基調講演/Keynote Address

アレハンドロ・ポルテス /Alejandro PORTES

プリンストン大学・名誉教授/マイアミ大学・教授
Princeton University・Emeritus Professor / University of Miami・Professor

国際移民研究の世界的権威であると同時に、経済社会学、発展の国際比較、都市社会学、インフォーマル・セクターの社会学的分析で知られる。特に近年は、移民世代の分節的同化に研究である Legacies が世界的に注目され、スペインなど多くの国との比較が行われている。長年の移民研究への貢献により、スペインの最高の文化・学術賞であり国際的に権威あるアストゥリアス皇太子賞・社会科学部門を本年度受賞。

Former President of American Sociological Association and leading scholar in sociology of migration, economic sociology, comparative international development, and urban sociology at the global level. His systemic research of the second generation immigrants in Legacies (2000) stimulated comparative research on adaptation of the second generation including the case of Spain. He was awarded Princess Asturias Award by Spanish government this year.


ホアキン・アランゴ /Joaquín ARANGO

マドリード・コンプルテンセ大学・教授
Complutense University of Madrid・Professor

スペインの移民研究を長くリードし、ヨーロッパ的な規模で活躍する政治社会学者。初代社会統合全国フォーラムの座長としてスペインにおける2005年以降の移民の社会統合政策の基本デザインの形成に大きく貢献しするとともに、多くの移民研究者を育成してスペインの移民研究の基礎を築くことに寄与した。

He has been the leader of sociology of migration in Spain for many years as well as at the European level. As the chair of National Forum of Social Integration for Immigrants, he led the creation and implementation of social integration in Spain.


報告者・司会者/Presentators and Moderators 

惠羅さとみ / ERA Satomi

成蹊大学・アジア太平洋研究センター・主任研究員
Seikei University・CAPS・Chief Researcher

国際社会学・労働社会学。移民労働者の国際移動をテーマに、日米における産業再編成と移民労働者、アジアにおける越境的労働市場の構築プロセス、移民組織化と労働組合運動などについての実証研究を行っている。近年では、建設労働における非熟練・熟練技能の連続性や汎用技能の越境的移動に関心を持ち、移動する主体の意識キャリア形成や国家・地域開発との連関について研究している。主な著作:「建設産業構造と外国人労働者―外国人技能実習制度の拡大を事例に」津崎克彦編著『産業構造の変化と外国人労働者―労働現場の実態と歴史的視点』明石書店, 2018.「高齢化する転換期の労働社会と移民労働者―建設分野における日越間の越境的制度構築を事例に」『労働社会学研究』19(2),2018.

Satomi Era is a chief researcher at Center for Asian and Pacific Studies at Seikei University. She has been conducted research in Japan, the US, and recently in Vietnam and the Philippines on migrant workers in construction and building sectors. She is interested in the industrial restructuring and migrant workers, the formation of transnational labor market, and revitalization of labor movement.

アンパロ・ゴンサレス / Amparo GONZÁLEZ-FERRER

スペイン高等科学研究院・シニアリサーチフェロー
CSIC・Senior Research Fellow

スペイン国立科学研究評議会上級研究員。ヨーロッパへの広範な移民現象の分析で知られるが、近年はEUレベルでの国際共同研究プロジェクトであるTEMPER(Temporary versus Permanent Migration)を主宰し、多様な移民現象における短期移民と長期移民の差について問い直すという試みで注目されている。

Amparo González-Ferrer has extensively worked on international migration to Europe, designing and coordinating multiple (biographical) surveys both in European destinations and sending countries. She recently coordinated the TEMPER (Temporary versus Permanent Migration) project.

