教員紹介

サイトトップへ戻る

加藤 圭木 (かとう・けいき)

専任講師 、1983年生
総合社会科学専攻:歴史社会研究分野(社会史アジア)

研究室:磯野研究館4F410
オフィスアワー:火曜3限 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

朝鮮近現代史、日本近現代史、歴史教育

現在の研究テーマと今後の抱負

 大学入学時、私は日本近現代史を専攻することに決め、日本の近現代はどのような時代だったのか、ということを考えはじめました。勉強する中で、私は朝鮮をはじめとしたアジアとの関係という視座を抜きにして、この問いに答えることはできないと思うようになりました。
 ただ、「日本とアジア」という課題設定はスケールが大きく、当初、いまひとつリアリティを感じることができませんでした。そこで、私が考えたのは、村や町などの歴史から、アジアや「帝国」の経験を見通すような歴史叙述ができないだろうか、ということでした。たとえば、水俣という場から、公害と帝国主義が絡まり合う歴史を読み解いていく、また、羅津という朝鮮の漁村の歴史から、日本の国策と漁民生活がどのようにせめぎ合っていたのかを考えていく、といったことです。「日本史」をアジアとの関係から再検討すること。これは、現在に至るまで私の主要な課題の一つです。
 他方、日本との関係という枠組みだけでアジアを見るのでは一面的であり、ともすれば日本中心史観に陥ってしまうと感じるようになりました。私が現在、朝鮮史の立場から歴史研究を進めようとしているのは、そのためです。これまで、19世紀から現在に至る朝鮮東北の歴史の展開を、朝鮮内部の動向、日本に加えロシア・中国などとの関係も意識しながら、自分なりに跡づけようと作業を進めてきました。100年というスパンで検討することで、朝鮮の独自の歴史展開のあり方を見通していきたいと思います。(研究詳細は後段をご覧ください)。

【大学院ゼミについて】
 よく「大学院ゼミはありますか?」と質問されます。修士課程・博士後期課程まで受け持っており、修士論文・博士論文の主査を担当できます。ぜひ進学をご検討下さい。
 朝鮮近現代史(在日朝鮮人史などの在外朝鮮人史を含む)、近代日本の戦争・植民地支配の歴史、そして現代日本の歴史認識問題、歴史教育論、戦後日韓関係など、さまざまなテーマの院生で構成されています。今年度は、主・副ゼミをあわせて20名近くとなり、活発に議論が展開されています。以下の、URLもご覧ください。
http://www.soc.hit-u.ac.jp/educations/gs/seminar/?choice=details&gs_seminarID=103

【研究テーマの詳細】
*朝鮮東北の研究
 19世紀後半から植民地期にかけての朝鮮東北部社会――ロシアや中国と国境を接し、商業や漁業が盛んといった点で経済的にユニークな特質を持つ――の変容過程を、日本の植民地支配に加え、朝鮮社会の内在的要因、国際環境・自然環境の変化などを踏まえて、多面的・立体的に考察することを目指しています。この作業の一環として、地域社会における港湾・軍事基地建設の問題などを扱っています。この成果は、拙著『植民地期朝鮮の地域変容—日本の大陸進出と咸鏡北道』(吉川弘文館、2017年)にまとめました。
 今後は、近世も本格的な対象としながら、長期的な視点から朝鮮社会の変容過程を検討したいと考えています。また、朝鮮東北部を舞台にした民族解放運動史を、上記の成果を踏まえて考察していくつもりです。

*日本の朝鮮侵略、植民地支配政策の具体的な解明
 日本による朝鮮侵略と植民地支配は、日本国家・社会が行った深刻な人権侵害であり、数多くの人びとの尊厳を脅かしましたが、その歴史はいまだに十分に明らかにされたとはいえません。日本国家・社会が過去に行ったそうした行為の実態を明らかにすることで、被害者の尊厳の回復の道を探り、一人ひとりの人権が真に尊重される民主的な社会をつくりあげていくことにつなげていきたいと思います。また、ジェンダーの問題を踏まえながら、植民地支配の実態を読み解きたいと思います。
 上記、「朝鮮東北の研究」と重なるところもありますが、当面は、(1)日露戦争期の朝鮮侵略過程の再検討、(2)日本の朝鮮漁業収奪政策と朝鮮社会の変容、(3)植民地公娼制度と地域社会、(4)日本軍「慰安婦」問題や強制労働を含む戦争動員などのテーマに取り組んでいきます。

