教員紹介

サイトトップへ戻る

大坪 俊通 (おおつぼ・としみち)

教授 、1970年生
総合社会科学専攻:人間行動研究分野(地球科学)
地球社会研究専攻:地球情報論(情報通信論)

http://geo.science.hit-u.ac.jp/
研究室:東本館2階201
オフィスアワー:金曜13:30~14:30 (事前にメールで連絡ください。)


主要研究領域

宇宙測地学,精密軌道決定

現在の研究テーマと今後の抱負

 このわずか半世紀の間、人間は数多くの人工衛星を打ち上げてきた。そして現在では、通信・放送から気象・測位・地球観測に至るまで、人間生活に欠かせない役割を果たしている。
 地球を周回する人工衛星は、地球を一周するのにわずか1時間半から1日しか要さない。毎秒 3 km から 7 km、という日常では想像し得ない速さである。わたしの研究は、このように高速に運動する物体を、わずか数 cm の精度で計測および決定する技術の開発である。この人工衛星の軌道決定に関する開発を核として、測地学、宇宙工学、地球物理学、天文学などに広がる研究を行っている。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻人間行動研究分野4322リサーチワークショップ通年集中 
地球社会研究専攻環境4826宇宙・地球・人間秋・冬2
地球社会研究専攻地球社会研究4827地球社会研究 I2
地球社会研究専攻地球社会研究4832地球社会博士特論通年1
地球社会研究専攻連携大学院実践科目4839インターンシップ I春・夏1
地球社会研究専攻連携大学院実践科目4840インターンシップ II秋・冬1
地球社会研究専攻リサーチ実践4841リサーチ演習 I春・夏1
地球社会研究専攻リサーチ実践4842リサーチ演習 II秋・冬1
地球社会研究専攻プロジェクト実践4845プロジェクト演習春・夏1
大学院ゼミナール

学部:

学歴

1993年 3月 一橋大学法学部卒業
2001年 9月 信州大学工学部情報工学科 博士(工学)取得

学位

2001年 9月 博士(工学)

職歴

1993年 4月 郵政省通信総合研究所入所,小金井本所勤務
1998年12月 イギリス NERC Space Geodesy Facility 客員研究員(2年間)
2001年 7月 通信総合研究所(のち情報通信研究機構へ改称)鹿島宇宙通信研究センター勤務
2007年 4月 一橋大学大学院社会学研究科専任講師
2008年 4月 一橋大学大学院社会学研究科准教授
2012年 4月 一橋大学大学院社会学研究科教授
(非常勤講師歴: 国土交通大学校,京都大学,東京学芸大学,北海道大学)
(客員・協力研究員・委員等: 情報通信研究機構,国立天文台,国土地理院,宇宙航空研究開発機構, NERC Space Geodesy Facility (UK), GeoForschungsZentrum (Germany), Chalmers tekniska högskola (Sweden))

主要業績
A.著書・共著等

・福島登志夫編『天体の位置と運動 (シリーズ現代の天文学第13巻)』(共著), 日本評論社, 2009.1

B.論文(94年以降)

