史学の模索」(研究代表:加藤圭木)
対象:一般公開(peatixより事前の申し込みが必要)



7月
2021年7月9日(金)18:00~20:00
報告題目:「世界にコロナ・ワクチンを!~COVAXとは~」
報告者:長嶺義宣博士(GAVIワクチンアライアンス上級資金調達官)
場所:zoom
主催:社会学部GLP 橋本直子先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)



2021年7月16日(金)13:15〜終了時間未定(最大延長19:00まで)
報告題目:推論主義との付き合い方
報告者:島村周平氏(日本大学)
場所:zoom
主催:一橋大学哲学・社会思想セミナー
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)



2021年7月20日(火)21:00~22:00
報告題目:「The Geopolitics of Religious Soft Power: Understanding the Role
of Religion in Saudi, Iranian & Turkish Foreign Policy」
報告者:Peter Mandaville, Professor of International Affairs, George Mason
University
場所:zoom
主催:Henry Luce 財団による一橋大学受託研究 ”Chinese Buddhism in Globalization; State,
Communities, and Practice of Religion” (代表:足羽與志子先生)
対象:学内外の研究者および学部生・院生(事前連絡要)



2021年7月21日(水)13:30〜
報告題目:(未定)
報告者:林岳彦先生(国立環境研究所)
場所:zoom
主催:先端課題研究19(「質的アプローチの再検討」) 井頭昌彦先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)



2021年7月22日(木)13:15~15:00
報告題目:「つながりと属性ーー社会ネットワークの社会理論を目指して」
報告者:佐藤圭一先生(一橋大学)
場所:zoom
主催:社会学セミナー(一橋大学社会学研究科社会学共同研究室主催)
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)



2021年7月28日(水)17:10〜19:30(コロナの状況によって変わります)
屋外パフォーマンス・ワークショップ:「ままならない未来:揺れるこころ、ふれる言葉、そして身体」(もしくはその報告)
報告者:砂連尾理先生(立教大学 現代心理学部・映像身体学科 特任教授・ダンサー/振付家)
角尾宣信先生(和光大学 表現学部 総合文化学科 専任講師・戦後映画研究)
宮地尚子先生
場所:zoom
主催:先端課題研究21(「科学と社会の未来」) 宮地尚子先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)



2021年7月31日(土)16:00~18:30
報告題目1:年金制度における不人気改革の制度分析―「ミレニアム年金改革」以降を中心として
報告者1:鎮目真人氏(立命館大学)
報告題目2:言説政治論の意義と限界(書評:西岡晋『日本型福祉国家再編の言説政治と官僚制―家族政策の「少子化対策」化』ナカニシヤ出版)
報告者2:狩谷尚志氏(一橋大学博士課程)
リプライ:西岡晋氏(東北大学)
場所:zoom
主催:比較福祉国家研究会
科研費基盤C「福祉国家再編とトレードオフの政治」
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)

6月

2021年6月16日(水)13:30~
報告題目:(未定)
報告者:町村 敬志 先生
場所:zoom
主催:先端課題研究19(「質的アプローチの再検討」) 井頭昌彦先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)


2021年6月23日(水)17:10~18:55
報告題目:「医学は科学的でなければいけないのか?」
報告者:津田篤太郎氏(医師・漢方医 NTT東日本関東病院リウマチ膠原病科部長)
場所:zoom
主催:先端課題研究21(「科学と社会の未来」) 宮地尚子先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)


2021年6月24日(木)17:30~19:30
報告題目:「感染症対策:WHOとNGOの視点から」
報告者:
・WHOベトナム事務所:大津聡子医師
・(特活)アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター 稲場雅紀さん
場所:zoom
主催:社会学部GLP
対象:学内のスタッフおよび学部生・院生(事前連絡不要)。

2021年6月25日(金)15:15~終了時間未定(最大延長19:00まで)
報告題目:「ビジネス倫理における推論主義の射程:企業の道徳的行為者性を中心とした検討」
報告者:西本優樹(北大・日本学術振興会)
場所:zoom
主催:一橋哲学・社会思想セミナー
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(要・事前連絡)

5月

2021年5月8日(土)13:00~
第142回「書物・出版と社会変容」研究会
報告題目:「半谷清寿の東北論と東北振興政策―国家の中の〈東北〉表象を巡って―」(仮)(鎌田氏)、「伊勢貞昌の学問と政治―武家故実・江戸詰・嘉吉附庸―」(仮)(木土氏)
報告者:鎌田健太氏(東北大学大学院修士課程修了)、木土博成氏(京都大学)
場所:zoom
主催:古畑侑亮 先生
対象:書物や出版に関心がある方なら誰でも可(要・事前参加申込)


2021年5月21日(金)18:00~20:00
報告題目:「ユニセフ職員、NGO職員からみたルワンダ」
報告者:ユニセフ職員 榮谷明子、NPO法人インターバンド代表理事 小峯茂嗣
主催:社会学部GLP
場所:zoom
主催:橋本直子 先生
対象:学内のスタッフおよび学部生・院生(事前連絡不要)


2021年5月26日(水)13:30〜
報告題目:人類(学)とはいかなるものであり、いかなるものでありうるか?」
報告者:久保 明教 先生
主催:先端課題研究19(「質的アプローチの再検討」) 井頭昌彦先生
場所:zoom
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)


2021年5月26日(水)17:10〜18:55
報告題目:「集まるとはどういうことか:「仕立て屋のサーカス」という社会実験から」
報告者:蘇我大穂氏(音楽家・仕立て屋のサーカス演出家)、高松夕佳氏(編集者・夕書房主宰)
場所:zoom
主催:先端課題研究21(「科学と社会の未来」) 宮地尚子先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)


4月

2021年4月21日(水)
報告題目:都市・地域にかかわる政策学分野についての状況解説とディスカッション
報告者:堂免 隆浩 先生
場所:zoom
主催:先端課題研究19(質的アプローチの再検討) 井頭昌彦先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)。


2021年4月28日(水)
報告題目:「先端課題研究21についての説明とディスカッション
 「科学と社会の未来:総合知とはなにか・私たちは何を問うべきなのか?」」(宮地先生)、 「みんなのみらいずワークショップ紹介」(浅川氏) 報告者:宮地尚子先生、浅川雄一郎氏
場所:zoom
主催:先端課題研究21(「科学と社会の未来」) 宮地尚子先生
対象:社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生(事前連絡不要)。


2021年4月28日(水)
報告題目:CGraSS 公開レクチャー・シリーズ 第48回 なぜ包茎は恥ずかしいのか――男性間支配と女性差別を架橋する歴史社会学
報告者:澁谷知美氏
場所:zoom
主催:ジェンダー社会科学研究センター
対象:参加人数把握のため、社会学研究科所属のスタッフおよび大学院生も事前申込みをお願いします。

このページの一番上へ