教員紹介

サイトトップへ戻る

坂 なつこ (さか・なつこ)

教授
総合社会科学専攻:人間・社会形成研究分野(スポーツ社会学)

研究室:第1研究館4階1401
オフィスアワー:火曜3限 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

スポーツ社会学、余暇・文化研究、ノルベルト・エリアスの理論研究、アイルランドスポーツ、ゲーリックスポーツ研究

現在の研究テーマと今後の抱負

2002年はFIFAワールドカップ年であるが、初の韓日共同開催にむけて盛り上がりつつあるサッカーサポーター・ボランティアグループの動向をおっている。さまざまなサポーターの活動からは、従来のスポーツファンの枠を越えた新しい市民運動の萌芽がみられ、このような動きが日本のスポーツ状況にどのような影響を及ぼすのか、また実際に社会に根づいていくのか、「ファン」とはどのような存在なのかといったことに現在関心を持っている。また、このような関心を支えているのは、ノルベルト・エリアスの「スポーツに関する知識は社会に関する知識である」という言葉であり、スポーツや文化がどのように社会や人と関わりを持っているのかを、エリアスの文明化論を読み解きつつ、考えていきたい。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4421リサーチワークショップ通年集中 
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
人間・社会形成研究分野44308スポーツ文化論1
学部後期ゼミナール

学歴

1994年 3月 立命館大学産業社会学部卒業
1996年 3月 立命館大学大学院社会学研究科博士前期課程修了
1999年 3月 立命館大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学

学位

修士号(1996年 社会学修士、立命館大学)
博士号(1999年 博士(社会学)、立命館大学)

職歴

2002年4月 一橋大学社会学研究科専任講師

主要業績
A.著書・共著等

B.論文(94年以降)

・“Another Kick Off; World Cup 2002 and Soccer Voluntary Groups as a New Social Movement.”John Horne and Wolfram Manzenreiter (ed.) Japan, Korea and the 2002 World Cup., Routledge, 2002
・「サッカーファンは社会を変えるか?-調査中間報告:視点と仮説」『立命館大学人文科学研究所紀要』 通巻79号, 2002
・「エリアスにおけるスポーツ」『京都体育学研究』 通巻14号, 1999
・「課題としての歴史哲学-N.エリアスの哲学博士論文におけるカント批判をめぐって」『立命館大学産業社会論集』 第34巻第4号, 1999
・「『文明化』論の再検討-ノルベルト・エリアスの初期研究をめぐって」『立命館大学産業社会論集』 第34巻第2号, 1998

C.翻訳

・「世界市民性とメディア」(共訳) (原著:アーリ, J)『立命館大学産業社会論集』 第35巻第3号, 1999
・「フランスにおけるスポーツの場の構造と展開(1960-1990)-「機能的」、歴史的、予測的分析試論-」(共訳) (原著:ドゥフランス, J. / C. H. ポシェロ), 日本スポーツ社会学会編『変容する現代社会スポーツ』, 世界思想社, 1998
・「スポーツ及びスポーツ科学に対するプロセス=フィギュレーション理論の意義について-ノルベルト・エリアス生誕100年によせて-」(共訳) (原著:・クリューガー, M)『立命館大学産業社会論集』 第34巻第1号, 1998
・「マルクス研究-過去と現在」(共訳) (原著:マクレラン, D)『立命館大学言語文化研究』 通巻8号, 1997
・「スポーツとレジャー研究におけるフィギュレーション社会学再論」(市井吉興) (原著:ジェリー, D. / J. ホーン), 清野正義他編『スポーツ・レジャー社会学ールターナティブの現在』, 道和書院, 1995

D.その他(94年以降)

研究プロジェクト等(94年以降)

受賞等

このページの一番上へ