社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

社会学部ゼミナール

※ 当該ゼミナール情報の詳細は 本学学務情報システム・学生ポータル CELS を参照してください。

2019年度 安川 一 学部後期ゼミナール (4年)(参考)

研究室: 東本館2階207
メールアドレス:
オフィスアワー: 金曜15:15~16:00 (電子メールで事前予約のこと)
ゼミ曜日・時限: 木曜日4時限(4年演習)、木曜日5時限(3年演習)

【教授言語】

日本語

【ゼミナールの概要及び指導方法】

卒業論文の作成に向けて各自に個別研究を進めてもらうことが活動の中心です。春・夏学期は、2018年度に協働学習した感覚社会学的研究、そして、その展開として performative social research の関連文献をディスカッションしながら、学習を進めます。秋・冬学期は卒論作成に重心を置き、あわせて方法論学習を進めます。
 秋に美術館来館者(のアート体験)にかかわるフィールドワークを実施するかもしれません(3年次生といっしょ)。参加必須ではありませんし確定でもありませんが、頭のどこかに入れておいてください。

 

【卒業論文タイトル事例】

過去3年分です・・・
「アートプロジェクトに関わる人々は何を経験しているのか:大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレから見る現代の『アート体験』」
「プロサッカーの価値体系はいかにして構成されているか:オフサイドルールの正当化を巡る言説分析を通して」
「『笑い』はどこにあるのか:『笑い』の視点と実践」
「人は自分のことをどのように語るか」
「新聞における発達障害の語られ方」
「集団における評価と位置づけ:ある音楽サークルにおける自己エスノグラフィーから」
「障害者きょうだいとして生きる:当事者になる過程、家族を見守る視線」
「体験の『語りが上手くなる』ということ:東日本大震災を経験したある大学生の語りから」
「若者向け男性ファッション誌にみる男の辛さ:『MEN’S NON-NO』『smart』『FINE BOYS』を対象にして」
「Inside the Veil of Belly Dance:ベリーダンスの実践における社会的意義」
「『女子マネージャーに向いていない』から女子マネージャーになる:ボート部女子マネージャーにみる組織社会化」
「ダイエットについて考える:やせへの関心と健康への関心」
「“つぶやき” その行為の意味するもの:“わたし” は誰に向けられているか」
「読者と読書の実態:インターネット読者コミュニティの発言ログ分析」
「創作と共有のめざすもの:ニコニコ動画『うp主』の語りより」
「『奇抜』が魅力となるとき:習性への反抗」

【後期ゼミ用オフィスアワー】

1月以降、毎週金曜日15:30から。ただし要事前約束です。【※2月8日追加→】ゼミ参加をご希望の方は、必ず事前に面談にいらしてください。電子メールで約束のうえ、3月22日までの月〜金曜日の午後に。

【オープン・ゼミの実施予定など】

3年次ゼミ(木5@東本館研究室)への参加を認めます。ただし各回3人までの事前予約制です【※予約は前日17:00までに終えてください】。また、卒業論文合評会に参加を認めることがあります。2月7日(木)13:00-15:20、16:00-17:10、@東本館113室にて。前日17:00までに、安川宛、希望をお知らせください。発表途中の入退室は一切不可です。

このページの一番上へ