・“Thermo-optical simulation and experiment for the assessment of single, hollow, and large aperture retroreflector for lunar laser ranging” (co-author) Earth, Planets and Space 68(101), 2016.7
・“Effective expansion of satellite laser ranging network to improve global geodetic parametersEarth, Planets and Space 68(65), p.1-7, 2016.4
・“Confirmation of gravitationally induced attitude drift of spinning satellite Ajisai with Graz high repetition rate SLR data” (co-author) Advances in Space Research 57(4), p.983-990, 2016.2
・“Center-of-mass corrections for sub-cm-precision laser-ranging targets: Starlette, Stella and LARESJournal of Geodesy 89, p.303-312, 2015.4
・“A method to calculate zero-signature satellite laser ranging normal points for millimeter geodesy - a case study with Ajisai” (co-author) Earth, Planets and Space 67(), p.34, 2015.3
・「重力衛星が捉えるグリーンランド氷床の縮退」(共著) 『月刊地球』 第37巻第2号, p.25-31, 2015.2
・“Combination of GPS and VLBI on the observation level during CONT11—common parameters, ties and inter-technique biases” (co-author) Journal of Geodesy 88(11), p.1017-1028, 2014.11
・“Spin axis precession of LARES measured by satellite laser ranging” (co-author) IEEE Geosci. Remote Sens. Letters 11(3), p.646-650, 2014.3
・「衛星レーザ測距をとりまく世界の情勢と日本の位置」『測地学会誌』 第59巻第3号, p.79-86, 2014.1
・“Observation level combination of SLR and VLBI with c5++: A case study for TIGO” (co-author) Advances in Space Research 53, p.119-129, 2014.1
・“Accelerated ice mass depletion revealed by low-degree gravity field from satellite laser ranging: Greenland, 1991–2011” (co-author) Geophysical Research Letters, 2013.9
・“Spectral filter for signal identification in the kHz SLR measurements of the fast spinning satellite Ajisai” (co-author) Advances in Space Research 51, p.930-935, 2013.9
・“Spectral analysis of Borowiec SLR data for spin determination of geodetic satellite EGP” (co-author) Artificial Satellites 48(1), p.15-23, 2013.2
・“Spectral response of Experimental Geodetic Satellite determined from high repetition rate SLR data” (co-author) Advances in Space Research 51, p.162-167, 2013.1
・“Spin rate and spin axis orientation of LARES spectrally determined from satellite laser ranging data” (co-author) Advances in Space Research 50(11), p.1473-1477, 2012.12
・「測地衛星「あじさい」の開発と観測による測地学への貢献」(共著) 『測地学会誌』 第58巻第1号, p.9-25, 2012.4
・“Asymmetric dihedral angle offsets for large-size lunar laser ranging retroreflectorsEarth Planets and Space 63(8), e13-e16, 2011.12
・“Fully automated VLBI analysis with c5++ for ultra-rapid determination of UT1” (co-author) Earth Planets and Space 62, p.933–937, 2011.2
・“Spin axis orientation of Ajisai determined from Graz 2 kHz SLR data” (co-author) Advances in Space Research 46(3), p.251-256, 2010
・“The impact of solar irradiance on AJISAI's spin period measured by the Graz 2-kHz SLR system” (co-author) IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing 48(3), p.1629-1633, 2010
・“Simulation of optical response of retroreflectors for future lunar laser ranging” Advances in Space Research 45(6), p.733-740, 2010
・“22 years of AJISAI spin period determination from standard SLR and kHz SLR data” (co-author) Advances in Space Research 44(5), p.621-626, 2009
・「ILRS ネットワークのためのレーザー測距データ品質評価解析速報システム」『測地学会誌』 第54巻第2号, p.69-79, 2008
・「GPS による低軌道衛星の精密軌道決定と衛星レーザ測距・衛星間測距値による評価」(共著) 『電子情報通信学会論文誌B』 第J89-B巻第7号, p.1151-1157, 2006
・“Mass-redistribution-induced crustal deformation of global satellite laser ranging stations due to non-tidal ocean and land water circulation” (co-author) Earth Planets and Space 58(2), e13-e16, 2006
・「衛星レーザー測距データの高精度解析 -cmからmmへ--」『測地学会誌』 第51巻第1号, 2005
・“Scan by Monitoring a Pair of Points --- Optical Survey Method for Near-Geosynchronous Orbits” (co-author) Transactions of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences Space Technology Japan 3(), p.13-22, 2005
・“A simulation study of effects of GRACE orbit decay on the gravity field recovery” (co-author) Earth Planets and Space 57(4), p.291-295, 2005
・「二点監視スキャン - 静止軌道付近を通過する軌道の光学探索法」(共著) 『宇宙技術』 第3巻第号, p.27-34, 2004
・“Spin axis behaviour of LAGEOS satellites” (co-author) Journal of Geophysical Research 109(B6403), p.1-12, 2004
・“Spin motion and orientation of LAGEOS-2 from photometric observation” IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing 42(1), p.202-208, 2004
・“System-dependent centre-of-mass correction for spherical geodetic satellites” Journal of Geophysical Research 109(B4), p.9-1—9-10, 2003
・“Laser reflector arrangement on H2A-LRE satellite for monitoring the spin rate and optical degradation” Applied Optics 41(27), p.5672-5677, 2002
・“GLONASS Laser Ranging Accuracy with Satellite Signature Effect” Surveys in Geophysics 22(5-6), p.509-516, 2001
・“Skew characteristics of image fiber for high-speed 2-D parallel optical data link” (co-author) Journal of Lightwave Technology 18(9), p.1214-1219, 2000
・“Spin Motion of the AJISAI Satellite Derived from Spectral Analysis of Laser Ranging Data” IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing 38(3), p.1417-1424, 2000
・“The Center-of-mass Correction of the Geodetic Satellite AJISAI for Single-photon Laser Ranging” IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing 37(4), p.2011-2018, 1999
・“VLBI, SLR,and GPS observations in the Key Stone Project” (co-author) Proceedings of the IAG Scientific Assembly 119(), p.394-399, 1998
・“Timing Precision of Active Q-Switched Mode-Locked Laser and Fire Control System for the Synchronous Satellite Laser Ranging” (co-author) IEEE Transactions on Instrumentation and Measurement 44(3), p.832-835, 1995
・“Error control of Numerical Integration in SLR Analysis Software CONCERTO” Journal of Geodetic Society of Japan 40(4), p.347-355, 1995