橋本直子/ HASHIMOTO Naoko

一橋大学・社会研究科・准教授
Hitotsubashi University・Associate Professor

強制移住学修士号(オックスフォード大学)、国際人権法修士号(ロンドン大学)、政治学博士号(サセックス大学)取得。15年近く世界各地で日本政府、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際移住機関(IOM)の職員として勤務。主要著作に、’Refugee Resettlement as an Alternative to Asylum’ Refugee Survey Quarterly, 37 (2), pp.162-186; ‘Stratification of Rights and Entitlements among Refugees and Other Displaced Persons in Japan’, in Takahashi and Kihara-Hunt (eds.) Civil and Political Rights in Japan: a tribute to Sir Nigel Rodley, Routledge (2019); 「ヨーロッパにおける難民問題」、滝沢三郎・山田満編『難民を知るための基礎知識』明石書店(2017)ほか。

Naoko Hashimoto is an Associate Professor at Hitotsubashi University. She holds Master of Studies in Forced Migration from University of Oxford, LLM in International Human Rights Law from University of London, and Ph.D. in Politics from University of Sussex. She used to work as a practitioner for the Government of Japan, UNHCR, and IOM in various parts of the world for 15 years before joining the academia.

堀井里子 / HORII Satoko

国際教養大学・国際教養学部・助教
Akita International University・Associate Professor

国際教養大学教員。国際的な人の移動をめぐるガバナンスに関心を持ち、これまでEU国境管理制度や同制度における非国家主体の役割を研究。一橋大学国際公共政策大学院修了、オックスフォード大学強制移住学修士課程修了、サセックス大学政治学博士課程修了。主な論文に、「EU国境管理ガバナンスにおけるNGOの役割」『国際政治』196: 65-80, 2019; 「第4章EUー『国境のないヨーロッパ』という幻想」小井土彰宏編著『移民受入の国際社会学』名古屋大学出版会, 2017; "The Effect of Frontex's Risk Analysis on the European Border Controls," European Politics and Society, 17(2): 242-258, 2016. など。

Satoko Horii is an assistant professor of Akita International University. Her academic interest is in the governance on cross-border human movement and her recent projects have analysed the role of EU agencies and non-state actors in the EU border controls. She has published articles including: "The EU Border Control Governance and the role of NGOs: With a Focus on Search and Rescue Operations in the Mediterranean (written in Japanese)," International Relations, 196: 65-80, 2019; "Accountability, Dependency, and EU Agencies: The Hotspot Approach in the Refugee Crisis," Refugee Survey Quarterly, 37(2): 204-230, 2018; "The Effect of Frontex's Risk Analysis on the European Border Controls," European Politics and Society, 17(2):242-258, 2016.

アンジェロ・イシ / Angelo ISHI

武蔵大学・社会学部・教授
Musashi University・Professor

武蔵大学社会学部教授。サンパウロ市生まれの日系ブラジル人三世。サンパウロ大学ジャーナリズム学科卒業。90年に日本へ留学、東京大学大学院総合文化研究科の博士課程を経てポルトガル語新聞の編集長を務めた。2004年より武蔵大学専任講師、2011年より現職。在日ブラジル人や在外ブラジル人のメディアや文化活動を研究する傍ら、日本移民学会副会長、公益財団法人海外日系人協会の理事などを務める。総務省や外務省の多文化共生関連の委員会の委員も歴任。共著に『移民研究と多文化共生』(御茶ノ水書房)、『日本人の海外移住』(明石書店)など。

ANGELO ISHI is a Professor at the Faculty of Sociology, Musashi University. A Brazilian of Japanese descent, he has made extensive field research about Brazilian community in Japan as well as about Brazilian diaspora worldwide, with a special focus on media and cultural issues. He is coauthor of "Searching for Home Abroad: Japanese-Brazilians and Transnationalism" (Duke University Press), "Transcultural Japan: At the borderlands of race, gender, and identity” (RoutledgeCurzon) and "Living in Two Homes: Integration and Education of Transnational Migrants in a Globalized World" (Emerald Books). He also joined the working group of the Japanese Ministry of Internal Affairs and Communications that created the national government's guideline for "Tabunka Kyosei" programs in Japan.

伊藤るり

伊藤るり / ITO Ruri

津田塾大学・総合政策学部・教授
Tsuda University・Professor

津田塾大学総合政策学部教員。専門は国際社会学、国際移民のジェンダー分析。近年は、移住家事労働者の就労と生活実態、権利保障やシティズンシップの問題に関心を寄せ、フランス、特にパリ地域におけるフィリピン人家事労働者の事例研究に取り組んでいる。また、ILO189号条約と移住・家事労働者の権利保障に関する国際比較をテーマとした共同研究を主宰。主な編著書・論文:『家事労働の国際社会学』(伊藤るり編著、人文書院、近刊);『ジェンダー研究を継承する』(佐藤文香・伊藤るり共編著、人文書院、2017年); “Negotiating Partial Citizenship under Neoliberalism: Regularization Struggles among Filipino Domestic Workers in France (2008–2012),” International Journal of Japanese Sociology, 2016; 『新編 日本のフェミニズム 9 グローバリゼーション』(伊藤るり解説、天野正子ほかと共編、岩波書店、2011年); 『国際移動と〈連鎖するジェンダー〉――再生産領域のグローバル化』(伊藤るり、足立眞理子編著、作品社、2008年)ほか。

