数土 直紀 (すど・なおき)

教授 、1965年生
総合社会科学専攻:社会動態研究分野(社会調査・社会学)

研究室:磯野研究館4階416
オフィスアワー:木曜13:00~15:00 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

社会学 計量社会学 数理社会学 

現在の研究テーマと今後の抱負

現在は、社会変動が人びとの意識や行動に与える影響を計量的あるいは数理的な手法をもちいて解明することを目指しています。具体的には、高齢化やグローバル化といった社会変化によって人びとの階層意識や主観的な幸福感がどう変化し、翻ってそれらが私たちの社会全体に対するイメージをどう変えてしまったのか(たとえば、中流社会から格差社会への変化など)、その過程を明らかにしたいと考えています。

担当科目

社会学研究科・社会学部の講義情報・ゼミ情報詳細は本学学務情報システム(CELS)を参照してください。

大学院:

専攻 分野/科目群 科目名 学期
総合社会科学専攻社会動態研究分野社会学秋・冬
総合社会科学専攻社会動態研究分野社会調査 I春・夏
総合社会科学専攻社会動態研究分野リサーチワークショップ通年
大学院ゼミナール [ 2022年度版案内2021年度版案内 ]

学部:

科目区分 科目名 学期
社会学科導入科目社会科学概論Ⅰ 
社会動態研究分野量的データ解析法 I秋・冬
学部後期ゼミナール [ |2021年度版案内(3年), 2021年度版案内(4年) ]

学歴

1989年3月、東京大学文学部社会学専修課程を卒業。
1994年3月、東京大学大学院社会学研究科博士課程を単位取得退学。
1995年2月、東京大学大学院社会学研究科にて博士(社会学)号を取得。

学位

博士(社会学)

職歴

1994年 - 1995年 信州大学人文学部 講師
1995年 - 1998年 信州大学人文学部 助教授
1998年 - 2001年 学習院大学法学部 助教授
2001年 - 2021年 学習院大学法学部 教授
2021年 - 現在 一橋大学大学院社会学研究科 教授

主要業績
A.著書・共著等

・有田伸・数土直紀・白波瀬佐和子編『少子高齢社会の階層構造3 人生後期の階層構造』(共編著), 東京大学出版会, 2021.9.3
・Carola Hommerich・数土直紀・吉川徹 (ed.) Social Change in Japan, 1989-2019: Social Status, Social Consciousness, Attitudes and Values (coedit), Routledge, London., 2021.1
・数土直紀編『格差社会のなかの自己イメージ』(編著), 勁草書房, 2018.2
・遠藤薫編『ソーシャルメディアと公共性』(共著), 東京大学出版会, 2018.1
・Endo K., Kurihara S., Kamihigashi T., Toriumi F. (ed.) Reconstruction of the Public Sphere in the Socially Mediated Age (co-author), Springer, Singapore., 2017.11
・桂木隆夫・John C. Maher編『言語復興の未来と価値』(共著), 三元社, 2016.12
・数土直紀編『社会意識からみた日本 階層意識の新次元』(編著), 有斐閣, 2015.3
・『信頼にいたらない世界 権威主義から公正へ』, 勁草書房, 2013.11
・米村千代・数土直紀編『社会学を問う 規範・理論・実証の緊張関係』(共編著), 勁草書房, 2012.12
・斎藤友里子・三隅一人編『現代の階層社会 3  流動化の中の社会意識』(共著), 東京大学出版会, 2011.6
・『日本人の階層意識』, 講談社, 2010.7
・『階層意識のダイナミクス なぜ、それは現実からずれるのか』, 勁草書房, 2009.1
・河野勝編『制度からガヴァナンスへ』(共著), 東京大学出版会, 2006.1
・今田高俊・数土直紀編『『数理社会学シリーズ1 数理社会学入門』(共編著), 勁草書房, 2005.2
・『自由という服従』, 光文社, 2005.1
・土場学・ 小林盾・佐藤嘉倫・数土直紀・三隅一人・渡邊勉編『社会を<モデル>でみる数理社会学への招待』(共編著), 勁草書房, 2004.3
・西原和久編『社会学理論の<可能性>を読む』(共著), 情況出版, 2001.7
・『理解できない他者と理解されない自己寛容の社会理論』, 勁草書房, 2001.3
・『自由の社会理論』, 多賀出版, 2000.2
・井上俊・上野千鶴子・大澤真幸・見田宗介・吉見俊哉編『現代社会学の理論と方法』(共著), 岩波書店, 1997.3

