井頭 昌彦 (いがしら・まさひこ)

教授  1975年生
総合社会科学専攻
歴史社会文化研究分野(哲学・倫理学)

研究室:第2研究館4階412
オフィスアワー:火曜昼休み(予約あれば随時) (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

大枠としては分析哲学。
科学哲学(社会科学/人文学)、認識論、言語哲学(推論主義的意味論)、分析形而上学(メタ存在論)、メタ哲学(哲学的自然主義/プラグマティズム)、ロボット工学の哲学などに関心があります。

現在の研究テーマと今後の抱負

 研究のメインフィールドは分析哲学で、「哲学と科学の連続性」をスローガンとして掲げる哲学的自然主義をベースに、認識論・存在論・科学哲学の諸問題に取り組んできました(ただし、私自身の立場としては、「哲学と科学の連続性」自体は受け入れつつも、科学主義や物理主義といった狭隘な立場とは一線を画した「多元論的自然主義」という立場を採用しています)。この取り組みは、今後の研究の軸の一つとして継続していきたいと考えています。

 学位取得後、ロボット工学・社会心理学・認知神経科学といった異分野の研究者と密接な交流を持つ機会があり、学際融合研究の面白さと発展性に改めて気づかされました。最近では、異分野の研究者と問題意識を共有した上で相互に知見を提供しあいながら研究を行う「応用哲学」的な取り組みも進めていますが、これまでにない新しい哲学研究の可能性が開けているように感じます。こういった取組みについても、純粋哲学的な研究と平行して力を入れていきたいと考えています。

担当科目

社会学研究科・社会学部の講義情報・ゼミ情報詳細は本学学務情報システム(CELS)を参照してください。

大学院:

専攻 分野/科目群 科目名 学期
総合社会科学専攻社会文化研究分野社会哲学秋・冬
総合社会科学専攻社会文化研究分野リサーチワークショップ通年
研究科共通科目研究基礎科目社会科学研究の技法春・夏
研究科共通科目先端社会科学先端課題研究19通年
大学院ゼミナール [ 2022年度版案内2021年度版案内 ]

学部:

科目区分 科目名 学期
社会学科導入科目哲学概論
学部後期ゼミナール [ |2022年度版案内(3年), 2022年度版案内(4年) ]

学歴

1998年3月 東北大学理学部物理学科(生物物理学研究室) 卒業
2001年3月 東北大学文学部人文社会学科 卒業
2003年3月 東北大学大学院文学研究科(哲学) 博士課程前期二年の課程 修了
2008年9月 東北大学大学院文学研究科(哲学) 博士課程後期三年の課程 修了

学位

2008年9月 博士(文学/東北大学)

職歴

2005年4月–2007年3月 日本学術振興会・特別研究員(DC2)
2008年7月-2010年3月 大阪大学大学院生命機能研究科 特任研究員
            (文部科学省科学技術振興調整費・
             先端融合領域イノベーション創出拠点の形成
            「生体ゆらぎに学ぶ知的人工物と情報システム」)
2010年4月-2011年3月 大阪大学大学院人間科学研究科 特任助教
            (GCOEプログラム「認知脳理解に基づく未来工学創成」)
2011年4月-2014年3月 一橋大学大学院社会学研究科 専任講師
2011年4月–       大阪大学大学院基礎工学研究科・招聘准教授(2018年3月まで)
2014年4月-2018年3月 一橋大学大学院社会学研究科 准教授
2018年4月より現職

業績一覧(researchmap のページへ移動します)

https://researchmap.jp/7000019022

研究室所属の大学院生

博士後期課程:8 名
修士課程:9 名


研究室構成員の詳細(公開希望者のみ)

松井隆明(学振PD/言語哲学・哲学の方法論・20世紀哲学史)
守博紀(博士研究員/倫理学・批判理論・アドルノ)
岩田健祐(博士課程院生・学振DC2/ドイツ観念論・美学)
須田悠基(博士課程院生/分析哲学・言語哲学・真理論・メタ認識論)
遠藤進平(博士課程院生/形而上学・論理学・哲学方法論)
濵本鴻志(博士課程院生/言語哲学・心の哲学)
村山正碩(博士課程院生/分析美学・コリングウッド)
飯川遥(修士課程院生/言語哲学・心の哲学)
原虎太郎(修士課程院生/分析美学)
坪井祥吾(修士課程院生/形而上学)


このページの一番上へ