社会学研究科の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学研究科授業情報 > 社会学研究科講義科目

社会学研究科講義科目

※ 2020年度の授業は5月7日(木)から、全てオンラインにより実施いたします。
下記の情報は最新のものではない可能性がありますので、各講義(ゼミナール)の最新情報は必ず 本学学務情報システム・学生ポータル CELS で確認してください。

地球社会研究専攻 地球社会研究 4823 春・夏 水曜日2時限  2単位

地球社会研究 I

担当教員:赤嶺 淳
足羽 與志子
太田 美幸
大瀧 友里奈
大坪 俊通
多田 治
福富 満久
宮地 尚子
ジョナサン・ルイス
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

 

【授業科目の目的と概要】

本講義は、地球社会研究専攻の修士課程初年度の学生を主たる対象とし、地球社会研究専攻の各教員が1回の講義を担当する形式をとります。講義では、それぞれの教員がとらえるグローバリゼーション研究ならびにグローバルな諸問題について論じ、受講生が地球社会研究専攻で学修するための基礎を養うことを目的とします。受講生には、各担当者から事前に課題として出される文献を購読し予習を行い、講義に積極的に参加し、各講義後も講義を手がかりに自学を進めることにより、地球社会研究専攻が追求する地球社会研究についてより具体的かつ総体的な理解を深め、各自の問題意識をより明確にすることが求められます。

【授業の内容・計画】

4月 8日 足羽
15日 足羽
22日 大瀧
5月 13日 多田
20日 大坪
27日 第一回ディスカッション
6月  3日 宮地
10日 宮地
17日 太田
24日 太田
7月  1日 赤嶺
8日 赤嶺
7月 15日 第二回ディスカッション

【テキスト・文献】

毎回、講義準備のためのあらかじめ指示された文献の熟読や課題についての予習を必ず行ってから講義に出席してください。文献については、予習が必要な講義の二週間前には、各受講者に電子メールにより送信配布するか、印刷したものを地球社会研究共同研究室に準備します。

このページの一番上へ