C.翻訳

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・“Detection of various SLR systematic errors for mm accuracy”, 20th International Workshop on Laser Ranging, 2016.10, GFZ Potsdam
・“Time series of SpinSat return intensity: How long can BK7 reflectors survive in space?”, 20th International Workshop on Laser Ranging, 2016.10, GFZ Potsdam
・“Satellite laser ranging network: Where should a new station be placed?”, 20th International Workshop on Laser Ranging, 2016.10, GFZ Potsdam
・「衛星レーザ測距観測網の拡充: 新たな局はどこに?」, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 2016.5, 幕張メッセ国際会議場
・「SLR の衛星依存・観測局依存誤差が地球基準座標系に与える影響」, 第124回日本測地学会講演会, 2015.10, 九州大学・西新プラザ
・“Systematic range error 2014-2015”, 2015 ILRS Technical Workshop, 2015.10, Casa Cava, Matera
・“Millimeter-level SLR Error Sources and the Scale of a Terrestrial Reference Frame”, AOGS 12th Annual Meeting, 2015.8, Singapore
・“Impact of station-dependent, satellite-dependent SLR observations on global geodetic parameters”, 26th IUGG General Assembly 2015, 2015.6, Prague
・「GGOS 時代に向けた宇宙測地解析戦略」, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015.5, 幕張メッセ国際会議場
・「精密軌道決定において経験的加速度推定が測地パラメータに与える影響」, 第122回日本測地学会講演会, 2014.11, つくばサイエンス・インフォメーションセンター
・“Systematic Range Error 2013-2014”, 19th International Workshop on Laser Ranging, 2014.10, Historic Inns of Annapolis
・“Two-fold Quality Assessment of Global SLR Data”, 19th International Workshop on Laser Ranging, 2014.10, Historic Inns of Annapolis
・“Scale Parameters of the Earth Sensitive to the Optical Response of Spherical SLR Targets”, AOGS 11th Annual Meeting, 2014.7, Royton Sapporo
・「SLR 衛星の光学応答に敏感な地球のスケールパラメータ」, 日本地球惑星科学連合2014年大会, 2014.4, パシフィコ横浜
・“Subdaily Quality Check of Laser Ranging Data at Hitotsubashi University”, 18th International Workshop on Laser Ranging, 2013.11, ハイランドリゾートホテル,富士吉田市
・“Centre-of-mass Corrections of sub-cm-precision Targets, STARELTTE and LARES”, 18th International Workshop on Laser Ranging, 2013.11, ハイランドリゾートホテル,富士吉田市
・“Educational Activities Related to Satellite Laser Ranging at Hitotsubashi University”, 18th International Workshop on Laser Ranging, 2013.11, ハイランドリゾートホテル,富士吉田市
・“20-year-long SLR-based Earth gravity field and the mass loss in Greenland”, IAG Scientific Assembly 2013, 2013.9, Potsdam, Germany
・“Optical response and centre-of-mass correction of mm-precision laser ranging targets, LARES and STARLETTE”, IAG Scientific Assembly 2013, 2013.9, Potsdam, Germany
・「サブ cm 級レーザ測距衛星 (LARES および STARLETTE) の光学応答と重心補正値」, 日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013.5, 幕張メッセ国際会議場
・「衛星レーザ測距軌道決定による地球重力場変動の検出」, 第56回宇宙科学技術連合講演会, 2012.11, 別府国際コンベンションセンター
・“Centre-of-mass correction information at the ILRS Website”, International Technical Laser Workshop 2012, 2012.11, Frascati, Italy
・“Introductory talk: Target signatures of existing sub-cm targets and prospects for future SLR constellations”, International Technical Laser Workshop 2012, 2012.11, Frascati, Italy
・「SLR と測地学の関係:世界と日本」, 第118回日本測地学会講演会, 2012.11, 仙台市福祉プラザ
・「SLR 衛星の組み合わせと地球スケールパラメータ・地球重力場低次項の関係」, 第118回日本測地学会講演会, 2012.11, 仙台市福祉プラザ
・「衛星レーザ測距による地球重力場低次項の決定」, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 2012.5, 幕張メッセ国際会議場
