教員紹介

サイトトップへ戻る

尾崎 正峰 (おざき・まさたか)

教授 、1959年生
総合社会科学専攻:人間・社会形成研究分野(スポーツ社会学)

研究室:第1研究館4階1415
オフィスアワー:火曜14:00~15:00 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

スポーツ社会学、生涯学習・社会教育論

現在の研究テーマと今後の抱負

最近の研究テーマを列挙すれば、スポーツ政策の形成過程、「地方分権」のなかの生涯スポーツ(自治体におけるスポーツの条件整備の現状、多元的な住民参加の可能性、自主的なスポーツクラブの現状、など)、オーストラリアにおけるスポーツに関する歴史社会的考察、となる。
 これらのテーマについて、主に、地域自治体、および、人々の日常生活レベルでの学習・文化・スポーツ活動の現状についての調査を基礎的な作業として位置づけている。ここでの問題意識は、すでに広くいわれている“Think Globally,Act Locally”の言葉のように、日常生活レベルの現象とグローバルなレベルの問題をふたつながらにとらえようというものである。また、政策形成過程を錯綜しているさまざまな立場の利害を「調整」する過程と広義にとらえ、「権力」の側の意図を中心対象としてきたこれまでのスポーツ政策研究について、よりミクロな視点から明らかにしたいと考えている。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4411地域スポーツ論秋・冬3
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4421リサーチワークショップ通年集中 
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
人間・社会形成研究分野44205スポーツ社会学の基礎3
学部後期ゼミナール [ |2017年度版案内(3年), 2017年度版案内(4年) ]

学歴

1983年 3月 一橋大学社会学部卒業
1983年 4月 一橋大学大学院社会学研究科修士課程入学
1985年 3月 同課程修了
1985年 4月 一橋大学大学院社会学研究科博士課程進学
1989年 3月 同課程単位修得満期退学

学位

修士号(1985年 社会学修士、一橋大学)

職歴

1989年 4月 日本学術振興会特別研究員(PD)(1991年3月まで)
1995年 4月 一橋大学経済学部助教授
1996年 4月 一橋大学社会学部助教授に配置替え
2000年 4月 一橋大学大学院社会学研究科助教授に配置替え
2002年 4月 The University of Queensland(クイーンズランド大学・オーストラリア)客員研究員(2003年3月まで)
2004年 4月 一橋大学大学院社会学研究科教授 

主要業績
A.著書・共著等

・『社会教育・生涯学習辞典』(共編著), 朝倉書店, 2012.11.30
・『「現代」という環境』(共著), 旬報社, 2007.5.10
・高津勝・尾崎正峰編『越境するスポーツ』(編著), 創文企画, 2006

B.論文(94年以降)

