宮本 百合 (みやもと・ゆり)

教授
総合社会科学専攻
超域社会研究分野(社会心理学、文化心理学)

https://www.miyamotoyuri.com/ja
研究室:東本館2階205
オフィスアワー:木曜昼休み (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

社会心理学、文化心理学

現在の研究テーマと今後の抱負

人の物の見方や感じ方といった心理傾向は、社会や文化を構築する一方で、その社会・文化的文脈によっても影響を受けているという相互作用が存在している。そうした社会・文化的文脈と心との関係を、行動指標・生理指標などを用いた行動実験や質問紙調査などを行い、解き明かそうとしている。具体的には、1)感情や認知の文化的基盤と健康への影響、2)文化と社会的階層が心理傾向に与える影響、3)異文化・多文化の影響などが、現在の研究テーマである。これらの研究を通じて、日本の社会・文化的文脈に根差した感情・心の理論を構築し、検証していくことが今後の目標である。

担当科目

社会学研究科・社会学部の講義情報・ゼミ情報詳細は本学学務情報システム(CELS)を参照してください。

大学院:

専攻 分野/科目群 科目名 学期
総合社会科学専攻人間行動研究分野社会心理学秋・冬
総合社会科学専攻人間行動研究分野Cultural Psychology
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 科目名 学期
社会学科導入科目社会研究入門ゼミナール(宮本 百合)秋・冬
人間行動研究分野Cultural Psychology
学部後期ゼミナール

学歴

1998年 京都大学 総合人間学部 卒業
2001年 京都大学 人間・環境学研究科 修士課程修了
2006年 ミシガン大学 心理学部 博士課程修了

学位

Ph.D.(2006年、ミシガン大学心理学部)

職歴

2006年 京都大学 教育学研究科 日本学術振興会特別研究員 PD
2006年 ウィスコンシン大学マディソン校 心理学部 助教授
2012年 ウィスコンシン大学マディソン校 心理学部 准教授
2017年 ウィスコンシン大学マディソン校 心理学部 教授
2019年 一橋大学 社会学研究科 特任教授
2020年 一橋大学 社会学研究科 教授

業績一覧(researchmap のページへ移動します)

https://researchmap.jp/miyamotoy

研究室所属の大学院生

博士後期課程:0 名
修士課程:1 名




このページの一番上へ