大会情報
第26回大会(研究会から通算56回)

【日 時】2019年12月7日(土) (時間未定)
【場 所】佐野書院 第2室小会議室

【個人研究発表】
啓蒙黎明期の歴史研究―二コラ・フレレの歴史擁護と宗教批判  高橋 駿仁

カントと公的空間―趣味判断の多元主義の観点から  高木 駿

----------------------------------------------------

第25回大会(研究会から通算55回) 終了しました。

【日 時】2019年6月1日(土)12:30開場
【場 所】職員集会所 大広間(西キャンパス)

13:00~13:30 総会

【個人研究発表】  (一橋大学国内交流セミナーを兼ねる)

13:40~15:10 メタ哲学的主張としての概念工学―科学との距離について―
              岸 俊輔(東京大学)           司会 井頭 昌彦(一橋大学教授)

【講 演】
15:20~17:20 形而上学的実在論タイプの物理主義を論難する。
              井頭 昌彦(一橋大学教授)     司会 干場 薫(一橋大学特任助手)

17:30~19:30 研究懇話会(会場:食堂)

 ---------------------------------------------------------------------------
第24回 大会   終了しました。

【日 時】 2018年12月1日(土) 10:00 開場
【場 所】 職員集会所 大広間・食堂(西キャンパス)

【個人研究発表】
10:30~12:00 画像における情動表出の多様性
              村山 正碩(本学社会学研究科)    司会 井頭 昌彦(一橋大学教授)

13:00~14:30 田辺元の国家論と同時代の国家論―国家法人説、国家有機体説、国体国家論との比較―
              岩井 洋子(本学社会学研究科)    司会 井頭 昌彦

14:40~16:10 18世紀フランス経験主義における「事実」の理論的地位について
              淵田 仁(本学社会学研究科ジュニアフェロー)    
                                 司会 森村 敏己(一橋大学教授)

【マルクス生誕200年記念企画】(一橋大学国内交流セミナーを兼ねる)

16:20~18:10 物象化のもとでの「普遍的資産」と所有権原理―ヘーゲル・マルクス関係の一考察
              明石 英人(駒沢大学経済学部准教授)
                        司会 島崎 隆(一橋大学名誉教授)
                        特定質問者  菊地 賢(本学社会学研究科)
                               久冨 峻介(本学社会学研究科)

18:20~19:50 研究懇話会



--------------------------------------------------------------------------------

第23回 大会   終了しました。

【日 時】 2018年6月2日(土) 12:30 開場
【会 場】 職員集会所 大広間・食堂(西キャンパス)

【タイム・テーブル】
13:00~14:30 個人研究発表
          「二十世紀ドイツにおける聖なるものの共同体論について
          ―シェーラーとフォン・ヒルデブラントにおける宗教現象学の視点から―」
                   横山 陸(日本学術振興会・一橋大学)
                                     司会  大河内 泰樹 (一橋大学)

14:30~14:50 総会

15:00~18:00 シンポジウム   「学問の世俗性と宗教言説」  (一橋大学国内交流セミナー)
         「宗教的『教義』としての社会学―コントの精神的権力論」
                                   杉本 隆司(明治大学)
         「キルケゴールを論じるものの実存」
                                   須藤 孝也(一橋大学)
         「英領インドにおける『宗教』言説:
            ガーンディー研究者としての立場から」
                                   間 永次郎(日本学術振興会・東京大学)
         特定質問者 深澤 英隆 (一橋大学)
         
         司会・趣旨説明 坪光 生雄 (一橋大学)

18:00~20:00 研究懇話会 (食堂にて、会費実費)
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第22回
【日 時】 2017年12月2日(土) 10:00開場   終了しました。

【場 所】 職員集会所 大広間(西キャンパス) 

【個人研究発表】
10:30~12:00 上野 大樹(本学非常勤講師)
          「文明社会としての君主制国家―人文主義的君主論の系譜とヒューム政治思想」
                                              司会 小谷 英生
12:00~13:00 昼休み

13:00~14:00 石橋 諭(本学社会学研究科)
          「フリードリヒ・ニーチェ『道徳外の意味における真理と虚偽』における芸術と認識の一致」
                                              司会 久保 哲司

【シンポジウム】(一橋大学国際交流セミナー)
14:10~17:40 Reconsidering the value discussion in German philosophy and sociology
          Phronesis and Material Ethics of Value
                 Professor Dr. Eugene Kelly(New York Institute of Technology)
          Alfred Schutz and the values of the "well-informed citizen"
                        Dr.Jan Strassheim(Keio University)  
          Introduction
                  Riku Yokoyama(Hitotsubashi University)
          通訳者 菊地了
          使用言語・・・英語(ただし、講演内容の翻訳を配布、質疑応答の際は日本語可)

18:00~20:00 研究懇話会(飲食付き) 
          場所 職員集会所 食堂  
          参加費  未定