*近現代日本の「開発主義」の捉え直し
 福島第一原発事故以来、日本の公害史に注目が集まり、足尾・水俣とつなげて現状を議論する研究が多数発表されています。こうした作業は「開発主義」の歴史的脈略を明らかにする重要なものです。ただし、1945年以前の日本が植民地に「公害輸出」していたこと(日本本国ですでに解消されていた公害が、植民地に押し出されたこと)については、不可視化されているように思われます。この事実を見逃して、日本の公害史を語ることはできないと私は考えています。「開発主義」の暴力の歴史を一国史的ではない形で語る方法を探りたいと思います。

*日本の排外主義状況や歴史歪曲とのかかわりのなかで
 日本社会におけるヘイトスピーチや排外主義の問題、そして、日本におけるいわゆる歴史修正主義の問題、歴史教育や歴史教科書問題についても、強い関心があります。これに関連して、日本軍「慰安婦」問題の解決を目指す社会運動が日本社会で果たしている役割についても、検討を深めたいと思います。

 以上の関心に基づいて、朝鮮史研究を進めることで、日本社会における朝鮮認識を問い直すとともに、今日まで東アジアで継続する植民地主義の問題を批判的に考察していきたいと思います。

【学生交流のなかで】
 私が朝鮮に興味を持ったのは、学部時代のゼミで実施していた韓国・ソウル市立大学との交流がきっかけです。同大の国史学科の踏査(学科旅行)に特別に参加させてもらい、韓国の学生たちとともに歴史の現場をめぐる旅をしました。私の学部時代の恩師は、「研究者同士の交流も重要だが、それとともに学生交流が重要だ。学生交流は、研究をも発展させる」という趣旨のことをおっしゃっていました。本当にそうだと思います。また、学生交流に参加したことで、私の人生も大きく変わりました。
 学生のみなさんには、歴史の現場を歩き、アジアの人びととの交流する機会をぜひつくってほしいと思います。ちなみに、学部後期ゼミナールでは、ソウル市立大との交流を行っています。

【朝鮮と日本の歴史を学ぼうとするみなさんへ】
 朝鮮侵略・植民地支配の実態の解明や、朝鮮近現代の歴史を明らかにしていく作業は、現在においても切実な課題の一つであり、決して「すでに終わった」議論でもなければ、「時代遅れ」の課題でもありません。
 日本の朝鮮侵略や植民地支配の歴史、そして朝鮮史をこれから学ぼうとするみなさんは、これまでに積み上げられてきた膨大な研究に圧倒されることもあるでしょう。卒論や修論を書こうとする人たちは「もう自分が新しくできる研究テーマはない」と自信をなくしてしまうこともあるでしょう。しかし、これまでに解明されていることは歴史のごく一部に過ぎないということを忘れないでほしいと思います。研究する人が極めて少ないために、数多くの重要な事実が闇に葬られようとしているのです。歴史を研究するということは、そうした忘却に抗することです。多くの人が朝鮮史や植民地支配史を学び研究することで、日本社会の歴史認識が深まっていくことが重要です。
 私は、学生・大学院生のみなさんとそうした学びのための場をつくっていきたいと考えています。ぜひ一橋大学に、そして、私のゼミに、日本の朝鮮侵略・植民地支配の歴史や朝鮮近現代史を学びに来てください。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻歴史社会研究分野4612アジア社会史 II (近現代)春・夏3
総合社会科学専攻歴史社会研究分野4614アジア社会史特論A1
総合社会科学専攻歴史社会研究分野4629リサーチワークショップ通年集中 
研究科共通科目研究基礎科目4704社会科学研究の基礎 III春・夏1
研究科共通科目高度職業人養成科目4708教育技法の実践通年5
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会学科導入科目40104導入ゼミナールⅠ1
社会学科導入科目40105導入ゼミナールⅡ1
歴史社会研究分野46306アジア社会史特論A1
学部後期ゼミナール

