政治学

政治学のWeb サイトへ

1. 一橋大学における政治学

 一橋大学では、社会学研究科に政治学が配置されています。ただし、通常、政治学の下位領域とされる国際関係論や行政学は、本学の場合、法学研究科および国際・公共政策大学院で開講されています。そのなかには社会学研究科では履修できない科目もありますから、注意してください。
 これは、戦前「キャプテン・オブ・インダストリー」を輩出した東京商科大学が、戦後に一橋大学と名を変え「社会科学の総合大学」として再発足するにあたって、商学部・経済学部とともにいったん法学・社会学部がつくられ、そこから法学部と社会学部が分離したという一橋大学の沿革と関連しています。
 日本の政治学は、明治以来、ドイツの大学システムと国法学・国家学の影響を強く受け、憲法・行政法から分岐して法学部の片隅に置かれ、天皇制国家の官僚養成のための学問として生まれ育ちました。戦後の日本国憲法の下で、丸山真男らにより「科学としての政治学」が提唱され、再建された後も、国立大学を中心に政治学を法学部の一部とする伝統が残りました。
 ところが、もともと「官学」でありながら「民間」に多くの人材を送り出してきた一橋大学では、政治を「官」ではなく「民」の視点で学んでいくため、国際関係論や外交史は法学部に置きながら、政治学を社会学・哲学・歴史学・社会政策論などとともに、「社会科学の総合学部」としての社会学部で教育することにしました。社会学研究科の政治学は、この伝統を踏襲しています。
 このように一橋大学の政治学は、近接する社会科学の諸分野と緊密な関係を持ち、政治史や政治思想を基礎に置きつつ現状を分析する伝統を築いてきました。また、政治家や官僚を養成するための「国家学としての政治学」ではなく、主権者である市民に不可欠な総合的教養たる「市民社会の政治学」を志向し、一橋リベラリズムの一翼を担ってきました。現在、教育社会学およびスポーツ社会学と一緒に人間・社会形成研究分野を構成しているのも、そうした理念に基づいています。

2. ゼミ(演習)と指導教員の選定

 入学後は、指導教員のゼミ(第一演習)に所属します。許可を得れば、副ゼミ(第二演習)を履修することもできます。ゼミなどで、教員の指導を受け、あるいは他の院生の助言を得ながら、修士論文や博士論文の執筆を進めていきます。
 指導教員の選択は、大学院で研究を行う上で決定的に重要です。テーマが全く重なる必要はありませんが、希望する教員の本や論文を読み、自らの関心と何らかの接点があるか、確かめておくべきでしょう。個別に面談を行うことも可能です。
 二人の教員の具体的な指導テーマは以下の通りです。

 なお、修士課程の2年目には、リサーチ・ワークショップで報告して、修士論文の執筆を進めていくことになります。リサーチ・ワークショップは、人間・社会形成研究分野として開講され、政治学の教員はもちろん、教育社会学やスポーツ社会学の教員を含め、集団指導が行われます。狭い対象に限定されがちな関心を、広い視野から捉え直す機会になっています。
 過去2~3年で提出された修士論文の例として以下のようなものがあります。

  • 「政治分野のクオータ制に関する日台比較研究」
  • 「何が『赤旗』の拡大を支えたのか―戦後共産党における組織的基盤の実態」
  • 「党組織における日本社会党から民主党への段階的変化―ポスト配分に焦点を当てて」
  • 「雇用制度と家族政策との制度補完性による性別役割分担の平等化―先進15か国の制度・政策効果検証と日本の過程追跡」
  • 「現代フランス共和主義に基づく社会的統合―ドミニク・シュナペールの市民権論」
  • 「高齢者ケアはなぜ多様なのか―不安定ケア労働と脱家族化で探るケアレジーム」
  • 「生活保護制度における「自立」言説の形成と特徴」

3. 講義科目など

 演習と並んで重要なのが講義です。大学院在籍者のみが出席する講義科目としては、「政治学A」、「政治学B」、「政治史」が開講されています。「政治学A」は現代政治学の理論と方法を、「政治学B」は政治経済学や政治理論を主に扱います。「政治史Ⅰ、Ⅱ」では資料読解や歴史研究の方法を学びます。年度によって扱う内容が変わりますので、シラバスをよく確認した上で履修してください。また、社会学部の3・4年生と共通の「共修科目」として、「比較政治」「政治過程論」があります。その他、専攻を横断したプロジェクト型講義として「先端課題研究」が各年度3つ程度開講されており、キャリア支援を目的とした「高度職業人養成科目」もあります。
政治学の履修モデルは以下の通りです。

 政治学部門は、ウェブサイトを開設しています。教員に関する詳しい紹介、研究プロジェクト、大学院の在籍者と研究テーマ、過去の博士論文のタイトル、研究支援や生活支援を含む入学案内、卒業生からのメッセージなどを読むことができます。
http://www.soc.hit-u.ac.jp/~politics/index.html