教員紹介

サイトトップへ戻る

若尾 政希 (わかお・まさき)

教授 、1961年生
総合社会科学専攻:歴史社会研究分野(社会史日本)

http://www.soc.hit-u.ac.jp/~wakao/index.htm
研究室:別館1階5
オフィスアワー:水曜11:10~12:00 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

日本近世史、思想史

現在の研究テーマと今後の抱負

僕の専門は、日本近世史・思想史研究です。思想史研究というと、難解で特異な分野のように見られるのですが、そんなことはありません。現代がどのような時代かを考えるときに、人々が何を意識し考えているのかということが分からないと、現代という時代は結局分からないのと同じように、たとえば徳川綱吉の治世がどんな時代だったのかについて考えるときに、その時代の人々の意識・思想を抜いては、その時代は分からないのです。このような人の意識・思想に焦点をあてた歴史研究を、僕は思想史研究と呼んでいます。従来の歴史研究では、思想史研究がなおざりにされ、人の息吹が感じられない人間不在の歴史叙述となっていたのではないか。このような反省に立ち、思想史研究を根幹に据えて、個別分科史(政治史・社会史・経済史・文化史等々)を総合する歴史研究を開始しなくてはならないと考えています。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻歴史社会研究分野4604日本思想史春・夏2
総合社会科学専攻歴史社会研究分野4605日本思想史特論1
総合社会科学専攻歴史社会研究分野4629リサーチワークショップ通年集中 
研究科共通科目高度職業人養成科目4720アーカイブズ管理研究Ⅲ(法制度と組織管理)秋・冬集中 
研究科共通科目高度職業人養成科目4721アーカイブズ管理研究Ⅳ(保存管理)秋・冬集中 
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会学科導入科目40120社会研究入門ゼミナール(若尾 政希)秋・冬2
歴史社会研究分野46202社会史史料講読(日本)B春・夏1
歴史社会研究分野46301日本思想史特論1
学部後期ゼミナール

学歴

1979年 3月 多治見北高等学校卒業
 同年  4月 愛知教育大学教育学部入学
1983年 3月 愛知教育大学教育学部卒業
1983年 4月 東北大学大学院文学研究科博士前期2年の課程入学
1986年 3月 同課程修了
1986年 4月 東北大学大学院文学研究科博士後期3年の課程入学
1988年 3月 同課程単位取得退学

学位

博士号(2005年博士(文学)、東北大学)、修士号(1986年 文学修士、東北大学)

職歴

1988年 4月 東北大学文学部附属日本文化研究施設基礎部門助手(93年 3月まで)
1994年 4月 富山大学人文学部人文学科助教授
1997年 4月 富山大学人文学部国際文化学科助教授に配置替え
1998年10月 一橋大学社会学部助教授
2000年 4月 一橋大学大学院社会学研究科助教授に配置替え
2006年 4月 一橋大学大学院社会学研究科教授(現在に至る)
2014年10月 日本学術会議連携会員(現在に至る)
 東京大学文学部併任(2003年10月~2004年3月、2004年10月~2005年3月)
京都大学文学部・大学院文学研究科講師(非常勤)(2011年4月~9月)
 大阪大学文学部・大学院文学研究科講師(非常勤)(2011年4月~9月)
 九州大学大学院比較社会文化学府併任(2009年4月~9月)
 関西大学大学院文学研究科講師(非常勤)(2011年10月~2012年3月)
 慶應義塾大学法学部講師(非常勤)(2000年4月~2002年3月、2004年4月~2006年3月,2008年4月~2010年3月、2012年~4月~2014年3月)
 慶應義塾大学文学部講師(非常勤)(2003年4月~2005年3月、2009年4月~2011年3月)
 学習院大学文学部講師(非常勤) (2004年4月~2006年3月)
 法政大学大学院文学研究科講師(非常勤)(2005年3月~2007年3月)
 中央大学文学部兼任講師(2002年4月~現在に至る)
 明治大学文学部兼任講師(2000年4月~2003年3月)
 茨城大学人文学部併任(2003年4月~2003年9月)
 千葉大学文学部併任(2002年10月~2003年3月)
 横浜国立大学教育人間科学部併任(2000年4月~2001年3月)
 富山大学人文学部併任(1998年12月~1999年3月、2002年4月~9月、2004年2月1日~2月29日)
 東京外国語大学外国語学部併任(2006年4月~現在に至る)
 東京慈恵会医科大学講師(非常勤)(2008年4月~現在に至る)
 国立歴史民俗博物館共同研究員(併任)(2006年4月~2010年3月)
 明治大学大学院文学研究科兼任講師(2010年4月~現在に至る)
 高知大学人文学部講師(非常勤)(2013年4月~9月)
 筑波大学大学院講師(非常勤)(2013年4月~9月)