学歴

2002年3月 埼玉県立所沢高等学校卒業
2003年4月 東京学芸大学教育学部国際理解教育課程日本研究専攻入学
2005年3月 大韓民国・ソウル市立大学校に交換留学(2006年2月まで)
2008年3月 東京学芸大学教育学部国際理解教育課程日本研究専攻卒業
2008年4月 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻修士課程入学
2010年3月 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻修士課程修了
2010年4月 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程進学
2014年3月 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程修了

学位

2010年3月 修士(社会学)一橋大学
2014年3月 博士(社会学)一橋大学

職歴

2011年4月 人間文化研究機構国文学研究資料館(研究部)リサーチアシスタント(2012年3月まで)
2012年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2) (2014年3月まで)
2014年4月 一橋大学大学院社会学研究科特任講師(ジュニアフェロー) (2015年3月まで)
2015年4月 一橋大学大学院社会学研究科専任講師

主要業績
A.著書・共著等

・東京歴史科学研究会編『歴史を学ぶ人々のために—現在をどう生きるか—』(共編著), 岩波書店, 2017.3.23
・『植民地期朝鮮の地域変容—日本の大陸進出と咸鏡北道—』, 吉川弘文館, 2017.1
・大学の歴史教育を考える会編『わかる・身につく歴史学の学び方』(共著), 大月書店, 2016.11
・ 이타가키 류타, 김부자編『'위안부' 문제와 식민지 지배 책임』(共著), 삶창, 2016.4
・日本軍「慰安婦」問題webサイト制作委員会編/金富子・板垣竜太責任編『朝鮮人「慰安婦」と植民地支配責任』(共著), 御茶の水書房, 2015.10
・子どもと教科書全国ネット21編『中学歴史・公民 育鵬社教科書をどう読むか』(共著), 高文研, 2012

B.論文(94年以降)

・「일본에서의 요시미(吉見)재판과 지원운동」송연옥, 김귀옥編『식민주의, 전쟁, 군 '위안부'』, p.241-259, 선인, 2017.5
・「「慰安婦」問題をめぐる法廷闘争」歴史学研究会編『第4次 現代歴史学の成果と課題3 歴史実践の現在』, p.29-39, 績文堂, 2017.5
・「1920〜30年代朝鮮における地域社会の変容と有力者・社会運動—咸鏡北道雄基を対象として—」『商学論纂(吉見義明教授古稀記念論文集)』 第58巻第5・6号, p.29-61, 中央大学商学研究会, 2017.3
・「日露戦争下における朝鮮東北部の「軍政」」『一橋社会科学』 第8巻第号, p.37-56, 一橋大学大学院社会学研究科, 2016.10
・「吉見裁判とその支援運動」『戦争責任研究』 通巻86号, 日本の戦争責任資料センター, 2016.6
・「朝鮮民族運動家の日本観— 一九一〇〜二〇年代を中心に」杉並歴史を語り合う会・歴史科学協議会編編『隣国の肖像—日朝相互認識の歴史』, p.154-169, 大月書店, 2016.6
・「特集論文・問題提起 帝国日本の植民地支配責任を問い直す」(共著) 『日本植民地研究』 通巻28号, p.1-2, 2016
・「歴史修正主義と教科書問題―2015年採択の中学校社会科教科書をめぐって―」『歴史評論』 通巻791号, p.57−69, 歴史科学協議会, 2016.3
・「被害者を置き去りにした日本軍「慰安婦」論—朴裕河『帝国の慰安婦』批判—」『歴史地理教育』 通巻845号, p.58-63, 歴史教育者協議会, 2016.2
・「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配—清津港の建設をめぐって—」『日韓相互認識』 通巻6号, p.1-32, 「日韓相互認識」研究会, 2015.9
・「吉見裁判とは、その争点は」教育科学研究会編『教育』 通巻833号, p.51-52, かもがわ出版, 2015.6
・「植民地期の歴史を朝鮮史として書くこと」『アジア民衆史研究』 通巻20号, p.53-62, アジア民衆史研究会, 2015.5
・「朝鮮東北部・雄基港における交易の変容—一九世紀後半から一九二〇年代まで—」君島和彦編『近代の日本と朝鮮—「された側」からの視座—』, p.121-147, 東京堂出版, 2014.9
・「朝鮮植民地支配と公害―戦時期の黄海道鳳山郡を中心に―」『史海』 通巻61号, p.71-82, 東京学芸大学史学会, 2014.6
・「朝鮮東北部・咸鏡北道の社会変容—植民地期の港湾「開発」問題を中心に—」, 一橋大学大学院社会学研究科博士論文, 2014.3
・「日露戦争以降の朝鮮における軍事基地建設と地域―永興湾を対象として―」『一橋社会科学』 第5巻第号, p.29-43, 一橋大学大学院社会学研究科, 2013.11
・「日露戦争初期の朝鮮東北部―日本の介入をめぐって―」『アジア民衆史研究』 通巻18号, p.23-35, アジア民衆史研究会, 2013.10
・「歴史教育で災害史をとりあげる視点」『人民の歴史学』 通巻197号, p.41-44, 東京歴史科学研究会, 2013.9
・「2011年の歴史学界 回顧と展望 東アジア(朝鮮-近現代)」『史学雑誌』 第121巻第5号, p.255-258, 史学会, 2012.6
・「植民地期朝鮮における港湾「開発」と漁村―一九三〇年代の咸北羅津―」『人民の歴史学』 通巻190号, p.24-35, 東京歴史科学研究会, 2011.12
・「一九三〇年代朝鮮における港湾都市羅津の「開発」と地域有力者」『朝鮮史研究会論文集』 通巻49号, p.205-233, 朝鮮史研究会, 2011.10
・「植民地期朝鮮における「労働者移動紹介事業」(1934~1936)-朝鮮内労働力動員政策前史-」『日本植民地研究』 通巻23号, p.1-17, 日本植民地研究会, 2011.6
・「歴史教科書のなかの沖縄現代史」『人民の歴史学』 通巻186号, p.25-29, 東京歴史科学研究会, 2010.12
・「植民地期朝鮮における「市街地計画」-咸鏡北道羅津の事例を中心に-」『朝鮮学報』 通巻217号, p.39-70, 朝鮮学会, 2010.10

