ニュース/情報公開

サイトトップへ戻る

ニュース

2020年度 社会学研究科ジュニアフェロー(契約教員)募集要項

2019/11/21


社会学研究科長 稲葉 哲郎



1.採用形態  契約教員(特任講師)

2.募集人員  3名

3.任期    2か年

4.応募資格
2019年4月1日現在において61歳未満の者(1958年4月2日以降生まれの者)で、一橋大学大学院社会学研究科において2018年3月以降に学位(課程博士)を取得し博士後期課程を修了した者、または、2020年2月までに学位取得見込の者(学位が取得できなかった場合は応募資格を失う)。もしくは、同じく2019年4月1日現在において61歳未満の者(1958年4月2日以降の生まれの者)で、一橋大学社会学研究科博士後期課程を単位修得退学したのち、2018年3月以降に学位(論文博士)を取得した者、または、2020年2月までに同研究科において学位(論文博士)を取得または取得見込みの者(学位が取得できなかった場合は応募資格を失う)。なお、課程博士、論文博士を問わず、2回を上限として応募できるものとする。

5.義務・待遇
(1) 勤務は1週間(月~金曜日)につき4日以内とし、専門業務型裁量労働制(始業時刻8時30分、終業時刻17時15分を基本とする、1日7時間45分のみなし労働)とする。
(2) 下記の授業を担当する。

1.1年目、2年目:「社会研究入門ゼミナール」、もしくは「導入ゼミナールⅠ、Ⅱ」
2.2年目:学部向け講義(2単位)。講義科目や内容については、希望する6研究分野ならびに地球社会研究専攻の教員と相談のうえ開講する。
3.1年目、2年目ともティーチング・フェロー・トレーニング・コース(TF)を担当する。
同コース内の「教育技法の実践」を担当する。

(3) 期末試験、入試等について研究科長の指示のもとで学内業務に従事する。
(4) 在任中、学術雑誌等に研究成果を発表することが求められる。
(5) 給与 基本給 月額 258,333円(予定/2019年度実績:1週間につき4日間勤務した場合)
(6) 保険 社会保険および労働保険加入
(7) 研究室を支給される(3名で一室を共同使用)。
(8) 職務に支障をきたさない限り、「勤務日以外の日」及び「勤務日の基本就労時間外」に別の業務を行うことは可能。

6.出願方法
所定の応募申請書用紙を社会学研究科事務室に請求し、申請書原本1部、複写6部、 合計7部および博士論文要旨7部を紙媒体で同事務室に提出

7.出願期間  2020年1月15日(水)~2020年1月20日(月)15時

8.面接試験 
書類審査に合格した応募者に対し、2020年2月17日(月)に面接試験を行う。書類審査の合否結果、面接試験の時間割、会場等は追って通知する。

〔 付 記 〕
1.最終決定は、2020年2月下旬の予定である。
2.任期2か年とは、2020年4月1日以降採用時より2022年3月31日までのことである。ただし、本学との過去の雇用実績(RA、TA等を含む)により任期を変更する可能性がある。
3.適格者のいない場合には採用しないこともありうる。
4.詳細については社会学研究科事務室に問い合わせること。

このページの一番上へ