B.論文(94年以降)

・“The positive and negative effects of the COVID-19 pandemic on subjective wellbeing and changes in social inequality: Evidence from prefectures in JapanSSM - Population Health 17, p.101029, Elsevier B.V., 2022.3
・“Two Latent Groups Influencing Subjective Social Status: Middle Class Tendency and Clear Class ConsciousnessSocial Indicators Research 158(3), p.1045-1064, Springer, 2021.12
・“Impact of COVID-19 Pandemic on Household Income and Mental Well-Being: Evidence from a Panel-Survey in Japan” (co-author) 理論と方法 36(2), p.259-277, 数理社会学会, 2021.9
・“Two Types of Support for Redistribution of Wealth: Consistent and Inconsistent Policy PreferencesSocieties 10(2), MDPI, 2020.6
・“Why Do Advantaged People Feel Unhappy? Effects of Materialistic Values on Subjective Well-BeingSocius: Sociological Research for a Dynamic World 5, Sage, 2019.6
・“Why do the Japanese still see themselves as middle-class? Impact of socio-structural changes on status identification” Social Science Japan Journal 22(1), p.25-44, Oxford University Press, 2019.3
・“The Effects ofWomen’s Labor Force Participation: An Explanation of Changes in Household Income Inequality” Social Forces 95(4), p.1427-1450, Oxford University Press, 2017.6
・“Social Networks of Trust Based on Social Values: An Explanation of Crvilinear Relationships between Generalized Trust and Democracy” Journal of Mathematical Sociology 41(4), p.193-219, Taylor and Francis, 2017
・「人への信頼、システムへの信頼、何が異なるのか?」『現代社会学理論研究』 通巻10号, p.17-30, 2016.3
・「複合する社会メカニズムの解明 性別役割意識の変化を例に」『理論と方法』 第31巻第1号, p.2-19, 数理社会学会, 2016.3
・「未婚者の階層意識 結婚は地位達成なのか?」『理論と方法』 第27巻第2号, p.225-242, 数理社会学会, 2012.9
・「現実から乖離する社会意識」『思想』 2009年10月号, 岩波書店, 2009.9
・「戦後日本における階層帰属意識のダイナミクス」『理論と方法』 第24巻第1号, p.41-56, 数理社会学会
・「信頼はどこからやってくるのか」『社会学研究』 通巻84号, p.103-128, 東北社会学研究会, 2008.11
・「階層意識に現れる性ー権力」『学習院大学法学会雑誌』 第39巻第1号, p.15-38, 学習院大学法学会, 2003.9
・「社会階層による社会認識の歪み」『学習院大学法学会雑誌』 第38巻第2号, p.49-70, 学習院大学法学会, 2003.3
・「最小限の合意の可能性」『社会学評論』 第50巻第4号, p.496-508, 日本社会学会, 2003.3
・「男性の階層帰属意識に対する社会的地位の複合的な効果」『行動計量学』 第26巻第2号, p.125-132, 日本行動計量学会, 1999.9
・「権力構造の発生モデル」『理論と方法』 第12巻第2号, p.163-179, 数理社会学会, 1998.7
・「権力と利他主義」『理論と方法』 第13巻第2号, p.169-182, 数理社会学会
・「合理的な差別の不可能性 メリトクラシーに関する覚え書き」『人文科学論集  <人間情報学科編>』 通巻30 号, p.27-41, 信州大学人文学部, 1996.3
・「公式権力のパラドックス」『理論と方法』 第10巻第2号, p.165-179, 数理社会学会, 1995.12
・「現実不適合的なモデルの意味」『人文科学論集』 通巻29号, p.41-54, 信州大学人文学部, 1995.3
・「コミュニケーションによる相互理解の可能性」『ソシオロゴス』 通巻18号, p.106-119, ソシオロゴス編集委員会, 1994.7
・「存在と時間の社会理論 一つのギデンズ解釈」『年報社会学論集』 通巻7号, p.201-212, 関東社会学会, 1994.6
・「制度を支える自由 ギデンズの構造化理論を手がかりにして」『社会学評論』 第45巻第1号, p.2-15, 日本社会学会, 1994.6