C.翻訳

・「歴史認識の転向と分岐-敗戦=解放前後の映画と教科書から見る韓国と日本のアジア太平洋戦争-」(原著:鄭在貞), 君島和彦編『歴史教育から「社会科」へ-現場からの問い-』, 東京堂出版, 2011.4

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・「日本軍「慰安婦」問題を大学でどう教えるか(How to Teach the Japanese Military 'Comfort Women' Issues at University)」, Practicing History at the Time of Crisis in Globalization Consensus(岐路に立つグローバリゼーションと歴史実践), 2017.3, 一橋大学東キャンパス第三研究館
・「朝鮮植民地支配を考える—日本の侵略と朝鮮人の主体性—(2) 地域から構想する朝鮮近代史」, 国立市公民館近現代史講座, 2017.2, 国立市公民館
・「朝鮮植民地支配を考える—日本の侵略と朝鮮人の主体性—(1) 「明治時代」は朝鮮にとってどんな時代だったか?」, 国立市公民館近現代史講座, 2017.2, 国立市公民館
・「조선식민지지배와 해항도시: 지역사연구의 가능성」, 동아시아 해항도시 국제학술회의 <해항도시, 축적된 과거와 미래의 발굴>, 2016.11, 인하대학교 개교 60주년 기념관
・「日本軍「慰安婦」問題とどう向き合うか」, 7・7平和集会 盧溝橋事件から79年, 2016.7, 北海道立道民活動センター【かでる2.7】
・「政治主体をどう論じるのか」, 日本植民地研究会大会, 2016.7, 立教大学
・「朝鮮植民地支配と地域社会—軍事基地建設・公害の視点から—」, 国立市公民館近現代史講座, 2016.3, 国立市公民館
・「日本の歴史修正主義の現状」, シンポジウム「日本の歴史修正主義の現状と在日朝鮮人~今 何が問題か 日韓『合意』を問い直す」(主催 上智大学在日コリアン学生サークル), 2016.2, 上智大学
・「吉見裁判から見る日本軍「慰安婦」問題」, 「建国記念の日」反対2016年2・11集会, 2016.2, 日本橋公会堂ホール
・「朝鮮民族運動家の日本観―1910〜20年代を中心に―」, 杉並歴史を語り合う会, 2015.12, 高井戸地域区民センター
・「植民地主義の暴力への想像力を鍛え直すために―歴史意識の現在―」, 唯物論研究協会第38回大会 シンポジウム, 2015.10, 群馬大学荒牧キャンパス
・「植民地期の歴史を朝鮮史として書くこと—趙景達『植民地朝鮮と日本』(岩波新書、2013年)に寄せて—」, アジア民衆史研究会2014年度第2回研究会, 2014.12, 明治大学グローバルフロント
・「朝鮮東北部の社会変容と植民地支配—清津港の建設をめぐって—」, 第17回日韓歴史共同研究シンポジウム, 2014.8, 一橋大学佐野書院
・「「帝国」日本と「開発主義」の系譜—公害史の再検討—」, 日韓次世代学術フォーラム第11回国際学術大会, 2014.6, 立命館アジア太平洋大学
・「清津港の「開発」と朝鮮東北部社会―日露戦争から1920年代まで―」, 「日韓相互認識」研究会, 2014.1, 一橋大学
・「朝鮮植民地支配と公害— 「開発」と地域をめぐって―」, 東京学芸大学史学会2013年度大会, 2013.6, 東京学芸大学