Professor of transnational sociology at College of Policy Studies, Tsuda University, Japan. She has conducted a series of collaborative research on the question of migrant reproductive labor in East and South East Asia, and more recently in Europe with a comparative perspective. Her most recent work focuses on the working conditions and legal status of Filipino domestic workers in Parisian region.

小井土彰宏

小井土彰宏 / KOIDO Akihiro

一橋大学・社会学研究科・教授
Hitotsubashi University・Professor

一橋大学大学院・社会学研究科・教授。移民政策と移民状況の比較分析をテーマとし、合衆国の移民政策の構造転換と移民の対抗運動、スペインにおける近年の移民の増加と移民政策の再編成、近年のEU外部国境管理と難民、などに実証的に取り組んでいる。主な著作:『移民受入の国際社会学』(編著)名古屋大学出版会, 2017,『移民政策の国際比較』(編著)明石書店, 2003., 「現代アメリカ合衆国における移民の社会運動と公共圏の再編成――重層的境界構造の転換と非正規移民たちの熟議への参加」舩橋晴俊・壽福眞美編『公共圏と熟議民主主義ーー現代社会の問題解決』, 法政大学出版会, 2013.8「グローバリズムと社会的排除に抗するアメリカでの非正規移民運動――監視機構の再編と新自由主義的排除メカニズムへの対抗戦略の諸相」『社会学評論』 65-2。

Akihiro Koido is a professor at the Graduate School of Social Sciences, Hitotsubashi University. His research interest is International Comparison of Immigration Policies. His main foci of research are transformation of U.S. immigration system, Spanish immigrant integration policies, as well as EU common external border policies.

ジェマ・ピニョル / Gemma PINYOL-JIMÉNEZ

ポンペウ・ファブラ大学・アソシエイトリサーチャー
Pompeu Fabra University・Associate Researcher

政策実践においてはスペイン内務省移民担当部長を経験し、現在はバルセロナを拠点に、移民政策、反差別戦略、通文化都市(Intercultural Cities)プロジェクトのコーディネーターとして、ヨーロッパ規模での研究と政策形成をリードしている。特に反差別を推し進めるための「反うわさ戦略 Anti-Rumours」の立案展開で注目されている。

Gemma Pinyol-Jiménez has been served as Head of Cabinet of the Spanish Secretariat of Immigration (2010-2012). She is the Head of Migration and Mobility Policies at Instrategies, a think&do firm. She is also an expert for Intercultural Cities-Council of Europe and policy advisor at RECI-Spanish Network of Intercultural Cities, and a Member of the European Commission’s Informal expert group on economic migration.

定松文 / SADAMATSU Aya

恵泉女学園大学・人間社会学部・教授
Keisen University・Professor

国際社会学、ジェンダー論。近年は、日本の家事・介護外国人労働者の受入れ制度、フィリピンおよびベトナムの送出し国での研修と日本での労働実態の調査研究を行っている。また、日本における家事労働者の歴史を権利保障と労働運動の視点から共同研究を主なっている。主な著作:「家事労働とジェンダー―再生産労働の外部化と“沈黙”の外国人家事労働者」津崎克彦編著『産業構造の変化と外国人労働者―労働現場の実態と歴史的視点』明石書店, 2018. 「国家戦略特区と『外国人家事支援人材』」『経済社会とジェンダー』第3巻、日本フェミニスト経済学会, 2018.

Professor of Faculty of Human and Social Studies at Keisen University, Japan. She has conducted research in Japan, and recently in Vietnam and the Philippines on migrant domestic/care workers. Her most recent work focuses on the historical labour movement and safeguard for domestic workers’ rights in Japan.

ページTOPへ戻る