社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

社会学部ゼミナール

※ 当該ゼミナール情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

2018年度 洪 郁如 学部後期ゼミナール (3年)(参考)

研究室: 第1研究館2階1217
メールアドレス:
オフィスアワー: 木曜15:15~16:15 (事前にメールで予約してください。)
ゼミ曜日・時限: 月曜日4時限(3・4年演習)

【教授言語】

日本語

【ゼミナールの概要及び指導方法】

日本と中国とのダイナミックな関わりを意識しながら、植民地時期および戦後の台湾社会の諸問題について深く考察する。
夏学期は、基礎作業として、台湾研究の入門書をはじめ、近年出版された代表的な書籍、学術論文を読む。
冬学期は、ゼミでの報告・討論を通じて参加者が自分の問題関心を見出し、学期末までには卒論テーマを決定する。

 

【卒業論文タイトル事例】

・台湾保釣運動の意義―交錯する日本と台湾の争点
・日本統治下台湾における鉄道の機能
・日本と台湾における昭和軍歌-戦争動員、共感、ノスタルジー

【後期ゼミ用オフィスアワー】

ゼミ相談について、メールでご連絡ください。

【オープン・ゼミの実施予定など】

開催しません。

このページの一番上へ