・“Optical design for next-generation single-reflector LLR targets”, 2011 AGU Fall Meeting, 2011.12, Moscone Center, San Francisco
・「宇宙測地技術解析ソフトウェア c5++ の開発 その3」, 第116回日本測地学会講演会, 2011.10, 高山市民文化会館
・「宇宙測地技術解析ソフトウェア c5++ の開発 その2」, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011.5, 幕張メッセ 国際会議場
・“Retroreflector and its Array: Keynote paper”, 17th International Laser Ranging Workshop, 2011.5, Bad Koetzting
・“Modeling and bias issues: Keynote paper”, 17th International Laser Ranging Workshop, 2011.5, Bad Koetzting
・“Simulation of optical response for next-generation single-reflector LLR targets”, 17th International Laser Ranging Workshop, 2011.5, Bad Koetzting
・“New performance assessment for laser ranging stations”, 17th International Laser Ranging Workshop, 2011.5, Bad Koetzting
・「宇宙測地技術解析ソフトウェア c5++ の開発」, 第54回宇宙科学技術連合講演会, 2010.11, 静岡グランシップ
・「宇宙測地技術解析ソフトウェア c5++ の開発」, 第114回日本測地学会講演会, 2010.11, 京都大学宇治キャンパス
・「次期月探査計画 SELENE-2 に向けたレトロリフレクタ光学応答シミュレーション その2:二面角の非対称化」, 第114回日本測地学会講演会, 2010.11, 京都大学宇治キャンパス
・「ミリメートル軌道決定に向けて」, 京都大学 地球惑星科学専攻 地球科学輻合部特別講演会, 2010.8, 京都大学
・「地球のスケールパラメータ高精度化のための SLR 姉妹衛星案」, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010.5, 幕張メッセ国際会議場
・「SELENE-2 LLR 光学応答シミュレーション」, RISE研究会, 2010.2, 国立天文台・三鷹
・「次期月探査計画 SELENE-2 に向けた レトロリフレクタ光学応答シミュレーション」, 日本測地学会第112回講演会, 2009.11, 産業技術総合研究所
・“Target signature effects on laser ranging accuracy for the GIOVE satellites”, International Technical Workshop on SLR Tracking of GNSS Constellations, 2009.9, Metsovo Conference Center, Greece
・「キロヘルツ型衛星レーザ測距データによる衛星光学応答解析」, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 2009.5, 幕張メッセ国際会議場
・「月レーザ測距用リフレクタ最適化のための光学解析課題」, RISE 研究会, 2009.3, 奥州宇宙遊学館
・「ASTRO-G 精密軌道決定用レーザリフレクタの設計 [2] 光学応答シミュレーション」, 第52回宇宙科学技術連合講演会, 2008.11, 淡路夢舞台国際会議場
・“Optical Response Simulation for ASTRO-G Laser Reflector Array”, 16th International Workshop on Laser Ranging, 2008.10, Andersia Hotel, Poznan, Poland
・“kHz Single-Photon Ranging: A Precise Tool to Retrieve Optical Response of Satellites”, 16th International Workshop on Laser Ranging, 2008.10, Andersia Hotel, Poznan, Poland
・“Multi-Satellite Daily Bias Report: How to Read and Handle it”, 16th International Workshop on Laser Ranging, 2008.10, Andersia Hotel, Poznan, Poland
・「SLR 観測における光行差とリフレクタ設計」, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 2008.5, 幕張メッセ 国際会議場
・「レーザによる高精度軌道計測:逆反射鏡のしくみと応用」, 第1回スペースガード研究会・天体力学N体力学研究会, 2008.3, 明星大学日野キャンパス
・「ASTRO-G 精密軌道決定のための計測手段と予備評価」, 第108回日本測地学会講演会, 2007.11, 紀伊勝浦ホテル浦島
・「ASTRO-G 精密軌道決定用レーザリフレクタの設計 [2] 配列と光学応答」, 第51回宇宙科学技術連合講演会, 2007.10, 札幌コンベンションセンター
・“Multi-Satellite Quality Check at Hitotsubashi University”, ILRS Fall 2007 Workshop, 2007.9, Palais des Congrès, Grasse, France
・“Preliminary Design of Retroreflector Array for ASTRO-G in Highly Elliptic Orbit”, ILRS Fall 2007 Workshop, 2007.9, Palais des Congrès, Grasse, France
・「新しい地球基準座標系 ITRF2005 と SLR データ解析による評価」, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 2007.5, 幕張メッセ 国際会議場
・“Further improvements in understanding subtle systematic effects in laser ranging data”, European Geosciences Union General Assembly 2007, 2007.4, Austria Center Vienna
・「*** ここに掲載しているものは「2007年4月以降」の「第1著者分」のみ *** 2007年3月以前:英語・日本語,主著・共著あわせて約200件 ***」

