教員紹介

サイトトップへ戻る

田中 拓道 (たなか・たくじ)

教授 、1971年生
総合社会科学専攻:人間・社会形成研究分野(政治学)

http://www.soc.hit-u.ac.jp/~takujit/
研究室:磯野研究館4階407
オフィスアワー:木曜3限 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

比較政治経済学、政治理論

現在の研究テーマと今後の抱負

1 ヨーロッパと日本の比較福祉政治。とくに雇用・家族政策、反貧困政策の分岐がなぜ起こるのかを、政治システムと社会運動の連結に着目して考察する。
2 グローバル化にともなう福祉国家の変容を背景として、福祉国家の基礎理論を再構築する。資本主義、国家(と超国家的ガバナンス)、社会運動の三者の相互関係を考察し、今日の政治的対抗軸の所在を明らかにする。
3 フランス福祉国家の形成と変容を、植民地主義の展開、脱植民地化、現在の移民政策との関連から考察する。フランスの事例を手がかりとして、先進諸国で発展してきた社会民主主義、社会権思想がいかなる射程と限界を持っていたのかを考察する(福祉国家とナショナリズム、福祉国家と植民地主義)。
4 将来的には、先進国における比較福祉国家研究の蓄積を踏まえ、グローバリゼーション下の世界的な格差への対応を、グローバル社会政策(global social policy)という枠組みから検討する。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4418比較政治3
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4421リサーチワークショップ通年集中 
研究科共通科目研究基礎科目4706社会科学研究の基礎 V春・夏2
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会学科導入科目40103社会科学概論Ⅱ3
人間・社会形成研究分野44208政治思想2
人間・社会形成研究分野44311比較政治3
学部後期ゼミナール

学歴

1995年3月 国際基督教大学教養学部社会科学科卒業
1995年4月 北海道大学大学院法学研究科修士課程入学
1997年3月 北海道大学大学院法学研究科修士課程修了
1997年4月 北海道大学大学院法学研究科博士後期課程入学
1999年10月 フランス社会科学高等研究院(Ecole des Hautes Etudes en Sciences Sociales)政治学科DEA課程入学
2000年9月 社会科学高等研究院政治学科DEA課程修了
2001年5月 北海道大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学

学位

修士号(1997年、修士(法学)、北海道大学)
DEA(2000年、政治学、フランス社会科学高等研究院)
博士号(2003年、論文博士(法学)、北海道大学)

職歴

1998年4月-2000年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2001年6月-2004年3月 北海道大学大学院法学研究科助手
2004年4月-2006年3月 北海道大学大学院法学研究科講師
2006年4月-2010年3月 新潟大学法学部助教授(2007年4月~准教授)
2009年9月-2009年10月 フランス国立科学技術センター附属モーリス・アルバクス研究所客員研究員
2010年4月-2015年3月 一橋大学大学院社会学研究科准教授
2015年4月-現在 一橋大学大学院社会学研究科教授

非常勤・兼任講師
2004年10月-2005年9月 札幌学院大学法学部
2006年10月-2007年3月 立教大学法学部
2006年10月-2009年3月 早稲田大学政治経済学部
2007年12月 広島大学法学部(集中講義)