主要業績
A.著書・共著等

・明治維新史学会(編集担当小林丈広・若尾政希)編『講座明治維新 第10巻 明治維新と思想・社会』(共編著), 有志舎, 2016.10.20
・若尾政希編『書籍文化とその基底』(編著), 平凡社, 2015.10.21
・島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教6 他者と境界』(共編著), 春秋社, 2015.7.24
・島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教5 書物・メディアと社会』(共編著), 春秋社, 2015.5.22
・島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教4  勧進・参詣・祝祭』(編著), 春秋社, 2015.3.20
・島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教3 生と死』(編著), 春秋社, 2015.1.21
・島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教2  神・儒・仏の時代』(編著), 春秋社, 2014.11.30
・島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教1 将軍と天皇』(編著), 春秋社, 2014.9.30
・Matthias Hayek, Paris Diderot University and Annick Horiuchi,Paris Diderot University (ed.) Listen, Copy, Read Popular Learning in Early Modern Japan (co-author), koninklijke brill nv, leiden, 2014.9
・吉田裕・藤井讓治他編『岩波講座日本歴史第11巻・近世2』(共著), 岩波書店, 2014.5.20
・『岩波講座 日本の思想 第四巻 自然と人為』(共著), 岩波書店, 2013.8.23
・島薗進・成田龍一・岩崎稔・若尾政希編『安丸良夫集6 方法としての思想史』(共編著), 岩波書店, 2013.6.27
・島薗進・成田龍一・岩崎稔・若尾政希編『安丸良夫集5 戦後知と歴史学』(共編著), 岩波書店, 2013.5.24
・島薗進・成田龍一・岩崎稔・若尾政希編『安丸良夫集4 近代化日本の深層』(共編著), 岩波書店, 2013.4.23
・島薗進・成田龍一・岩崎稔・若尾政希編『安丸良夫集3 宗教とコスモロジー』(共編著), 岩波書店, 2013.3.26
・島薗進・成田龍一・岩崎稔・若尾政希編『安丸良夫集2 民衆運動の思想』(共編著), 岩波書店, 2013.2.26
・島薗進・成田龍一・岩崎稔・若尾政希編『安丸良夫集1 民衆思想史の立場』(共編著), 岩波書店, 2013.1.25
・『「太平記読み」の時代―近世政治思想史の構想―』, 平凡社, 2012.11.11
・『近世の政治思想論―『太平記評判秘伝理尽鈔』と安藤昌益―』, 校倉書房, 2012.10.25
・須田努・超景達編『比較史からみた近世日本―「東アジア化」をめぐって』(共著), 東京堂出版, 2011.5.27
・宮地正人他編『新体系日本史4政治社会思想史』(共著), 山川出版社, 2010.10.10
・若尾政希・菊池勇夫編『<江戸>の人と身分5 覚醒する地域意識』(共編著), 吉川弘文館, 2010.10.10
・平野寿則・大桑斉編『近世仏教治国論の史料と研究 松平開運録/東照宮御遺訓』(共著), 清文堂出版, 2007
・『東洋文庫ガイドブック2』(共著), 平凡社, 2006.5
・鵜飼政志・蔵持重裕・杉本史子・宮瀧交二・若尾政希編『歴史をよむ』(共編著), 東京大学出版会, 2004.11.26
・『安藤昌益からみえる日本近世』, 東京大学出版会, 2004.3.10
・『青森県史・学芸関係』(共編著), 青森県, 2004.3
・『展望日本歴史16 近世の思想・文化』(共編著), 東京堂出版, 2002
・『「太平記読み」の時代――近世政治思想史の構想』, 平凡社, 1999

B.論文(94年以降)

