ジェンダー研究

一橋大学におけるジェンダー研究

 ジェンダー研究は、男性を人間の「標準」とする学問に異議を申し立てた女性学から出発した学問です。男性が「標準」とされるということは、社会のなかに存在する性差が不可視化され、またジェンダーを生み出す社会構造やイデオロギー、思想、歴史的文脈が問われてこなかったことを意味します。これを問題にするのがジェンダー研究であり、その対象は、すべての学問分野に及ぶといっても過言ではありません。逆にいうと、その対象の広さゆえに、多くのジェンダー研究者は、社会学、歴史学、文学、政治学、哲学など、従来の学問的ディシプリンのなかで活動しており、日本では「ジェンダー研究」を専門として打ち出している研究者はまだまだ少ないのが現状です。一方で、ジェンダーという鍵概念の登場とともに、従来の学問の分類とは異なる形でのネットワーキングや知の産出方法が求められてきました。これに伴い、1990年代以降、ジェンダー視点をもつ研究者を領域横断的に集めた研究拠点を有する大学も次第に増えてきました。学問分野は不動のものではなく、解決すべき課題の変容とともにつくりかえられてきたのです。一橋大学社会学研究科が「ジェンダー研究」を一つの領域として掲げていることは、そのような知のフロンティアをつくりあげていこうとする姿勢のあらわれに他なりません。

 ジェンダー社会科学研究センター(CGraSS)に集う教員たちの専門もまた、あらゆる学問分野にまたがっていますが(http://gender.soc.hit-u.ac.jp/)、社会動態研究分野で「ジェンダー研究」を担当している教員2名は、社会学および歴史社会学(ジェンダー史)の方法を用いた研究を行っています。ジェンダー研究は女性学から出発し、これを受けて男性の立場からの省察をはじめた男性学、異性愛中心主義への批判と対抗のために登場したセクシュアリティ研究、さらに男/女や異性愛/同性愛といった二項対立そのものを脱構築しようと発展したクィア研究等を緩やかに包摂しつつ、時に緊張関係を孕みながら発展してきました。多様な方法論のもとに蓄積されてきた研究の成果を吸収しつつ、自分がどのような方法によって学位論文を執筆するのかを意識して学修をすすめていってもらいたいと思います。

履修モデル

 入学後は、指導教員の演習に所属し、ジェンダー論や社会学、歴史社会学の方法について学びを深めていきます。第二演習の受講も推奨しますが、必ずしもジェンダー研究の教員を主・副の指導教員とする必要はありません。ジェンダー研究の学際性に鑑みて、各自の研究テーマや研究方法に近い教員の第二演習を受講することもできますので、指導教員とも相談の上、副ゼミの選択をするようにしてください。以下では、ジェンダー論を学ぶ上での必須科目を紹介します。

◎社会科学のなかのジェンダー(貴堂嘉之教授・佐藤文香教授・田中亜以子講師)
 ジェンダー研究の切り拓く学際的な方法論と研究テーマの可能性を探るオムニバス形式の授業です。担当教員の最新の研究成果を聴きながら、各自が研究をすすめる上で、社会科学・人文科学の研究のなかにジェンダー視角を導入するための基盤をつくりだしていきます。

◎ジェンダー論(佐藤文香教授)
 ジェンダー論の基礎概念や歴史を学び、国内外で蓄積されてきたフェミニズムの争点をとりあげながら、その見解の不一致を理論的立場の相違として考察します。ジェンダー研究を生み出す母体となった第二波フェミニズムの諸理論が、ジェンダー関係の何を問題とし、どのような議論を積み重ねてきたのかを学んでいきます。

◎社会学/平和とジェンダー(佐藤文香教授)
 国内外のジェンダー研究の重要文献を輪読し、ディスカッションを行う授業です。フェミニスト国際関係論による平和に対するアプローチの独自性やその課題を探究し、インターセクショナリティをはじめとするフェミニストの方法論についても議論します。