主要業績
A.著書・共著等

・『福祉政治史―格差に抗するデモクラシー』, 勁草書房, 2017.2
・『承認―社会哲学と社会政策の対話』(編著), 法政大学出版局, 2016.3
・宮本太郎、山口二郎編『リアル・デモクラシ―ポスト「日本型利益政治」の構想』(共著), 岩波書店, 2016.1
・中野裕二ほか編『排外主義を問いなおす―フランスにおける排除・差別・参加』(共著), 勁草書房, 2015.5
・『빈곤과 공화국- 사회적 연대의 탄생(『貧困と共和国―社会的連帯の誕生』韓国語訳、朴海南訳)』, 문학동네, 2014.9
・『よい社会の探求―労働・自己・相互性』, 風行社, 2014.9
・宇野重規編『岩波講座政治哲学3 近代の変容』(共著), 岩波書店, 2014.5
・高田実、中野智世編『近代ヨーロッパの探求15福祉』(共著), ミネルヴァ書房, 2012.9
・押村高、中山俊宏編『世界政治を読み解く』(共著), ミネルヴァ書房, 2011.12
・田中浩編『EUを考える(現代世界その思想と歴史)』(共著), 未來社, 2011.7
・新川敏光編『福祉レジームの収斂と分岐―脱商品化と脱家族化の多様性』(共著), ミネルヴァ書房, 2011.7
・宇野重規、伊達聖伸、高山裕二編『社会統合と宗教的なもの―十九世紀フランスの経験』(共著), 白水社, 2011.7
・宮本太郎編『働く―雇用と社会保障の政治学』(共著), 風行社, 2011.6
・近藤康史・齋藤純一・宮本太郎編『社会保障と福祉国家のゆくえ―新たなる理念と制度の展望』(共著), ナカニシヤ出版, 2011.6
・田村哲樹・堀江孝司編『模索する政治―代表制民主主義と福祉国家のゆくえ』(共著), ナカニシヤ出版, 2011.6
・小野塚知二編『自由と公共性―介入的自由主義とその思想的起点』(共著), 日本経済評論社, 2009.6
・『貧困と共和国―社会的連帯の誕生』, 人文書院, 2006.1

B.論文(94年以降)

・「フランスの社会政策思想と現代」社会政策学会編『社会政策』 第6巻第3号, p.16-27, 2015.3
・「ヨーロッパ貧困史・福祉史研究の方法と課題」『歴史学研究』 通巻887号, p.10-19, 2011.11
・「脱商品化とシティズンシップ―福祉国家の一般理論のために」『思想』 通巻1043号, p.145-162, 2011.3
・「市場・貧困・統治―18世紀末から1830年代のフランスにおける政治経済学」『経済学史研究』 第52巻第1号, p.20-34, 2010.7
・「自由・人格・連帯―フランス第三共和政期社会思想の再解釈」『社会思想史研究』 通巻33号, p.19-31, 2009.9
・「現代福祉国家研究における『政治』概念―1970年代以降の方法の変遷」『法政理論』 第41巻第2号, p.14-40, 2009.3
・「現代福祉国家理論の再検討」『思想』 通巻1012号, p.81-102, 2008.7
・「労働の再定義―現代フランス福祉国家論における国家・市場・社会」『年報政治学』 通巻2008(1)号, p.11-36, 2008.6
・「(研究動向)ジャコバン主義と市民社会―19世紀フランス政治思想史研究の現状と課題」『社会思想史研究』 通巻31号, p.108-117, 2007.9
・「(研究ノート)福祉国家と市民社会の規範構造―フランス福祉国家の形成・再編期を事例として」『法政理論』 第39巻第2号, p.389-416, 2007.2
・「『連帯』の変容―20世紀フランス福祉国家史試論」『年報政治学』 通巻2006(1)号, p.226-244, 2006.11
・「社会契約の再構成―社会的排除とフランス福祉国家の再編」『社会政策学会誌』 通巻16号, p.77-90, 2006.9
・「フランス福祉国家の思想的源流(1789~1910年)―社会経済学・社会的共和主義・連帯主義(5)」『北大法学論集』 第56巻第2号, p.103-163, 2005.7
・「フランス福祉国家の思想的源流(1789~1910年)―社会経済学・社会的共和主義・連帯主義(4)」『北大法学論集』 第56巻第1号, p.97-147, 2005.5
・「フランス福祉国家の思想的源流(1789~1910年)―社会経済学・社会的共和主義・連帯主義(3)」『北大法学論集』 第55巻第5号, p.93-146, 2005.1
・「フランス福祉国家の思想的源流(1789~1910年)―社会経済学・社会的共和主義・連帯主義(2)」『北大法学論集』 第55巻第4号, p.175-232, 2004.11
・「フランス福祉国家の思想的源流(1789~1910年)―社会経済学・社会的共和主義・連帯主義(1)」『北大法学論集』 第55巻第2号, p.27-83, 2004.7
・「フランス福祉国家論の思想的考察―『連帯』のアクチュアリティ」『社会思想史研究』 通巻28号, p.53-68, 2004
・「『連帯』の思想史のために―十九世紀フランスにおける慈善・友愛・連帯、あるいは社会学の起源」『政治思想研究』 通巻3号, p.97-114, 2003
・“La question sociale et la politique : une origine philosophique de l'Etat social dans les années 1830 en France (2)Hokkaido Law Review 52(6), p.219-268, 2002
・“La question sociale et la politique : une origine philosophique de l'Etat social dans les années 1830 en France (1)Hokkaido Law Review 52(4), p.327-382, 2001
・「(研究ノート)西洋政治思想史におけるE. デュルケム―『社会』概念による『政治』観の再構成の試み(2)」『北大法学論集』 第49巻第3号, p.171-221, 1998
・「(研究ノート)西洋政治思想史におけるE. デュルケム―『社会』概念による『政治』観の再構成の試み(1)」『北大法学論集』 第49巻第2号, p.207-257, 1998