C.翻訳

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・「新型コロナウィルス流行期におけるオンラインパネル調査データの分析(1) 世帯収入の変化とその規定因」, 第94 回日本社会学会大会, 2021.11, オンライン
・「新型コロナウィルス流行期におけるオンラインパネル調査データの分析(2) ウェルビーイングの変化とその階層的差異」, 第94回日本社会学会大会, 2021.11, オンライン
・“The Latent Structure of Subjective Well-being: Evidence from Japan and European Countries”, The 13th International Network of Analytical Sociologists Conference, 2021.5, Online
・“Support for Social Policies among Communities: A computer simulation approach to divided opinion”, IV International Sociological Association Forum of Sociology, 2021.2, Online
・“What Generates Differences in Subjective Well-Being Among European Countries? Exploring Latent Structure of Life Satisfaction”, American Sociological Association’s 115th Annual Meeting, 2020.8, Online
・“Invisible Polarization in Subjective Social Status: Two mechanisms determining class identification”, American Sociological Association’s 114th Annual Meeting, 2019.8, New York
・“Why Do Advantaged People Feel Unhappiness? Effects of Meritocratic Values on Subjective Wellbeing”, The 2018 American Sociological Association Annual Meeting, 2018.8, Philadelphia
・「Effects of Regional Inequality on Political Attitudes: Regional Polarization Accelerated through Aging Population and Globalization in Japan」, XIX International Sociological Association World Congress of Sociology, 2018.7, Toronto
・“Supporting Redistribution Policies and Market Principle Simultaneously: How to Shape Conflicting Political Beliefs”, XIX International Sociological Association World Congress of Sociology, 2018.7, Toronto
・“How to Make Contradictory Beliefs in Social Policy: An Analysis of Political Attitudes Based on Empirical Data and Computer Simulations”, The 11th International Network of Analytical Sociologists Conference, 2018.6, Pal Alto, CA
・“Which Changes Count? An Analysis of the Drivers of Japan’s ’Quiet Transformation”, Asian Studies Conference Japan 2018,, 2018.6, 国際基督教大学
・「社会学におけるモデルの役割について 理論と実証を架橋する」, 第90回日本社会学会大会, 2017.11
・「高齢化が政治的態度に及ぼす影響について 2015 年SSM 調査データをもちいて」, 第64 回数理社会学会大会, 2017.9
・“Same Opinion, but Different Reasons: Why do Japanese people support market principles?”, The 2017 American Sociological Association Annual Meeting, 2017.8, Montreal
・“How will Aging Communities Affect Japan? Neighborhood Effects on Japanese Political Attitudes”, The 10th International Network of Analytical Sociologists Conference, 2017.6, Oslo
・“Does Educational Status Function as Human Capital or as a Signal of Abilities?”, The 2016 American Sociological Association Annual Meeting, 2016.8, Seattle
・“Does the Internet Make People Conservative? : Effects of the Internet on Citizens’ Political Attitudes and Their Rational Basement”, The Third International Sociological Association Forum of Sociology, 2016.7, Vienna, Austria
・「人への信頼、制度への信頼、何が異なるのか?」, 第10 回 日本社会学理論学会, 2015.9
・「複合する社会メカニズムの解明 一般的信頼,性別役割意識を例にして」, 第60 回数理社会学会大会, 2015.8
・“Social Networks of Trust Based on Social Values”, The 8th International Network of Analytical Sociologists Conference, 2015.6, Cambridge, MA
・「格差社会の階層イメージ SSM1985 とSSP-I2010 との比較を通して」, 第87 回 日本社会学会大会, 2014.11
・“The Complicated Relationship between Generalized Trust and Democracy”, XVIII International Sociological Association World Congress of Sociology, 2014.7, 横浜
・「一般的信頼と高等教育の重層的関係 2005 年SSM 調査データをもちいた分析から」, 第86 回日本社会学会大会, 2013.10
・「公的な制度に対する信頼の二つのタイプ 2005 年世界価値観調査データをもちいた分析から」, 第56 回数理社会学会大会, 2013.8
・「結婚が地位として意識されるとき 晩婚化が階層帰属意識に与えた影響」, 第85 回日本社会学会大会, 2012.11
・“Two Types of Generalized Trust”, The 5th Japan-North America Mathematical Sociology Conference, 2012.8
・「女性の労働参加が所得格差に与える影響について 数理モデルによる検討」, 第53 回数理社会学会大会, 2012.3
・「社会意識がもつ時間の厚みについて 階層帰属意識の変化のシミュレーションによる再現」, 第51 回数理社会学会大会, 2011.3
・「階層意識の多次元的構成 階層構造・時間・空間」, 第50 回数理社会学会大会, 2010.9
・「旅館経営にみる社会関係資本」, 第47 回数理社会学会大会, 2009.3
・「<中>意識のダイナミクス」, 第81 回日本社会学会大会, 2008.11
・“Dynamics of Class Identity in Postwar Japan”, The 4th Japan-North America Mathematical Sociology Conference, 2008.5, Redondo Beach, CA.
・「階層帰属意識と結婚 「個人・家族」論争が見落としていたもの」, 第43 回数理社会学会大会, 2007.3
・“Independency of Political Power from Legitimacy”, The Japan-North America Joint Conference on Mathematical Sociology, 2002.5, Vancouver
・「所属階層が社会全体への個人評価に及ぼす影響 階層帰属意識を媒介変数として」, 第29 回数理社会学会大会, 2000.3
・「誰が構造を選択するのか?」, 第27 回数理社会学会大会, 1999.3
・「従属させる権力/逸脱させる権力」, 第71 回日本社会学会大会, 1998.11
・「権力構造の発生モデル」, 第70 回日本社会学会大会, 1997.11
・「学歴が階層意識に与える影響とその性差」, 第23 回数理社会学会大会, 1997.3
・「合理的な差別を可能にする条件」, 第69 回日本社会学会大会, 1996.11
・「行動主義は否定されたのか? 『制度論の構図』を読む」, 第21 回数理社会学会大会, 1996.3
・「合理的に差別する社会の不可能性」, 第68 回日本社会学会大会, 1995.9
・「現実不適合的なモデルの意味」, 第67 回日本社会学会大会, 1994.11

