貴堂研究室ホームページへようこそ

2002年から、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ史を教えています。専門は、アメリカ合衆国の政治社会史、人種・エスニシティ・ジェンダー研究、移民研究、アジア系アメリカ人研究、優生学の世界史、歴史教育(高校世界史)などです。
一橋大学もついに学期制改革で、2017年4月から四学期制となり、授業時間が105分となります。教員も学生も、試行錯誤の一年となるでしょうが、今年もよろしくお願いします。

学部向け授業は、2015年から1年生選択必修の社会科学概論IIを3年間担当します。
学内では、ジェンダー社会科学研究センター(CGraSS)に所属し活動しています。
所属学会は、アメリカ学会、日本アメリカ史学会、歴史学研究会、西洋史学会、ジェンダー史学会などです。

大学院ゼミ

大学院入試は、修士は秋期と春期の二度チャンスがあり、博士は春期に試験があります。入試に関心のあるみなさんは、ぜひ大学院入試説明会にご参加ください。

学部ゼミ

2017年度は、12名の新3年生をゼミ生として迎えることになりました。中国とマレーシアからの留学生も加入するので、楽しみです。

ニュース&更新情報

2017-04-01
*今年度から4学期制で、授業も105分となり慣れるまで大変そうです。新しい科研費の採択も決まり、自分が代表者のものを含めて4つの科研プロジェクトを掛け持ちすることになりました。学内でも評議員としての任期2年が始まるので、多忙を極めそうです。
2017-01-26
* 4年生の提出した卒論10本は、みな力作揃い。26日に院生TAにも参加してもらい、卒論発表会を開き、その後は打ち上げ。楽しい、充実した一日となりました。
2017-01-19
*オープンゼミを開催しました。30名近い2年生が参加してくれました。ありがとうございました。
2015-05-31
*ホームページデザインを更新しました。
2015-05-19
研究会で発表したナストの論考が載った立教アメリカン・スタディーズ37号が届きました。オンラインでも読めるようなので、波瀾万丈の風刺画家のライフヒストリー、ご笑覧ください。
ページのトップへ戻る