・「近世後期の政治常識」明治維新史学会(担当編集小林丈広・若尾政希)編『講座明治維新 第10巻 明治維新と思想・社会』, p.21−56, 有志舎, 2016.10
・「思想史という立ち位置」東京歴史科学研究会編『東京歴史科学研究会編『歴史を学ぶ人々のために―現在をどう生きるか―』岩波書店』, p.265-283, 岩波書店, 2017.4
・「江戸儒学とは何だったのか」『歴史と地理』 通巻690号, p.37-46, 山川出版社, 2015.12
・「書物と民俗のはざまで」苅部直、黒住真、佐藤弘夫、末木文美士、田尻祐一郎編『日本思想史講座5方法』, p.149-164, ぺりかん社, 2015.12
・「近世日本の読書環境・流通環境」若尾政希編『書籍文化とその基底(シリーズ本の文化史3)』, p.87-122, 平凡社, 2015.10
・「書籍文化とその基底」若尾政希編『書籍文化とその基底(シリーズ本の文化史3)』, p.7-43, 平凡社, 2015.10
・「書物・メディアと社会」島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教5 書物・メディアと社会』, p.3−32, 春秋社, 2015.5
・「出版文化—書物は社会をどう変えたのか—」歴史科学協議会編『歴史の「常識」をよむ』, p.152−155, 東京大学出版会, 2015.3
・「神・儒・仏の交錯—「太平記読み」とその時代—」島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教2 神・儒・仏の時代』, p.49−86, 春秋社, 2015.1
・「神・儒・仏の時代」島薗進・高埜利彦・林淳・若尾政希編『シリーズ日本人と宗教2 神・儒・仏の時代』, p.3−17, 春秋社, 2015.1
・「書物・出版・蔵書研究から県史を読む」『山口県史の窓』 通巻32号, p.5-8, 山口県総合企画部スポーツ・文化局県史編さん室, 2014.6
・“Ideological Construction and Books in Early Modern Japan―Political Sense,Cosmology,and World Views―”Matthias Hayek, Paris Diderot University and Annick Horiuchi,Paris Diderot University編『Listen,Copy,Read』, p.46-69, Koninklijk Brill,Leiden,Nethelands, 2014.9
・「深読みする歴史学―青木美智男における文化史の発見―」『歴史学研究』 通巻921号, p.49-58、64, 歴史学研究会, 2014.8
・「日本における「古典」の成立とその展開—『太平記』を事例として」『日本18世紀学会年報』 通巻29号, p.22−24, 2014.6
・「江戸時代前期の社会と文化」『岩波講座・日本歴史第11巻』, p.279-314, 岩波書店, 2014.5
・「思想史という方法―歴史と主体形成―」『歴史学研究』 通巻914号, p.1-14, 歴史学研究会, 2014.1
・「『太平記』と「太平記読み」」『歴史と地理』 通巻670号, p.35-41, 山川出版社, 2013.12
・「農業の思想」『岩波講座・日本の思想四』, p.171-198, 岩波書店, 2013.8
・「安丸思想史の軌跡―民衆思想史から全体史へ―」『安丸良夫集巻4』, p.369-385, 岩波書店, 2013.4
・「研究と人生のはざまで―民衆思想史研究の軌跡―」『安丸良夫集巻1』, p.377-394, 岩波書店, 2013.1
・「歴史の読み方、語り方」『如水会会報』 通巻987号, p.20-22, 如水会, 2013.1
・「太平記読み―『太平記評判秘伝理尽鈔』の位置」『アジア遊学』 通巻155号, p.132-137, 勉誠社, 2012.7
・「天変地異の思想」『図書』 通巻758号, p.13-19, 岩波書店, 2012.4
・「琉球における「書物・出版と社会変容」研究序説」紙屋敦之編『対馬・沖縄調査報告集』, p.85-94, 早稲田大学文学部紙屋敦之研究室, 2012.3
・「『太平記』は尊皇の書か?―『太平記』をして史学に益あらしめん」『歴史評論』 通巻740号, p.36-51, 歴史科学協議会, 2011.12
・「日本近世における儒教の位置」『日韓相互認識』 通巻4号, p.81-95, 日韓相互認識研究会, 2011.3
・「書物・出版と日本社会の変容」『歴史評論』 通巻710号, p.54-61, 歴史科学協議会, 2009.6