〔研究・調査報告書〕

・『第18回国際レーザ測距ワークショップ開催報告』, 測地学会誌, 60, 2, 2014

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・「地球の重さはどう測る?」『朝日新聞』, 2015.1.24朝刊

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・科学研究費補助金・基盤研究C, 「低軌道衛星の精密軌道決定が拓く全球規模の測地学」(研究代表者), 日本学術振興会, 2014.4.1-2018.3.31
・NICT国際交流プログラム, 「18th International Workshop on Laser Ranging」(組織委員長), 情報通信研究機構, 2013.11.10-2013.11.15
・SCAT国際会議助成, 「18th International Workshop on Laser Ranging」(組織委員長), テレコム先端技術研究支援センター, 2013.11.10-2013.11.15
・宇宙科学振興会国際学会開催支援, 「18th International Workshop on Laser Ranging」(組織委員長), 宇宙科学振興会, 2013.11.10-2013.11.15
・日本測地学会, 「18th International Workshop on Laser Ranging」(組織委員長), 日本測地学会, 2013.11.10-2013.11.15
・科学研究費補助金・若手研究B, 「軌道の異なる「姉妹衛星」による地球基準座標系構築法の確立」(研究代表者), 2009.4.1-2013.3.31
・科学研究費補助金・基盤研究A, 「VLBI相関処理技術を利用した時空情報正当性検証に関する基礎研究」(研究分担者), 2009.4.1-2013.3.31
・科学技術振興調整費, 「精密衛星測位による地球環境監視技術の開発」(研究分担者), 文部科学省, 2002-2004

〔その他〕

・「人工天体の精密軌道決定及び空間計測技術の統合解析に関する研究」(研究代表者), 情報通信研究機構・一橋大学, 2015.4.1-2017.3.31
・「空間計測技術の統合解析及びその応用に関する研究」(研究代表者), 情報通信研究機構・一橋大学, 2011.4-2015.3
・「Spin parameter determination of AJISAI for next-generation time transfer」(海外研究者招へい), NICT International Exchange Program, 2009.7.15-2010.3.31
・「精密宇宙測地技術の開発及びその応用に関する研究」(研究代表者), 情報通信研究機構・一橋大学, 2007.6.13-2011.3.31

受賞等

・日本測地学会賞坪井賞(衛星レーザー測距データの高精度解析に関する研究に対して), 日本測地学会, 2004.5

このページの一番上へ