〔研究・調査報告書〕

・小林大祐編『2015 年SSM 調査報告書』(共著), 2015 年SSM 調査研究会, 2018.3
・轟亮編『階層意識の現在(2005 年SSM 調査シリーズ8)』(共著), 2005 年SSM 調査研究会, 2008.3
・貯蓄行動と貯蓄意識に関する調査研究会編『第6回貯蓄行動と貯蓄意識に関する調査報告書』, 貯蓄行動と貯蓄意識に関する調査研究会, 1998.6
・間々田孝夫編『現代日本の階層意識(1995 年SSM 調査シリーズ6)』, 1995 年SSM 調査研究会, 1998.3

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) 橋本健二著『新・日本の階級社会』 (講談社, 2018.1), 『Social Science Japan Journal』 第23巻第2号, 2020.7
・(書評) David Chiavacci and Carola Hommerich eds著 Social Inequality in Post-growth Japan: Transformation During Economic and Demographic Stagnation (Routledge, 2016.8), 『理論と方法』 第32巻第1号, 2017.3
・(書評) 金野美奈子著『ロール ズと自由な社会のジェンダー 共生への対話』 (勁草書房, 2016.8), 『現代社会学理論研究』 通巻11号, 2017.3
・(書評) 宮島喬・舩橋晴俊・ 友枝敏雄・遠藤薫著『グローバリゼーションと社会学 モダニティ・グローバリ ティ・社会的公正』 (ミネルヴァ書房, 2013.7), 『現代社会学理論研究』 通巻8号, 2014.3
・(書評) 森大輔著『ゲーム理論で読み解く国際法』 (勁草書房, 2010.12), 『理論と方法』 第26巻第2号, 2011.9
・(書評) 筒井淳也著『親密性の社会学』 (世界思想社, 2008.1), 『社会学評論』 第59巻第3号, 2008.12
・(書評) 鈴村 興太郎・宇佐美誠・金 泰昌著『世代間関係から考える公共性』 (東京大学出版会, 2006.8), 『公共的良識人』 2006年12月号, 2006.12
・(書評) 富永健一 編著『理論社会学の可能性』 (新曜社, 2006.1), 『理論と方法』 第21巻第2号, 2006.9
・(書評) ジェフリー・G. ウィリアムソン著『不平等、貧困と歴史』 (ミネルヴァ書房, 2003.6), 『社会学評論』 第54巻第4号, 2004.2
・(書評) 河野勝著『制度』 (東京大学出版会, 2002.9), 『レヴァイアサン』 通巻33号, 2003.10
・(書評) アンソニー・ギデンズ著『近代とはいかなる時代か』 (而立書房, 1993.12), 『理論と方法』 第10巻第1号, 1995.4