・「生活のなかのスポーツを豊かにするために」『月刊社会教育』 2017年5月号, p.3-11, 国土社, 2017.5
・「オーストラリアン・フットボール・リーグと人種差別 -AFL Rule 35 をめぐって-」『一橋大学スポーツ研究』 通巻35号, p.25-30, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2016.12
・「オリンピックを、いま、東京で、開催する意味-スポーツ基盤整備を<隗より始めよ>」『世界』 通巻878号, p.76-85, 岩波書店, 2016
・「公共施設の「再編」と地域のスポーツ施設」『一橋スポーツ研究2015』 通巻34号, p.18-23, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2015.12
・「スポーツの基盤を地域で創る」『住民と自治』 通巻630号, p.6-10, 自治体研究社, 2015.10
・「Is Australia "Paradise of Sport"?-「オーストラリアにおけるスポーツの格差・不平等」試論」『一橋大学スポーツ研究』 通巻32号, p.3-12, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2013.10
・「運動部活動における暴力を乗り越える-地域と学校の結びつきと指導者のあり方」『月刊社会教育』 2013年10月号, p.43-49, 国土社, 2013.10
・「地域スポーツ振興に関わる職員の時代経験-その役割の検証と継承のために-」『一橋大学スポーツ研究』 通巻31号, p.67-72, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2012.10
・「地域スポーツを支える条件の戦後史-指導者、とくに職員問題に注目して-」『スポーツ社会学研究』 第20巻第2号, p.37-50, 日本スポーツ社会学会, 2012.9
・「日常生活圏域からスポーツイベントを考える」『都市問題』 第103巻第7号, p.4-8, 後藤・安田記念東京都市研究所, 2012.7
・「地域と学校を結びつける学校開放へ~学校開放の経緯と意義~」『みんなのスポーツ』 第34巻第5号, p.12-14, 日本体育社, 2012.5
・“A History of Post-war Sport Policy in Japan and the United Kingdom” (co-author) Hitotsubashi Journal of Social Studies 43(2), p.81-102, Hitotsubashi University, 2011.12
・“Canging Characteristics of Post-war Sport” Hitotsubashi Journal of Social Studies 43(2), p.59-60, Hitotsubashi University, 2011.12
・「スポーツ基本法の成立が示すもの」現代スポーツ研究会編『現代スポーツ研究』 通巻12号, p.1-12, 2011.12
・「「戦後日本の地域スポーツ転換のグラデーション」試論」『一橋大学スポーツ研究2011』 通巻30号, p.23-30, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2011.10
・「「スポーツの権利」理念の具現化へ-「スポーツ基本法」の成立と今後の課題」『月刊社会教育』 2011年10月号, p.61-68, 国土社, 2011.10
・「「日常」と「非日常」が共鳴するスポーツ環境を」渡辺治、進藤兵編『東京をどうするか』, p.217-220, 岩波書店, 2011.3
・「スポーツ政策のグランドデザインを-スポーツの社会的基盤形成の長期的展望への模索」『月刊 社会教育』 2010年10月号, p.5-15, 国土社, 2010.10
・「オーストラリアにおける「ラグビー」の拡大と分裂」『一橋大学スポーツ研究』 通巻29号, p.3-10, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2010.10
・「オリンピックと地域スポーツ振興の架橋」『世界』 通巻798号, p.170-176, 岩波書店, 2009.12
・「楕円ボールのイレギュラー・バウンド-オーストラリアにおけるラグビー・リーグの誕生と展開」『季刊 民族学』 通巻130号, p.34-39, 千里文化財団, 2009.10
・「アボリジナルとスポーツ」『一橋大学スポーツ研究2009』 通巻28号, p.19-26, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2009.10
・「学校開放」『ガイドブック教育法』, p.266-267, 三省堂, 2009.4
・「地域スポーツと学校開放」『一橋大学スポーツ研究2008』 通巻27号, p.27-34, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2008.10
・「ふたつの平等主義神話の交差-オーストラリア・スポーツ・エスニシティ」『西洋史学』 通巻231号, p.74-75, 日本西洋史学会, 2008
・「オリンピック招致と都市」『一橋大学スポーツ研究』 通巻26号, p.41-46, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2007.10
・「オリンピック、スポーツイベントと都市」柴田徳衛編『東京問題』, p.61-82, クリエイツかもがわ, 2007.2
・「日本のスポーツ政策の歴史的変遷」『現代スポーツ評論』 通巻15号, p.116-123, 創文企画, 2006.11
・「オーストラリアにおけるサッカーの「プロ化」の動向と背景」『一橋大学スポーツ研究』 通巻25号, p.39-42, 一橋大学スポーツ科学研究室, 2006.10
・「社会教育施設と地域ネットワーク」(共著) 日本社会教育学会編『講座 現代社会教育の理論Ⅲ-成人の学習と生涯学習の組織化』, p.210-229, 東洋館出版社, 2004.9
・「新自由主義改革と地域スポーツの行方」渡辺治編『変貌する<企業社会>日本』, p.259-296, 旬報社, 2004.7
・「オーストラリアのスポーツ政策研究の現状と課題」『一橋論叢』 第131巻第2号, p.1-19, 日本評論社, 2004.2
・「スポーツ政策の形成過程に関する一研究」『一橋大学研究年報人文科学研究』 通巻39号, p.159-251, 2002
・「『地方分権』と地域スポーツ政策」『総合研究プロジェクト・ディスカッションペーパーNo.5』, p.1-17, 一橋大学大学院社会学研究科, 2001.3
・「部活動の新世紀」日本スポーツクラブ協会編『スポーツクラブ白書』, p.59-68, 厚有出版, 2001
・「地域スポーツの新世紀へ」『月刊社会教育』 第44巻第11号, p.36-41, 2000
・「地域スポーツへの『多元的参加』と『地方分権』」『地方分権と自治体社会教育の展望(日本社会教育学会研究年報)』, p.145-158, 東洋館出版社, 2000
・「表現活動と地域文化の創造」日本社会教育学会編『現代公民館の創造』, p.288-301, 東洋館出版社, 1999
・「ノーマライゼーションとスポーツ権」『一橋論叢』 第121巻第2号, p.65-80, 1999
・「この国のスポーツのかたち」『月刊社会教育』 第41巻第10号, p.6-13, 1997.10
・「私的「スポーツ研究事始め」の記」『一橋論叢』 第115巻第4号, p.66-80, 1996.4
・“The History of the Sports Industry in Japan since 1945.”Mike Collins (ed.) Leisure in Industrial and Post-Industrial Societies., p.111-124, LSA (UK), 1996
・「子どものスポーツ――地域での遊びとゆっくりと発達すること」『月刊社会教育』 第39巻第10号, 1995