・「日露戦争と朝鮮の地方社会-日本軍による咸興占領以前の咸鏡道を中心に-」, アジア民衆史研究会2012年度第1回研究会, 2012.6, 明治大学
・「歴史教育で災害史をとりあげる視点」, シンポジウム歴史教科書いままでとこれからPARTⅧ, 2012.6, 出版労連本部
・「育鵬社版・自由社版歴史教科書の近現代史記述の分析-日清・日露戦争と植民地支配を中心に-」, シンポジウム歴史教科書いままでとこれからPARTⅦ, 2011.6, 東京大学
・「植民地期朝鮮における港湾「開発」と漁村-1930年代の咸北羅津-」, 東京歴史科学研究会第45回大会, 2011.5, 立教大学
・「1930年代朝鮮における港湾都市「開発」と土地収用-咸鏡北道羅津を事例に-」, 日韓次世代学術フォーラム第7回国際学術大会, 2010.6, 韓国・全南大学校
・「1930年代朝鮮における「市街地計画」の展開-咸鏡北道羅津の事例を中心に-」, 東京歴史科学研究会近代史部会, 2010.6, 一橋大学
・「1930年代朝鮮における「開発」と地域支配構造の変容-咸鏡北道羅津の港湾都市建設を事例に-」, 朝鮮史研究会関東部会月例会, 2010.5, 東京大学
・「歴史教科書のなかの沖縄現代史」, シンポジウム歴史教科書いままでとこれからPART V, 2009.3, 池袋生活産業プラザ

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) 鄭栄桓著『忘却のための「和解」—『帝国の慰安婦』と日本の責任』 (世織書房, 2016.4), 『図書新聞』 通巻3285号, 2017.1.1
・(新刊紹介)  「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター編/西野留美子・金富子・小野沢あかね責任編集≈著『「慰安婦」バッシングを超えて—「河野談話」と日本の責任』 (大月書店, 2013.6), 『同時代史研究』 通巻7号, 2014.12
・(新刊紹介) 平壌第三公立中学校総同窓会校史編纂委員会編著『平壌三中 学窓の追遠史--朝鮮植民地時代末期の中学校の教育記録』 (明石書店, 2010.1), 『人民の歴史学』 通巻184号, 2010.6

〔辞書・辞典等の項目執筆〕

・木村茂光・樋口州男編『新編 史料でたどる日本史事典』, 東京堂出版, 2012 (執筆項目:韓国併合、満州事変)

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・「吉見裁判支援運動の現在」『歴史学研究月報』, 歴史学研究会, 2015.4
・「新たな局面を迎えた吉見裁判」『歴史学研究月報』, 歴史学研究会, 2014.12
・「吉見裁判の経過と今後」『歴史学研究月報』, 歴史学研究会, 2014.8

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・日本学術振興会科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 「植民地期朝鮮における港湾都市開発と地域社会」(研究代表者), 一橋大学, 2012-2013
・日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究B), 「朝鮮植民地支配と公害」(研究代表者), 一橋大学, 2015.4.1-2018.3.31

受賞等

このページの一番上へ