C.翻訳

・(原著:ウィル・キムリッカ), 千葉眞、岡崎晴輝監修『現代政治理論』, 日本経済評論社, 2005
・(原著:『(資料)ベンジャミン・グレッグ『不確定的世界における社会批判の可能性』(1)』)『北大法学論集』 第50巻第3号

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・「フランス社会政策思想における社会的なものと経済的なもの」, 社会政策学会(共通論題「社会改革思想と現代―社会政策の思想的基盤を問う」), 2014.5, 中央大学
・「承認論から解釈的自己論へ―福祉の哲学的基礎」, 社会思想史学会, 2012.10, 一橋大学
・「グローバル資本主義と政治学」, 日本政治学会(共通論題:政治は経済・金融をコントロールできるのか), 2012.10, 九州大学
・「連帯は国境を越えるか?―超国家的福祉レジームの分析枠組み」, 比較政治学会, 2011.6, 北海道大学
・「脱商品化とシティズンシップ―福祉国家の一般理論のために」, 政治思想学会, 2010.5, 東京大学
・「社会的包摂の系譜と自由観念の転換―英仏の『市民社会』と『シティズンスップ』」, 政治経済学・経済史学会, 2008.6, 東京大学
・「現代福祉国家論における『政治』―1970年代以降の方法の変遷」, 比較政治学会, 2008.6, 慶応大学
・「連帯のゆくえ―フランス福祉国家の歴史と現在」, 社会思想史学会, 2007.10, 立命館大学
・「フランス共和主義と社会問題―第三共和政中期における国家・中間集団関係の再編」, 西洋史学会, 2007.6, 新潟朱鶯メッセ
・「ジャコバン主義と市民社会―P. ロザンヴァロンのフランス・デモクラシー論」, 社会思想史学会, 2006.10, 法政大学
・「フランスにおける社会的包摂論の系譜」, 社会政策学会, 2005.10, 北海道大学
・「フランス福祉国家の形成と変容―『社会的連帯』の概念史から」, 日本政治学会, 2005.10, 明治大学
・「社会的連帯の再構成に向けて―福祉国家論への思想史的アプローチ」, 社会思想史学会, 2004.10, 早稲田大学

