教員紹介

サイトトップへ戻る

宮本 百合 (みやもと・ゆり)

教授
総合社会科学専攻:人間行動研究分野(社会心理学、文化心理学)

研究室:東本館2階218
オフィスアワー:Zoom上にて木曜日の昼休み (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

社会心理学、文化心理学

現在の研究テーマと今後の抱負

人の物の見方や感じ方といった心理傾向は、社会や文化を構築する一方で、その社会・文化的文脈によっても影響を受けているという相互作用が存在している。そうした社会・文化的文脈と心との関係を、行動指標・生理指標などを用いた行動実験や質問紙調査などを行い、解き明かそうとしている。具体的には、1)感情や認知の文化的基盤と健康への影響、2)文化と社会的階層が心理傾向に与える影響、3)異文化・多文化の影響などが、現在の研究テーマである。これらの研究を通じて、日本の社会・文化的文脈に根差した感情・心の理論を構築し、検証していくことが今後の目標である。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻人間行動研究分野4301社会心理学秋・冬木  4
総合社会科学専攻人間行動研究分野4322Cultural Psychology火 金2
総合社会科学専攻人間行動研究分野4323リサーチワークショップ通年集中   
大学院ゼミナール [ 2020年度版案内 ]

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会学科導入科目40120社会研究入門ゼミナール(宮本 百合)秋・冬木  1
人間行動研究分野43202社会心理学 II (心理的分野)火 金4
人間行動研究分野47314Cultural Psychology火 金2

学歴

1998年 京都大学 総合人間学部 卒業
2001年 京都大学 人間・環境学研究科 修士課程修了
2006年 ミシガン大学 心理学部 博士課程修了

学位

Ph.D.(2006年、ミシガン大学心理学部)

職歴

2006年 京都大学 教育学研究科 日本学術振興会特別研究員 PD
2006年 ウィスコンシン大学マディソン校 心理学部 助教授
2012年 ウィスコンシン大学マディソン校 心理学部 准教授
2017年 ウィスコンシン大学マディソン校 心理学部 教授
2019年 一橋大学 社会学研究科 特任教授
2020年 一橋大学 社会学研究科 教授

主要業績
A.著書・共著等

・S. Kitayama & D. Cohen (ed.) Handbook of Cultural Psychology (2nd Ed.)(分担執筆), Guilford, 2019
・J. Spencer-Rodgers, & K. Peng (ed.) The Psychological and Cultural Foundations of East Asian Thinking: Contradiction, Change, and Holism(分担執筆), Oxford, 2018
・C. Ryff & R. Krueger (ed.) Oxford Handbook of Integrative Health Science(分担執筆), Oxford, 2018
・子安増生・楠見孝・斎藤智・野村理朗編『教育認知心理学の展望』(分担執筆), ナカニシヤ出版, 2016
・下山晴彦編『誠信心理学辞典新版』(分担執筆), 誠信書房, 2014
・G. A. Fava & C. Ruini (ed.) Increasing Psychological Well-being in Clinical and Education Settings: Interventions and Cultural Contexts(分担執筆), Springer, 2014
・D. Reisberg (ed.) Oxford Handbook of Cognitive Psychology(分担執筆), Oxford, 2013
・J. DeLamater & A. Ward (ed.) Handbook of Social Psychology (2nd Ed.)(分担執筆), Springer, 2013

B.論文(94年以降)

・“Does materialism hinder relational well-being? The role of culture and social motives” (co-author) Journal of Happiness Studies, 2020
・“A cultural perspective on functional limitations and well-being” (co-author) Personality and Social Psychology Bulletin, 2020
・“Feeling excited or taking a bath: Do distinct pathways underlie the positive affect-health link in the US and Japan?” (co-author) Emotion 20, p.164-178, 2020
・“Feeling bad is not always unhealthy: Culture moderates the link between negative affect and diurnal cortisol profiles” (co-author) Emotion 20, p.721-733, 2020
・“Cultural and life style practices associated with low inflammatory physiology in Japanese adults” (co-author) Brain, Behavior, and Immunity 90, p.385-392, 2020
・“Protestant and Buddhist differences in noninfluence strategies of emotion regulation and their links to depressive symptoms” (co-author) Emotion 20, p.804-817, 2020
・, 2019年以前の論文は以下を参照:https://researchmap.jp/miyamotoy

C.翻訳

D.その他(94年以降)

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・国際共同研究加速基金(帰国発展研究), 「無常観と感情様式」(研究代表者), 日本学術振興会, 2021
・Standard Grant, 「Cognitive, physiological, and mental health implications of cultural variation in emotion systems」(研究代表者), National Science Foundation, 2019

受賞等

・Fellow, Association for Psychological Science, 2018
・Fellow, Society for Personality and Social Psychology, 2018
・国際賞奨励賞, 日本心理学会, 2018
・優秀論文賞(Uchida, Y., Ueno, T., & Miyamoto, Y. (2014). You were always on my mind: The importance of “significant others” in the attenuation of retrieval‐induced forgetting in Japan. Japanese Psychological Research, 56, 263-274.に対して), 日本心理学会, 2015
・Award for Excellence in Teaching, Department of Psychology, University of Wisconsin-Madison, 2010
・UROP Faculty Awards for Outstanding Research Mentorship, Undergraduate Research Opportunity Program, University of Michigan, 2006
・Philip Brickman Memorial Prize for Research in Social Psychology, Department of Psychology, University of Michigan, 2005

研究室所属の大学院生

博士後期課程:0 名
修士課程:0名




このページの一番上へ