・「むかいあう歴史学―安丸良夫から時代を読む―」『歴史学研究』 通巻854号, p.52-59, 青木書店, 2009.6
・「近世人の世帯道具―信州更級郡岡田村寺澤直興筆『世帯道具覚帳』の世界」『書物・出版と社会変容』 通巻5号, p.117-197, 2008.11
・「近世の蔵書形成と書物の流通―信州更級郡岡田村寺澤直興の場合」日本文学協会編『日本文学』 通巻57号, p.50-58, 日本文学協会, 2008.10
・「軍書を携えし者たち―安藤掃雲軒の場合」鈴木俊幸監修『江戸文学』 通巻39号, p.126-129, ぺりかん社, 2008.9
・「「太平記読み」の享受者たち―肥前蓮池藩鍋島直澄の場合  」深谷克己編『藩世界と公儀―九州地方を中心に』, p.18-25, 2008.5
・「安藤昌益の思想―新発見の「天地象図」から見えてくること」浪川健治・佐々木馨編『北方社会史の視座 歴史・文化・生活 第2巻』, p.263-289, 清文堂出版, 2008.2
・「『浮世物語』から時代を読む―近世人の思想形成と書物―」『歴史評論』 通巻694号, 校倉書房, 2008.1
・「謎の書物『土芥寇讎記』―「大名評判記」とはなにものか?―」『歴史読本』 第52巻第7号, p.66-81, 新人物往来社, 2007.6
・「解説・安藤昌益、自然真営道」諏訪春雄他編『日本古典への誘い100選 Ⅱ』, 東京書籍, 2007.3
・「歴史と主体形成―書物・出版と社会変容―」「書物・出版と社会変容」研究会編『書物・出版と社会変容』 通巻2号, p.1-36, 2007.1
・「歴史と主体形成―書物・出版と近世日本の社会変容―」『歴史学研究』 通巻820号, p.11-19, 青木書店, 2006.10
・「信濃国更級郡岡田村寺沢家文書『書物直段付覚』(松本白木屋付)」「書物・出版と社会変容」研究会編『書物・出版と社会変容』 通巻1号, 2006.4
・「近世における楠正成伝説」『国文学―解釈と鑑賞』 平成17年10月号, 2005.10
・「「書物の思想史」研究序説―近世の一上層農民の思想形成と書物」『一橋論叢』 第134巻第4号, p.3-29, 一橋学会, 2005.10
・「近世人の思想形成と書物―軍書と医薬・天文暦書を中心に」磯部彰編『ナオ・デ・ラ・チーナ』 通巻9号, p.28-38, 東北大学東北アジア研究センター特定領域事務局, 2005.3
・「近世人の思想形成とメディア」『日本思想史学』 通巻36号, p.26-34, 2004.9
・「近世人の思想形成と書物―近世の政治常識と諸主体の形成―」『一橋大学研究年報 社会学研究』 通巻42号, p.111-173, 一橋大学, 2004.3
・「近世からみえる『太平記』」長谷川端編『論集 太平記の時代』, 新典社, 2004
・「日本近世における軍書の歴史的位置」『軍記と語り物』 通巻39号, p.24-34, 2003.3
・「享保~天明期の社会と文化」大石学編『日本の時代史16 享保改革と社会変容』, 吉川弘文館, 2003
・「『本佐録』の形成―近世政道書の思想史的研究―」『一橋大学研究年報 社会学研究』 通巻40号, 2002
・「つながりあう歴史学―思想史研究から深谷克己を読む―」『民衆史研究』 通巻64号, 2002
・「近世の政治常識と諸主体の形成」『歴史学研究』 通巻768号, 2002
・「県史編さん室所蔵接待家文書「確龍先生自然数妙天地象図」」『青森県史研究』 通巻5号, 2001
・「政治常識の形成と『太平記』」『歴史評論』 通巻611号, 2001
・「『東照宮御遺訓』の形成―『御遺訓』の思想史的研究序説―」『一橋大学研究年報 社会学研究』 通巻39号, 2001
・「近世政治思想と『太平記』(軍記文学研究叢書9)」『太平記の世界』, 汲古書院, 2000
・「書物から時代を読む――読書研究のすすめ」『一橋論叢』 第123巻第4号, 2000
・「百姓一揆物語と『太平記読み』」『民衆運動史――近世から近代へ 2』, 青木書店, 1999
・「幕藩領主の思想史的研究序説――『陽広公偉訓』の歴史的位置」『富山史壇』 通巻125号, 1998
・「池田光政の思想形成と『太平記読み』」『仏教史学研究』 第40巻第2号, 1997
・「『天道』と幕藩制秩序」『日本思想史その普遍と特殊』, ぺりかん社, 1997
・「安藤昌益の思想形成と『太平記読み』」『日本歴史』 通巻583号, 吉川弘文館, 1996
・「幕藩制の成立と民衆の政治意識」『新しい近世史 5』, 新人物往来社, 1996
・「『太平記読み』の歴史的位置――近世政治思想史の構想」『日本史研究』 通巻380号, 1994