〔辞書・辞典等の項目執筆〕

・日本社会学会理論応用事典刊行委員会編『日本社会学理論応用事典』, 丸善出版, 2017.7 (執筆項目:集団連帯の合理的根拠)
・友枝敏雄・浜日出夫・山田真茂留編『社会学の力 最重要概念・命題集』, 有斐閣, 2017.6 (執筆項目:リベラリズムとコミュニタリアニズム, 信頼)
・一般社団法人社会調査協会編『社会調査事典』, 丸善出版, 2014.1 (執筆項目:階級・階層意識)
・大澤 真幸・吉見 俊哉・鷲田 清一・見田 宗介編『現代社会学事典』, 弘文堂, 2012.12 (執筆項目:階級意識他10項目)
・日本社会学会社会学事典刊行委員会編『社会学事典』, 丸善出版, 2010.6 (執筆項目:社会意識の階層差)
・見田 宗介・上野 千鶴子・内田 隆三・佐藤 健二・吉見俊哉・大澤真幸編『社会学文献事典』, 弘文堂, 1998.2 (執筆項目:オルソン『集合行為論』)

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・「階層意識から格差問題を考える 一億総中流意識はどのように変 化したのか?!」『JSHRM Insights』, 日本人材マネジメント協会, 2016.7
・「随想:信頼とは確率的な予測だろうか?」『TASC Monthly』, (財) たばこ総合研究センター, 2012.8
・「よい判断による悪い結果について」『TASC Monthly』, (財) たばこ総合研究センター, 2011.1
・「「一億総中流」から「格差社会」へ」『北海道新聞』, 2010.10.23夕刊
・「”みえている”ものはみえない」『本』, 講談社, 2010.7
・「標本数?」『日本語学』, 明治書院, 2006.9
・「他者性が露わになるとき 国際スポーツ大会における誤審問題」『創文』, 創文社, 2002.10

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・基盤研究B, 「社会的危機状況下における人びとの意識の変容とその階層差に関する社会学的解明」(研究代表者), 一橋大学, 2021.4.1-2024.3.31
・基盤研究A, 「階層意識全国調査の時系列データの収集と標本抽出WEB調査法の確立」(研究分担者), 大阪大学, 2019.4.1-2024.3.31
・基盤研究A, 「少子高齢社会における階層構造メカニズムに関する実証研究」(研究分担者), 東京大学, 2018.4.1-2021.3.31
・基盤研究A, 「平成期の社会意識の趨勢の計量的解明」(研究分担者), 大阪大学, 2016.4.1-2019.3.31
・基盤研究A, 「少子化社会におけるライフコース変動の実証的解明:混合研究法アプローチ」(研究分担者), 成蹊大学, 2015.4.1-2019.3.31
・特別推進研究, 「少子高齢化からみる階層構造の変容と格差生成メカニズムに関する総合的研究」(研究分担者), 東京大学, 2013.4.1-2018.3.31
・基盤研究C, 「社会構造の変動が社会意識に与える影響の数理・計量的分析」(研究代表者), 学習院大学, 2012.4.1-2015.3.31
・基盤研究S, 「現代日本における階層意識と格差の連関変動過程の実証的解明」(研究分担者), 大阪大学, 2011.4.1-2016.3.31
・基盤研究C, 「階層意識形成過程の数理社会学的解明」(研究代表者), 学習院大学, 2009.4.1-2012.3.31
・基盤研究A, 「高齢化社会の公共性と共同性の基盤的構想に関する社会学的総合研究」(研究分担者), 東京大学, 2002.4.1-2006.3.31
・基盤研究B, 「秩序問題への進化ゲーム理論的アプローチ」(研究分担者), 帝京大学, 2002.4.1-2005.3.31
・基盤研究B, 「社会理論の実践的可能性の探究」(研究代表者), 学習院大学, 2001.4.1-2004.3.31
・奨励研究A, 「権力現象の形式化に関する数理社会学的研究」(研究代表者), 信州大学, 1997.4.1-1999.3.31
・基盤研究A, 「社会的選択理論の社会学的展開」(研究分担者), 横浜国立大学, 1995.4.1-1998.3.31

受賞等

研究室所属の大学院生

博士後期課程:1 名
修士課程:5 名




このページの一番上へ