教員紹介

サイトトップへ戻る

中北 浩爾 (なかきた・こうじ)

教授 、1968年生
総合社会科学専攻:人間・社会形成研究分野(政治学)

http://www.soc.hit-u.ac.jp/~nakakita/
研究室:第1研究館4階1412
オフィスアワー:月曜2限 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

政治学および日本現代史、特に日本政治史・現代日本政治論

現在の研究テーマと今後の抱負

現代日本政治を歴史的アプローチから研究しています。1955年体制の成立過程をはじめ、これまで1940年代から60年代を主な分析対象としてきましたが、目下の課題は、政治改革以来の政党デモクラシーの変容を構造的に解明することです。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4414政治学 I春・夏3
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4419政治過程論3
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4421リサーチワークショップ通年集中 
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
人間・社会形成研究分野44206政治学3
人間・社会形成研究分野44312政治過程論3
科目群外講義47205現代労働組合論 (連合寄附講義)春・夏4
学部後期ゼミナール

学歴

1991年3月 東京大学法学部卒業
1993年3月 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
1995年3月 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程中途退学

学位

1997年2月 博士(法学)(東京大学)

職歴

1994年4月 日本学術振興会特別研究員
1995年4月 東京大学法学部附属近代日本法政史料センター助手
1997年4月 東京大学法学部附属近代日本法政史料センター助教授
1997年10月 大阪市立大学法学部助教授
2001年4月 立教大学法学部助教授
2004年4月 立教大学法学部教授
2011年4月 一橋大学大学院社会学研究科教授

主要業績
A.著書・共著等

・『日本労働政治の国際関係史1945~1964』, 岩波書店, 2008
・『一九五五年体制の成立』, 東京大学出版会, 2002
・『経済復興と戦後政治』, 東京大学出版会, 1998

B.論文(94年以降)

・「日本の労働政治」新川敏光・篠田徹編『労働と福祉国家の可能性』, p.14-30, ミネルヴァ書房, 2009
・「市場競争型デモクラシーへ」『現代思想』 2009年10月号, p.124-131
・“Incorporating Japanese Labor into the Free World: Cold War Diplomacy and Economic Interdependence, 1949-1964” Labor History 49(2), p.199-222, 2008.5
・「自民党型政治の定着」『年報日本現代史』 通巻13号, p.1-28, 2008
・「日本社会党の岐路」住沢博紀・堀越栄子編『21世紀の仕事とくらし』, p.55-74, 第一書林, 2000
・「連合」佐々木毅編『政治改革1800日の真実』, p.386-415, 講談社, 1999

C.翻訳

D.その他(94年以降)

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・科学研究費補助金基盤研究(C), 「戦後日本市民政治の歴史分析」(研究代表者), 2008-2012
・科学研究費補助金若手研究(B), 「国際的相互依存と戦後日本労働政治」(研究代表者), 2005-2007
・労働問題リサーチセンター, 「冷戦期アメリカの対日労働政策、1949-64年」(研究代表者), 2004
・国際文化会館新渡戸フェローシップ(大和日英基金)(研究代表者), 2003
・科学研究費補助金若手研究(B), 「一九五五年体制の確立」(研究代表者), 2002
・科学研究費補助金奨励研究(A), 「自民党体制の成立」(研究代表者), 1999-2000
・科学研究費補助金奨励研究(A), 「朝鮮戦争と戦後日本の政治経済」(研究代表者), 1997-1998

受賞等

・Labor History 'Best Article, Non-US or Comparative Topic' Prize for 2008, Routledge, 2009.5

このページの一番上へ