大学院

  全般

 

 大学院社会学研究科総合社会科学専攻の歴史社会分野・社会史ヨーロッパを担当しています(今年度の担当科目は下記参照)。社会史ヨーロッパは、森村敏己教授、阪西紀子教授と私の3人で担当しており、ゼミのかけもちなど院生間の相互交流も活発です。また、修士課程2年次の必修科目リサーチワークショップでは、日本史・アジア史・アメリカ史をふくむ歴史社会分野全体の教員・院生の前で研究発表を行います。
 私の大学院ゼミには、主ゼミとしてはおもに東ヨーロッパ史、中央ヨーロッパ史を専攻する学生が所属しますが、副ゼミとしてはヨーロッパ史全般を対象とする学生たちが参加し、対象とする時代は中世から現代まで及びます。
 ぜミは、院生による研究報告を中心に進め、それぞれの修士論文、投稿論文、博士論文の執筆に向けて切磋琢磨します。講読形式の授業では、院生の研究テーマに関する研究文献や史料を読みます。
 修士課程所属の院生には、歴史学研究の方法的基礎を習得しながら、各自の研究テーマにしたがって修士論文を執筆してもらいます。また、博士後期課程進学希望の有無にかかわらず、在籍中に、日本語・英語文献の読解能力を高めることはもちろんのこと、研究テーマに必須の外国語文献を読む能力と一次史料の分析方法を身につけることを目標とします。博士後期課程所属の院生には、研究者としての自覚をもって研究に取り組むこと、積極的に学会報告、論文投稿を行うことを求めます。

 

  ゼミ所属大学院生の研究テーマ(主ゼミ*および副ゼミ)   

  ドイツ中世史(中世末期ドイツ都市の歴史叙述)  
  イギリス近代史(18世紀イギリスの民衆文化)  
  チェコ近代史(18世紀末ボヘミアの貧民行政)*  
  イタリア近世史(16世紀ヴェネツィアの外交政策)  
  フランドル近世史(17世紀の再カトリック化)  
  ハンガリー近世史*  
  ロシア近代史*  
  バルカン近代史*  
  ポーランド現代史  
  ジェンダー理論*  

  修士論文タイトル(主ゼミのみ)

  「フェルディナンド一世の家領管理における宮廷戦略―1520-30年代の宮廷再編を手掛かりに」
2015年度
  「『歴史学研究』で議論された歴史教育―歴史学と歴史教育の関係性」
2015年度
  「1970、80年代チェコ社会の余暇―「正常化」期におけるクリスマスの祝祭―」
2014年度
  「カール5世の帝国における摂政とその統治上の機能―1539-1548年のスペインの摂政を中心に―」
2014年度
  「1910年から1920年代イタリアにおける「イタリア南部の利益のための国民協会」の民衆教育実践とアソシエーション」
2013年度
  「18世紀ボヘミア南部ビュクワ伯所領における社会事業―「貧民施策」を事例として―」
2012年度

  大学院進学を希望の方へ

    私を主指導教員として大学院への進学をお考えの方は、事前にメール等でコンタクトをとり、相談することが望ましいです(出願後不可)。また、研究科が開催する進学説明会に参加することもお勧めします。研究科全体や歴史社会分野の教育システムについては、研究科ウェブサイトの履修ガイドをご覧ください。  

  2015年度担当科目

  大学院ゼミ  
  ヨーロッパ社会史II(近代)  
  リサーチワークショップ  
  EUリサーチワークショップ  
     

 


 

学部

2015年度担当科目 

  ヨーロッパ社会史特論  
  社会史資料講読III  
  学部ゼミ(3年・4年)  
  社会研究入門ゼミ  

卒業論文タイトル

  「“ヨーロピアン・シティズンシップとは何か”~ヨーロッパにおけるロマ問題を通して~」
2012年度
  「歴史を考える視点―ミステリー小説から見る19~20世紀のヨーロッパ社会―」
2013年度
  「宇宙ビジネス時代の宇宙法秩序―ソフトローを活用した国際法形成に関する考察―」
2014年度
  「「ピータールーの虐殺」という表象―19世紀初頭のイギリス政治社会と急進派の政治文化―」
2014年度
  「19世紀イングランド諸階級の社会文化―競馬史における動向を中心に―」
2014年度
   

他大学

  2015年度担当非常勤授業

  なし