C.翻訳

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・「近世人の思想形成と「世界」」, Imaging the world in premodern Japan, 2016.3, カリフォルニア大学ロサンゼルス校
・「書物・出版は社会をいかに変えてきたのか—「書物・出版と社会変容」研究会の現在と展望—」, 日本文芸研究会第67回総会公開講演会(6月6日), 2015.6, 東北大学文学部第一講義室
・「日本における書物・出版研究の現在」, 2014年台湾大学日本語文学系創設20周年記念シンポジウム(11月21日), 2014.11, 台湾大学文学院演講庁
・“A Discussion of Textual Aspects and the Dissemination of Tōshōgū Goikun”, Association for Asian Studies 2013 Annual Conference, 2013.3, Manchester Grant Hyatt San Diego,California,USA
・「日本における「古典」の成立とその展開—『太平記』を事例として(共通論題「18世紀の<地下世界>を掘る」の第4報告)」, 日本18世紀学会, 一橋大学国立東キャンパス東1号館1201
・「近世における「日本」意識の形成」, 「近代国家形成の比較史的研究」プロジェクト, 2012.12, 青山学院大学
・「歴史の読み方、語り方」, 一橋大学開放講座, 2012.11, 如水会館
・「思想史研究の方法―書物と民俗との間で」, 第74回「書物・出版と社会変容」研究会, 2012.6, 一橋大学佐野書院
・「天変地異の思想」, 第14回日韓歴史共同研究シンポジウム, 2011.8, 韓国木浦大学
・「近世日本の思想史的位置」, シンポジウム比較史的にみた近世日本──東アジアの中の日本, 2010.11, 明治大学
・「安藤昌益の思想形成―米・自然・飢饉」, 韓国全北大学国際学術会議, 2010.10, 韓国全北大学
・「安藤昌益の思想形成と書物」, 青森県高等学校教育研究会地理歴史科公民科部会・招待講演, 2010.10, 青森県立八戸西高等学校
・「むかいあう歴史学―安丸良夫から時代を読む―」, 歴史学研究会総合部会企画民衆思想史の発想と方法―安丸良夫『文明化』の経験を読む―, 2008.3, 一橋大学
・「歴史と主体形成―書物・出版と近世日本の社会変容―」, 歴史学研究会2006年度大会・全体会, 2006.5, 学習院大学
・「近世人の思想形成と書物―軍書と医薬・天文暦書を中心に」, 国立民族学博物館プロジェクト「口頭伝承と文字文化」研究集会, 2004.10, 国立民族学博物館
・「思想史研究への招待―書物・常識・主体形成―」, 歴史学入門講座, 2004.7, 機関誌会館(京都市)
・「安藤昌益からみえる日本近世」, 「東アジアの出版文化」研究集会(沖縄学会), 2004.6, 八汐荘会議室(沖縄県那覇市)
・「安藤昌益からみえる日本近世」, 名古屋近世史研究会, 2004.4, 愛知県中小企業センター
・「近世人の思想形成と書物―政治常識・コスモロジー・世界観―」, ブリティッシュ・コロンビア大学日本学センター主催国際シンポジウム, 2003.11, ブリテッィシュ・コロンビア大学
・「近世人の思想形成とメディア」, 日本思想史学会主題講演, 2003.10, 筑波大学
・「一八世紀日本社会の変容と書物」, 「書物・出版と社会変容」研究会第1回例会, 2003.8, 一橋大学
・「日本近世における軍書の歴史的位置」, 軍記・語り物研究会シンポジウム「軍記物語の版本と読み」, 2002.11, 法政大学
・「近世の政治常識と諸主体の形成」, 歴史学研究会2002年度大会・近世史部会報告, 2002.6, 立教大学
・「仏教史を見直す―顕密体制論と批判仏教~思想史の立場から」, 日本仏教研究会第10回記念シンポジウム, 2001.12, 東京大学
・「つながりあう歴史学―思想史研究から深谷克己を読む―」, 民衆史研究会2001年度大会シンポジウム, 2001.12, 早稲田大学
・「安藤昌益の思想形成と「太平記読み」」, 岩手古文書学会講演会, 2001.9, 盛岡市中央公民館
・「日本近世における儒教の位置―近世前期を中心にして―」, 日韓歴史共同研究プロジェクト第4回シンポジウム, 2001.8, ソウル大学校
・「コメント―「地域社会から文化を考える」をめぐって」, 2001年度近世史サマーセミナー, 2001.7, 群馬県赤城山
・「「和漢軍書」出版の思想史的研究――作者・読者・地域社会」, 東アジアの出版文化 研究集会, 2001.6, 一橋講堂
・「「太平記読み」の時代と百姓一揆物語」, 鳥取地域史研究会講演会, 2001.2, 鳥取県立博物館
・「「太平記読み」の時代と安藤昌益」, 盛岡市中央公民館歴史講演会, 2000.10, 盛岡市中央公民館
・「政治常識の形成と『太平記』」, 歴史科学協議会2000年度大会主題報告, 2000.9, 京都薬科大学
・「近世政治思想と『太平記』」, 名古屋軍記物語研究会, 1998
・「『太平記読み』の宗教論の意義――幕藩制確立期における」, 仏教史学会大会, 1996
・「岡山藩制の確立と『太平記読み』」, 岡山藩研究会, 1996, 早稲田大学