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) 小田中直樹著『19世紀フランス社会政治史』 (山川出版, 2013), 『法制史研究』 通巻64号, 2015.5
・(書評) 安藤祐介著『商業・専制・世論―フランス啓蒙の「政治経済学」と統治原理の転換』 (創文社, 2014), 『創文』 通巻16号, 2014.12
・(書評) 宮本太郎著『社会的包摂の政治学―自立と承認をめぐる政治的対抗』 (ミネルヴァ書房, 2013), 『社会福祉研究』 通巻119号, 2014.4
・(書評) 齊藤佳史著『フランスにおける産業と福祉 1815-1914』 (日本経済評論社, 2012), 『西洋史学』 通巻250号, 2013.9.30
・(書評) ウィル・キムリッカ著『土着語の政治―ナショナリズム・多文化主義・シティズンシップ』 (法政大学出版局, 2012), 『週刊図書新聞』 通巻3097号, 2013.2.9
・(書評) 武川正吾・宮本太郎編著『グローバリゼーションと福祉国家』 (明石書店, 2012), 『生活経済政策』 通巻192号, 2012.12
・(書評) キース・フォークス著『シチズンシップ―自治・権利・責任・参加』, 『週刊図書新聞』 通巻3036号, 2011.11
・(書評) 金成垣編著『現代の比較福祉国家論―東アジア発の新しい理論構築に向けて』 (ミネルヴァ書房, 2010), 『海外社会保障』 通巻175号, 2011.6
・(書評) (書評リプライ「フランス福祉国家形成史研究の諸論点」), 『社会福祉学』 第48巻第4号, 2008.3
・(書評) 川合清隆著『ルソーとジュネーヴ共和国―人民主権論の誕生』 (名古屋大学出版会, 2007), 『政治思想学会会報』 通巻25号, 2008.1
・(書評) ピエール・ロザンヴァロン著『連帯の新たなる哲学―福祉国家再考』 (勁草書房, 2006), 『週刊図書新聞』, 2006.8.12

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・「グローバル金融危機とヨーロッパのデモクラシーのゆくえ」『生活経済政策』, 2012.4
・「社会的ヨーロッパと新しい福祉政治」『未來』, 2011.3
・「『社会的なもの』への想像力―フランスとイギリス」『創文』, 2007.11
・「現代フランスにおける連帯の再生論―労働と社会権との関わりから」『生活経済政策』, 2007.10
・「社会的シティズンシップの両義性―福祉国家の危機とは何か?」『創文』, 2005.11

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・科学研究費補助金・基盤研究(C), 「自由選択社会の比較政治学」(研究代表者), 日本学術振興会, 2017.4-2020.3
・科学研究費補助金・基盤研究(C), 「福祉国家再編の政治的対立軸―社会的投資戦略とそのオルタナティヴ」(研究代表者), 日本学術振興会, 2013.4-2017.3
・科学研究費補助金・若手研究(B), 「再商品化と脱商品化―福祉国家再編の新しい政治的対抗軸に関する比較枠組みの構築」(研究代表者), 日本学術振興会, 2010.4-2013.3
・科学研究費補助金・基盤研究(A), 「福祉・雇用レジームの転換と利益集団政治変容」(研究分担者), 日本学術振興会, 2010.4-2014.3
・海外派遣助成, 「フランス福祉国家の形成と変容-規範と制度の相互関係」(研究代表者), 学術振興野村基金, 2009.9-2009.10
・科学研究費補助金・若手研究(B), 「連帯の将来像に関する思想的・比較政治経済学的研究」(研究代表者), 日本学術振興会, 2008.4-2010.3
・科学研究費補助金・基盤研究(C), 「現代における国家・社会関係」(研究分担者), 日本学術振興会, 2007.4-2009.3
・科学研究費補助金・基盤研究(A), 「脱『日独型レジーム』の比較政治分析」(研究分担者), 日本学術振興会, 2006.4-2010.3
・科学研究費補助金・研究成果公開促進費, 「『貧困と共和国―社会的連帯の誕生』出版」(研究代表者), 日本学術振興会, 2005.4-2006.3
・科学研究費補助金・若手研究(B), 「フランス福祉レジームの形成と展開」(研究代表者), 日本学術振興会, 2005.4-2008.3
・科学研究費補助金・若手研究(B), 「フランス福祉国家成立に関する思想史的研究―社会経済学、共和主義、連帯主義」(研究代表者), 日本学術振興会, 20034.4-2005.3
・科学研究費補助金・特別研究員(DC2)研究奨励費(研究代表者), 日本学術振興会, 1998.4-2000.3

受賞等

・社会政策学会奨励賞(『貧困と共和国―社会的連帯の誕生』に対して), 社会政策学会, 2007.5

このページの一番上へ