社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 2020年度の授業は5月7日(木)から、全てオンラインにより実施いたします。
下記の情報は最新のものではない可能性がありますので、各講義(ゼミナール)の最新情報は必ず 本学学務情報システム・学生ポータル CELS で確認してください。

社会学科導入科目 40103 秋 火曜日3時限  金曜日3時限 2単位

社会科学概論Ⅱ

担当教員:井頭 昌彦
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

 

【授業科目の目的と概要】

社会科学を「社会のあり方を調べ、その仕組みを明らかにし、より望ましいあり方に変えていく」ことを目指す学問として規定した上で、そのための基本的な方法論を理解し説明できるようになることを目指す。また、様々な人文学領域がこの社会科学の営みにどのように関連しているかについても理解し、一橋大学社会学部の全体構成について概観を得る。

基本的には講義を行うが、授業の最後にディスカッションの時間を設け、質問や反論、応答を行う。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

第1回 オリエンテーション
第2回 社会現象の解明(1):推測統計
第3回 社会現象の解明(2):RCT
第4回 社会現象の解明(3):擬似実験
第5回 質的研究とその意義
第6回 量的と質的の関係(1):教育
第7回 中間試験
第8回 中間試験講評
第9回 量的と質的の関係(2):家族
第10回 価値中立性と批判的社会科学
第11回 人文学の意義(1):哲学・思想
第12回 人文学の意義(1):歴史学と文化人類学
第13回 期末レポート第一回提出と相互チェック

【テキスト・文献】

特になし。必要に応じて資料を配布する。

【キーワード】

 

このページの一番上へ