〔研究・調査報告書〕

・「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人 若尾政希)編『書物・出版と社会変容 第七号』, 2009.10.15
・「書物・出版と社会変容」呼びかけ人若尾政希編『書物・出版と社会変容 第六号』, 2009.3.10
・「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人若尾政希)編『書物・出版と社会変容 第五号』, 2008.11.10
・「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人若尾政希)編『書物・出版と社会変容 第四号』(編著), 2008.3.18
・「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人若尾政希)編『書物・出版と社会変容 第3号』, 研究会誌・日本学術振興会研究費補助金研究成果, 2007.10.31
・『『大名評判記』の基礎的研究Ⅱ』, 日本学術振興会科学研究費補助金研究成果, 2007.3
・「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人若尾政希)編『書物出版と社会変容 第2号』, 研究会誌・日本学術振興会研究費補助金研究成果, 2007.1.1
・若尾政希編『幕藩領主の思想史的研究―近世前期を中心として』, 科学研究費補助金研究報告書, 2004.3
・「書物・出版と社会変容」研究会(呼びかけ人若尾政希)編『書物・出版と社会変容』(編著), 研究会誌・日本学術振興会科学研究費補助金研究成果, 2006.4.20
・若尾政希編『『大名評判記』の基礎的研究』, 日本学術振興会科学研究費補助金研究成果, 2006.3
・若尾政希編『東アジア出版文化の研究―学問領域として書誌・出版の研究  を確立するために』, 特定領域研究報告書, 2005.1
・若尾政希編『『土芥寇讎記』の基礎的研究』, 文部科学省科学研究費補助金研究成果, 2004.3

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) 岩橋清美著『近世日本の歴史意識と情報空間』 (名著出版, 2010.12.1), 『国史学』 通巻205号, 2011.12.1
・(書評) 大門正克編著『昭和史論争を問う―歴史を叙述することの可能性』 (日本経済評論社, 2006.6.1), 『社会思想史研究』 通巻31号, 2007.9.30
・(新刊紹介) 渡辺浩一著『まちの記憶』 (清文堂出版, 2004)
・(書評) 澤登寛聡著『農家調宝記』 (岩田書店, 2002), 『古文書研究』 通巻57号, 2003.5
・(新刊紹介) 柴田純著『江戸武士の日常生活―素顔・行動・精神―』 (講談社, 2001), 『日本史研究』 通巻470号, 2001.10