C.翻訳

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・“The Disparity and Inequality of Sport in Japan”, MAJIT Program in Univerrsity of Queensland, 2013.8, University of Queensland, Australia
・「地域スポーツを支える条件の戦後史・粗描」, 第21回日本スポーツ社会学会大会・研究委員会企画シンポジウム, 2012.3, 熊本大学
・「シンポジウム オーストラリアにおける白人性の相克-アボリジナル・スポーツと移民制限」, オーストラリア学会・全国研究大会シンポジウム, 2008.6, 追手門学院大学
・「オーストラリアにおけるスポーツ政策の生成と展開」, 日本社会教育学会第50回研究大会, 2003.9, 早稲田大学

〔研究・調査報告書〕

・『「スポーツと社会」研究の多様性』, 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書, 2013.10
・『スポーツの諸相へのアプローチ』(編著), 文部省科学研究費補助金研究成果中間報告書, 2012.10.1
・『グローカル化の過程とスポーツの変容』(編著), 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書, 2011.10
・『グローバリゼーションとスポーツの変容』(編著), 文部省科学研究費補助金研究成果中間報告書, 2010.10.1
・『グローバリゼーション下のスポーツとコミュニティ』(編著), 文部科学省科学研究費, 2009.10
・『スポーツのグローバル化とローカル化の交点 Ⅱ』(編著), 文部科学省科学研究費, 2008.10
・『スポーツのグローバル化とローカル化の交点』(編著), 一橋大学スポーツ科学研究室研究会報告書, 2007.10.1
・『「越境するスポーツ」へのアプローチ』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室研究会報告書, 2006.10.1
・『スポーツとグローバリゼーション・再論』(共著), 文部省科学研究費補助金研究成果報告書, 2005.10
・一橋大学スポーツ科学研究室編『グローバリゼーションとスポーツの諸相Ⅱ』(共著), 文部科学省科学研究費補助金成果報告書, 2004.10.1
・一橋大学スポーツ科学研究室編『グローバリゼーションとスポーツの諸相』(共著), 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書, 2003.9.1
・『21世紀のスポーツの課題へ向けて』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室, 2002
・『スポーツのグローバリゼーションとローカリゼーション』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室, 2001
・『スポーツのグローバリゼーションと多元性』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室, 2000
・『スポーツのグローバリゼーションと多元性』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室, 2000
・『現代スポーツの新展開』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室, 1999
・『スポーツとグローバリゼーションII』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室, 1998
・『スポーツ社会学の対象と方法』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室, 1996
・『社会教育に関する調査報告書』, 保谷市教育委員会(3月), 1994
・『「Sport for all」の思想と運動』(共著), 一橋大学スポーツ科学研究室, 1994

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) 畑潤・草野滋之編著『表現・文化活動の社会教育学』 (学文社, 2007.4), 『日本社会教育学会紀要』 通巻44号, 2008.6