◎ジェンダー史特論(田中亜以子講師)
 ジェンダー研究のなかでも特に歴史的なアプローチによってジェンダーを探求する「ジェンダー史」の領域を学びます。ジェンダー史という領域が成立していった背景を論じるとともに、担当教員の現在の研究テーマである日本における「性別」観念の歴史的変容について詳しく議論します。研究を進めていく上でこれまで突き当たった方法論上の壁やその打開策についても語りたいと思います。

◎Topics of Modern and Contemporary History A(田中亜以子講師)
 「ジェンダー史」の重要先行研究を英語で輪読し、ディスカッションを行う授業です。ジェンダー史研究は、ジェンダー分析を行う上での重要な枠組みや理論を多く産出してきました。原典に直接ふれ、ジェンダー分析について考えを深める機会を提供します。

修士論文

最近提出された修士論文には次のような題目が含まれます。

  • 韓国女性軍人に関する研究 ―軍隊にとどまる・離れる要因を中心に
  • 台湾における未婚女性の語られ方について ―「負け犬」言説の変容
  • どのようにピルユーザーになっていくのか ―主体化=服従化理論を手掛かりに
  • 男性化された「遊び」に見える男女間のジェンダー戦略 ―「サバイバルゲーム」を通した「快楽的な男性性」の再検討
  • 沖縄の基地従業員女性からみた在日米軍
  • 〈家庭〉を描く日常世界 ―子どもたちの経験と語り
  • 異性愛主義とコミュニティのあいだで ―ゲイ男性・バイセクシュアル男性のライフ・ポリティクス
  • 日本の労働における男女格差 ―性的・性別にかんするハラスメントを組み込んだ検討
  • 中国人の不妊と関わりのある女性から語られる不妊および不妊治療
  • 子育て支援のジェンダー構造 ―男性保育者による実践の課題と可能性
  • 男性にたいするCRSV(紛争に関係する性暴力)はいかに問題化されるか ―クレイム申し立て活動の言説分析
  • 性暴力と「性の二重基準」 ―新聞・雑誌メディアの言説分析から
  • ムスリム女性の「生きられた経験」 ―日本における若者ムスリム女性の葛藤と交渉

メッセージ

 ジェンダー研究は当事者研究としてはじまりましたので、「ステレオタイプな男女観」への疑問や、「セクシュアル・マイノリティの生きがたさ」に対する痛覚を大切にします。同時に、研究に際してはあなた自身の苦しみや痛みをいったん脇におくことが必要になることもあるでしょう。

 また、ジェンダー研究は男女の差異に注目することから出発しましたが、人間の差異は性自認、性的指向の差異や、人種・民族・階級・年齢・障害の有無など多岐にわたります。それらの差異が相互にどのような関係を切り結んでいるのか(インターセクショナリティ)に注意を払うことが求められます。自らと異なる世界(観)を生きる他者に対する想像力と知的好奇心をもちながら、ジェンダー研究のフロンティアを共につくりあげていきましょう。

1855年に出版された畑銀鶏による性の奇談集『和漢奇事変生男子之説』には、生殖器が女性から男性に変化した人物のエピソードが掲載されています。左の図は、当時配布されたという錦絵で、文中には「女子の男子に変ぜしは、いと/\目出度ことなれとて、日ごろ懇意にせし人々より、羽織、股引、足袋、せつたなど、祝ひくれ候よし。当人も甚穏にて、あつぱれの若イ者となりぬること、奇中の奇なり」とあります。「性別」そのものへの考え方も、時代とともに変容してきたのです。

アメリカのバージニア州アーリントン国立墓地近くにはWomen In Military Service For America Memorialがあります。さまざまな展示品に囲まれたこの場所は、アメリカ建国以来、国防に貢献してきた女性たちの「我々、女性たちはいつもそこにいた」という力強い声であふれていました。こうした記念館は、女性がなした軍事的貢献を文化的に喪失するプロセスに抗して建立されたものですが、軍事化は女性兵士の創出にとどまらないさまざまな役割を女性に割りふりながら進行していきます。