森村 敏己 (もりむら・としみ)

教授  1960年生
総合社会科学専攻
歴史社会文化研究分野(社会思想史、ヨーロッパ史 )

研究室:第1研究館1階1102
オフィスアワー:火曜13:30~14:30 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

18 世紀フランス思想史、とくに奢侈論、商業と貴族

現在の研究テーマと今後の抱負

現在のテーマは18 世紀フランスの奢侈論争および「商業と貴族」。前者は奢侈をめぐって生じた論争を中心に、宗教道徳、貴族的価値観、倫理規範としての古代共和制といった諸要素が揺らぎ、再検討と批判の対象となっていく様相を探ることを目的としている。また、後者のテーマの狙いは、貴族が商業に従事することにの是非を問う議論を取り上げることで、革命前のフランス社会が直面していた課題を身分秩序との関連で理解することである。いずれもアンシャン・レジーム末期におけるフランスの社会的変化に思想史の方向からアプローチすることを目指している。

担当科目

社会学研究科・社会学部の講義情報・ゼミ情報詳細は本学学務情報システム(CELS)を参照してください。

大学院:

専攻 分野/科目群 科目名 学期
総合社会科学専攻社会文化研究分野リサーチワークショップ通年
大学院ゼミナール [ 2022年度版案内2021年度版案内 ]

学部:

学部後期ゼミナール [ |2022年度版案内(3年), 2022年度版案内(4年) ]

学歴

1983年 3月 一橋大学商学部卒業
1983年 4月 一橋大学社会学研究科修士課程入学
1984年10月 ナント大学人文学部留学(85年 6月まで)
1986年 3月 一橋大学社会学研究科修士課程修了
1986年 4月 一橋大学社会学研究科博士課程進学
1988年10月 オート・ノルマンディ大学人文学部留学(89年 9月まで)
1990年 3月 一橋大学社会学研究科博士課程単位取得退学

学位

修士号(1986年 社会学修士、一橋大学)
D.E.A.(1989年 オート・ノルマンディ大学)

職歴

1990年 4月 一橋大学社会学部助手(91年 3月まで)
1991年10月 日本学術振興会特別研究員(93年 3月まで)
1994年10月 一橋大学社会学部専任講師
1996年 4月 一橋大学社会学部助教授
2000年 4月 一橋大学大学院社会学研究科助教授に配置替え
2006年4月 一橋大学大学院社会学研究科教授

業績一覧(researchmap のページへ移動します)

https://researchmap.jp/read0183949

研究室所属の大学院生

博士後期課程:7 名
修士課程:1 名




このページの一番上へ