〔辞書・辞典等の項目執筆〕

・『ガイドブック教育法』, 三省堂, 2015.12.15 (執筆項目:学校支援、コミュニティ・スクール, 294-295頁)
・『社会教育・生涯学習辞典』, 朝倉書店, 2012.11.30 (執筆項目:生涯スポーツ、スポーツ振興基本計画、総合型地域スポーツクラブ、等、22項目)
・社会教育推進全国協議会編『社会教育・生涯学習ハンドブック(第8版)』, エイデル研究所, 2011.7 (執筆項目:スポーツ施設, 383-400頁)
・日本公民館学会編『公民館・コミュニティ施設ハンドブック』, エイデル研究所, 2006.3 (執筆項目:地域スポーツ活動, 283-286頁)
・社会教育推進全国協議会編『社会教育・生涯学習ハンドブック(第7版)』, エイデル研究所, 2005.5.15 (執筆項目:スポーツ文化, 290-305頁)

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・「スポーツを通してインクルーシブな社会を創る/インタビュー」『月刊社会教育』, 国土社, 2017.5
・「リオパラリンピック放送から見えたものと「まだ見ぬもの」」『GALAC No.235』, NPO法人放送批評懇談会, 2016.12
・「五輪へ 多様な指標を」『毎日新聞』, 毎日新聞社, 2012.12.15夕刊
・「世界と地域をつなげてとらえる-「スポーツ・リテラシー」のすすめ-」『月刊社会教育』, 国土社, 2012.11
・「住民と職員のタッグで新しいクラブ創り」『月刊社会教育』, 国土社, 2010.10
・「市民のオーケストラが奏でるハーモニー」『月刊社会教育』, 国土社, 2009.2
・「市民の文化・芸術活動と地域」『月刊社会教育』, 国土社, 2008.4.1
・「「感動」「興奮」のスポーツ報道」『北海道新聞』, 北海道新聞社, 2007.9.25夕刊
・「まずは、手にとってみませんか-社会教育・生涯学習の基本文献紹介」『月刊社会教育』, 国土社, 2005.4
・「オーストラリア・スポーツ見聞録」『月刊社会教育』, 国土社, 2004.10
・「総合型地域スポーツクラブの“源流”を訪ねて」『月刊社会教育』, 国土社, 2004.10
・「『寛容のレシピ』-マルチカルチュラルなオーストラリアで感じたこと」『月刊社会教育』, 国土社, 2004.5
・「FAQ(よくある質問)総合型地域スポーツクラブ」『月刊社会教育』, 国土社, 2002.3
・「保健体育審議会答申-『スポーツ振興基本計画の在り方について』」『月刊社会教育』, 国土社, 2000.11
・「<仮想座談会>ちょっと拝見 公共スポーツ施設」『月刊社会教育』, 国土社, 1999.4
・「パラリンピック・エキスパートコングレスに参加して」『スポーツのひろば』, 新日本スポーツ連盟, 1998.5
・「『今どきの子ども』は、ひ弱?-文部省『体力・運動能力調査』から考えること」『月刊社会教育』, 国土社, 1997.2

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・文部科学省科学研究費補助金, 「グローバル化する社会におけるスポーツと多様性に関する研究」(研究代表者), 一橋大学, 2016.4-2019.3
・文部科学省科学研究費補助金, 「グローバル化する社会におけるスポーツと格差・不平等に関する総合的研究」(研究代表者), 一橋大学, 2011.4-2014.3
・文部科学省科学研究費補助金, 「スポーツのグローバル化とコミュニティにおけるスポーツの変容に関する研究」(研究代表者), 一橋大学, 2008.4-2011.3
・文部科学省科学研究費補助金, 「スポーツのグローバリゼーションとローカリゼーション」(研究分担者), 文部科学省, 2002-2004
・文部省科学研究費補助金, 「スポーツのグローバリゼーションと多元性」(研究分担者), 文部省, 1998-2000
・松下国際財団研究助成, 「スポーツ・イベントと開発――ナショナリズムと都市建設に関する日韓比較」(研究分担者), 松下国際財団, 1998-1999
・文部省科学研究費補助金, 「国際化とスポーツ政策」(研究分担者), 文部省, 1995-1997
・文部省科学研究費補助金, 「各国社会における生涯スポーツの研究」(研究分担者), 文部省, 1992-1994

受賞等

このページの一番上へ