〔辞書・辞典等の項目執筆〕

・新村出編『広辞苑第六版』, 岩波書店, 2008.1.11 (執筆項目:日本近世史関係項目)
・『日本史文献辞典』, 弘文堂, 2003 (執筆項目:「太平記読み」の時代、他)
・『歴史学事典9 法と秩序』, 弘文堂, 2002.2.5 (執筆項目:非理法権天)
・子安宣邦編『日本思想史事典』, ぺりかん社, 2001 (執筆項目:太平記)
・『日本歴史大事典』, 小学館, 2000.7.10 (執筆項目:安藤昌益、他)
・鹿野政直他編『民間学辞典・人名編』, 三省堂, 1997.10 (執筆項目:安藤昌益、他)

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・「謎の書物『土芥寇讎記』―「大名評判記」とはなにものか?―」『歴史読本815』, 新人物往来社, 2007.6
・「学際人の肖像 安藤昌益」『学際 18号』, 統計研究会, 2006.4.28
・「その人―安藤昌益」『週刊 司馬遼太郎・街道をゆく48』, 朝日新聞社, 2005.12
・「東北の近世思想―安藤昌益」『白い国の詩』, 東北電力, 2005.2.1
・「書物から時代を読む」『月刊百科465』, 平凡社, 2001.7

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・科学研究費・基盤研究(A), 「「書物・出版と社会変容」研究の深化と一般化のために」(研究代表者), 一橋大学, 2011.4.1-2016.3.31
・科学研究費・基盤研究(A), 「「日韓相互認識」研究の深化のために」(研究分担者), 日本学術振興会, 2010.4.1-2015.3.31
・科学研究費・基盤研究(B), 「藩世界と東アジア世界―西日本地域を中心に―」(研究分担者), 日本学術振興会, 2010.4.1-2013.3.31
・科学研究費・基盤研究(A), 「「書物・出版と社会変容」研究の総合化に向けて」(研究代表者), 日本学術振興会, 2008.4.1-2012.3.31
・科学研究費・基盤研究(A), 「日本・朝鮮間の相互認識に関する歴史的研究」(研究分担者), 日本学術振興会, 2006.4.1-2010.3.31
・科学研究費・基盤研究(A), 「日本における書物・出版と社会変容」(研究代表者), 日本学術振興会, 2005.4.1-2009.3.31
・文科省科学研究費・特定領域研究(2), 「「和漢軍書」出版の思想史的研究―日本近世の出版環境と社会変容」(研究代表者), 一橋大学, 2003.4.1-2005.3.31
・文科省科学研究費・特定領域研究(1), 「東アジア出版文化の研究―学問領域として書誌・出版の研究を確立するために」(研究代表者), 一橋大学, 2004.4.1-2005.3.31
・文部科学研究費。特定領域研究(1), 「「東アジア出版文化の研究」(総括班)」(研究分担者), 東北大学(内分担金1000千円)を一橋大学に配分, 2004.4.1-2005.3.31
・文部省科学研究費補助金, 「幕藩領主の思想史的研究――近世前期を中心として」(研究代表者), 文部省, 2000-2003
・文部省科学研究費補助金, 「東アジア出版文化史の研究をめぐる企画調査」(研究分担者), 文部省, 1998
・文部省科学研究費補助金, 「近世社会における政道書の歴史的意義と『太平記読み』」(研究代表者), 文部省, 1998-1999
・文部省科学研究費補助金, 「近世における仏教治国論の史料的研究」(研究分担者), 文部省, 1998-1999
・富山第一銀行奨励財団, 「加賀藩制の成立と『太平記読み』」(研究代表者), 富山第一銀行, 1997
・富山大学教育研究特別経費, 「『老い』の思想史的研究」(研究代表者), 富山大学, 1996
・文部省科学研究費補助金, 「幕藩制の成立と民衆の政治意識」(研究代表者), 文部省, 1996
・文部省科学研究費補助金, 「近世思想史における『太平記読み』の位置」(研究代表者), 文部省, 1995

受賞等

・岩瀬文庫賞(『「太平記読み」の時代』・『安藤昌益からみえる日本近世』に対して), 愛知県西尾市・中日新聞社, 2008.5

このページの一番上へ