社会学部紹介

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部紹介 > > 教育社会学

教育社会学

1. 教育社会学とはどういう学問か

 一橋大学で学ぶ教育社会学とは、社会科学の歴史の中で登場してきた教育社会学を継承するものですが、世にいう「教育社会学」を示すものではありません。通常の教育社会学を含みつつそれに限定されない、教育諸学の共同によって教育と社会との関連を問うていく広義の<教育と社会>学をめざしています。  一橋大学で学ぶ<教育と社会>学とは、歴史的現実のただなかを生きる力の形成という教育や人間形成という営み自体が社会的に規定されているという事実を看過し、社会から切り離して研究するものではありません。子ども・青年の発達問題のみならず、成人の生き方の問い直しをも射程に入れ、労働・生活のあり方と結びついたかたちで考えようというものです。  それは、社会変動のもとで教育と社会の関係の調整をはかる営みをどう解き明かすかという課題に取り組むことでもあります。やや難しくいえば、教育のあるべき姿から像を描こうとする目的規定と、教育の生きられた現実から像を描こうとする社会的規定の相克をどう解くか、ということだといえるでしょう。

 

2. 科目の学問リスト

 ですから<教育と社会>学を、狭い意味での教育の「あるべき」姿を追求する学問として考える必要はありません。「あるべき」姿の追求ももちろん可能ですし、狭い意味での教育社会学も含まれているわけですが、教育と社会のつなぎを考えるさまざまな視点が用意されています。  教育と社会の過去と未来の連関を考える思想史的な研究、教育と社会のグローバルでエコロジカルな連関を追求する比較研究、人々によって生きられる過程に即した事実解明をめざす社会史的研究、教育の営みを社会的関係・構造の中でとらえなおそうとする社会学的研究、国家との関係で改革のダイナミズムをとらえようとする政策研究などがあります。

3. 履修モデル

これらの学問リストを図示すると、次頁のようになります。


(右)モスクワのサマースクール 多文化共生のための教育は旧東側でも実践されている。

このページの一番上へ