社会学部の授業情報

サイトトップへ戻る

サイトトップ > 社会学部授業情報 > 社会学部講義科目

社会学部講義科目

※ 2020年度の授業は5月7日(木)から、全てオンラインにより実施いたします。
下記の情報は最新のものではない可能性がありますので、各講義(ゼミナール)の最新情報は必ず 本学学務情報システム・学生ポータル CELS で確認してください。

社会学科導入科目 40101 春・夏 火曜日1時限  2単位

社会研究の世界

担当教員:多田 治
【教授言語】

日本語

【学部・学年の指定】

社会学部1年必修

【授業科目の目的と概要】

 この授業は、社会学部の1年生を対象に、社会学部で行われている教育・研究を紹介しながら、「社会学部で学ぶ」ことについて理解し、今後の学修計画を立てることを目的としています。
 まずは、社会学部を構成する多彩な研究分野・専門領域の教員とその研究を知ってください。そして、個々の分野・領域ごとに特徴的な着眼や思考法や研究方法の一端に触れることを通して、私たちが直面している様々な問題を社会科学的にとらえ、研究することの面白さを理解してほしいと思います。それを通して、皆さんが社会学部で何をどのように学んでいけるのか、学んでみたいと思うか、それぞれに感触を確かめ、社会学部における4年間の学修計画を立ててみてください。
 各回の授業は、社会学部の各科目群の教員が交替で担当し、下記の3点を紹介します。
①各研究分野を構成する学問領域
②各分野で開講されている科目(基礎科目・発展科目)の概要と科目担当教員の専門領域
③各分野における最新の研究成果の一部

※『社会学部履修ガイド』を毎回持参してください。
※社会学部ウェブサイトの教員紹介等も適宜参照してください。

※授業はGoogle Classroomにて、録画配信で行います。自分の都合いい時間に全13回分の映像を視聴し、毎回感想・考察コメントを提出することで「出席」とカウントされます。コメントはClassroom上で、回ごとの課題に入力して提出する形となるので、指示を見逃さずよく見てください。各回の視聴とコメント提出は、各映像の配信開始日から1週間以内に行ってください。それ以降は減点対象となります。
※受講に際しては、manabaとGoogle Classroomのクラスページ上で随時出される指示をよく読み、それに従ってください。

【授業の内容・計画(回数・日付・テーマ等)】

(日付は映像配信日)
第1回 5/10ごろ ガイダンス、社会学・社会調査 菊谷和宏
第2回 5/15ごろ 国際社会学 小井土彰宏
第3回 5/20ごろ 哲学・社会思想史 森村敏己
第4回 5/25ごろ 文芸・言語・民族文化研究 久保哲司
第5回 5/30ごろ 社会心理学 安川一
第6回 6/5ごろ 社会地理学・地球科学・環境科学 上田元・大坪俊通・大瀧友里奈
第7回 6/10ごろ 社会人類学 久保明教
第8回 6/15ごろ 教育社会学 太田美幸
第9回 6/20ごろ スポーツ社会学 鈴木直文
第10回 6/25ごろ 政治学 田中拓道
第11回 6/30ごろ 総合政策 堂免隆浩
第12回 7/5ごろ 歴史社会 石居人也
第13回 7/10ごろ 地球社会 多田治

(2020年4月22日現在。変更ある場合は随時更新します。)

【テキスト・文献】

授業全体を通してのテキスト・参考文献はありません。
社会学部で学ぶにあたってぜひ読んでおいてほしい文献を、各授業で紹介します。

また、2020年度「社会研究の世界」中間レポート・期末レポート指定文献リストを配布します。

【キーワード】

文化、エスニシティ、ジェンダー・セクシュアリティ、国家・市民社会・公共性、グローバリゼーション、環境

 

このページの一番上へ