本サイト 一橋大学機関リポジトリ(HERMES-IR)

『一橋社会科学』は、一橋大学大学院社会学研究科の紀要として、『社会学研究』(1956-2006年)を引き継いで2007年1月に創刊された学術誌です。2009年10月より電子版に重心を置いた新たな刊行形態へと移行しました。

本誌の特徴
(1) 社会科学全般・歴史学・哲学その他先端的イシューに関する研究を幅広くカバーしている
(2) 本研究科教員による「寄稿」の他、外部査読を含む厳正な審査を通過した大学院生による「投稿」から構成されている
(3) 電子版では柔軟かつ迅速な刊行を実現している
(4) 年1回冊子版を刊行することで、本誌の利用環境の多様性に配慮している

論文検索

論文名検索
著者名検索

最新の発行論文

 堂免 隆浩  Takahiro Domen
市民による管理運営を前提とした遊休公共用地の活用 ――持続的な多目的広場を実現させる市民グループの特性および条件――
Putting Unused Public Land to Practical Use: The Organizational Characteristics of Grassroots Groups That Have the Capacity to Maintain and Manage Sustainable Multi-purpose Squares
2017年01月 発行

[ 要旨 | 本文 ]


 田口 ローレンス吉孝  Lawrence Yoshitaka Taguchi
現代日本社会の「ハーフ」をめぐるライフストーリー分析――コンネルの制度論による家族・学校・職場・街頭に関する考察――
The Life Stories of Hafu in Japan: Family, School, Work, and the Street
2016年12月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 加藤 圭木  Keiki Kato
日露戦争下における朝鮮東北部の「軍政」
Japanese Military Rule in Northeastern Korea during the Russo-Japanese War
2016年10月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 松本 礼子  Reiko Matsumoto
18世紀後半における絶対王政の秩序と身分をめぐる認識―「悪しき言説」へのパリのポリスの対応から―
The Police of Paris and “Mauvais Discours”: Disagreement on the Idea of Social Order under the Absolute Monarchy in the Latter Half of the Eighteenth Century
2016年07月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 三家本 里実  Satomi Mikamoto
情報サービス産業の下流工程における雇用関係ルール――IT 労働者の「採用・配置・指揮命令」に関する実証研究――
Employment Relationship Rules for Lower-Order Processes in Information Technology Services: An Empirical Study of Recruitment, Assignment, and Supervision
2016年03月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 多田 治  Osamu Tada
「日本のハワイ」としての沖縄の形成 ――新婚旅行ブームからリゾート・パラダイスへ――
Constructing Okinawa as Japan’s Hawai‘i: From the Honeymoon Boom to the Resort Paradise
2015年07月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 森 啓輔  Keisuke Mori
占領下社会運動における「環境保護」フレーミングの可能性と課題 ――沖縄県国頭村伊部岳実弾射撃演習阻止闘争を事例に――
Evaluating Environmental Preservation Framing on Okinawa under US Military Occupation: A Social Movement Case Study on the Kunigami Ibudake Struggle
2015年07月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 森村 敏己  Toshimi Morimura
知られざる文人たちの奢侈批判 ――1782年ブザンソン・アカデミー懸賞論文――
Critiques of Luxury by Obscure Men of Letters in the French Enlightenment; A Prize Contest Held by the Academy of Besançon in 1782.
2015年07月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 津村 健太  Kenta Tsumura
ノスタルジアが自己連続性に与える影響
Nostalgia Increases Self-Continuity
2015年06月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 野末 和夢  Kazumu Nozue
フランスの政治文化とデモクラシー ―― P. ロザンヴァロンのフランス・デモクラシー論――
Political Culture and Democracy in France: Pierre Rosanvallon’s Theory of French Democracy
2015年05月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 町村 敬志、佐藤 圭一、辰巳 智行、菰田 レエ也、金 知榮、金 善美、陳 威志  Takashi Machimura, Keiichi Satoh, Tomoyuki Tatsumi, Reeya Komoda, JiYoung Kim, Sunmee Kim, Ui-chi Tan
3.11以後における「脱原発運動」の多様性と重層性 ――福島第一原発事故後の全国市民団体調査の結果から――
Diversified Background of the “Anti-nuclear Movement” After the Fukushima Accident: Results of a Nation-wide Survey of Civic Groups in Japan
2015年03月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


 大杉 高司  Takashi Osugi
巻頭言
Preface
2015年03月 発行
[ 要旨 | 本文 ]


このページのトップへ