社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 2020年度の授業は5月7日(木)から、全てオンラインにより実施いたします。
下記の情報は最新のものではない可能性がありますので、各講義(ゼミナール)の最新情報は必ず 本学学務情報システム・学生ポータル CELS で確認してください。

総合社会科学専攻 社会文化研究分野 4201 B 春・夏 木曜日4時限  2単位

文芸思想研究

担当教員:久保 哲司
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

 

【授業科目の目的と概要】

たくさんの文学作品や映画などで描かれてきたスコットランド女王メアリー・スチュアート。近年でもアメリカで長大なテレビ・ドラマが製作され、最新の映画化『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が昨年日本全国で公開されました。本講義では、それらのメアリー物の原点というべきシラー作の戯曲『メアリー・スチュアート』(今年の1月から2月にかけて世田谷パブリックシアターで上演されました)をドイツ語原文で読み、メアリーとエリザベスという二人の女王の人間像、まわりの(ダメな)男たちとの関係などについて考えてみたいと思います。

【授業の内容・計画】

テキスト(ドイツ語)を読みます。ドニゼッティのオペラの映像も見ます。

【テキスト・文献】

参考文献:
シラー作、相良守峯訳『悲劇 マリア・ストゥアルト』岩波文庫、1998年第3刷
『シラー名作集』白水社、1972年
ダーチャ・マライーニ作、望月紀子訳『メアリー・ステュアート』劇書房、1990年

このページの一番上へ