社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 2020年度の授業は5月7日(木)から、全てオンラインにより実施いたします。
下記の情報は最新のものではない可能性がありますので、各講義(ゼミナール)の最新情報は必ず 本学学務情報システム・学生ポータル CELS で確認してください。

社会学科導入科目 40116 秋・冬 月曜日3時限  2単位

社会研究入門ゼミナール(森村 敏己)

担当教員:森村 敏己
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

 

【授業科目の目的と概要】

ハーバーマスの『公共性の構造転換』(1962)以来、公共圏と世論いう概念は18世紀フランス研究においても重要な位置を占めるようになったが、ハーバーマスへの批判も多い。講義では公共圏や世論を概念を用いた研究を精読し、この概念の変化と有効性を検討する。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

毎回、報告者とコメンテーターを決め、報告者はレポートを準備し、発表する。コメンテーターがそれに対するコメントや質問を行ったあと、討論を行い、テキストに対する理解を深める。

【テキスト・文献】

 

【キーワード】

国家・市民社会・公共性

 

このページの一番上へ