News & Topics

◇過去イベント等◇

国際シンポジウム

carelabor
■プレシンポ企画
    2016年12月9日(金)14:40-17:00(開場14:25)
              一橋大学・西キャンパス第2講義棟405 
■国際シンポジウム
    2016年12月10日(土)9:30~17:00(開場9:00)
           11日(日)10:30~17:00(開場10:00) 
              一橋大学・東キャンパス2号館2201 
 *日英同時通訳付
 

ILO「家事労働者のディーセントワークに関する条約」(C189)、及び同勧告(R201)が採択されてから5年以上が経ちます(2011年6月採択、2013年9月発効)。これらは、従来、多くの国で労働法の適用外とされてきた家事労働者(移住労働者を含む)の国際労働基準を定める画期的な意義をもち、移住・家事労働者の(再)組織化と権利保障において、新段階をもたらしました。
 本シンポジウムは、(1)科研プロジェクト「移住家事労働者とILO189号条約――組織化・権利保障・トランスナショナルな連帯」の中間報告を行うとともに、(2)折しも関東(神奈川県、東京都)と関西(大阪府)の「国家戦略特区」において「外国人家事支援人材受け入れ事業」進めることになった日本の課題を、世界各地の現状との比較を通じて、明らかにすることを目的とします。
 1日目は、女性労働運動史の歴史家として知られるアイリーン・ボリス教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)の基調講演で開始し、これを受けてアジア、ヨーロッパ、アメリカ各地での移住家事労働者の権利保障状況とこれにC189が与えたインパクトや現下の課題などについて、現地調査に基づき研究報告を行います。また、2日目には、日本の現状についての研究報告のあと、家事労働者の組織化に取り組む海外の労働組合ならびにNGOの活動家を迎え、日本の状況にくわしい関係者とともに、各国の取り組みと日本における課題を考えるためのパネル・ディスカッションを行います。

carelabor
問い合わせ先: m.yoshitoshi(AT)r.hit-u.ac.jp (事務局)
  本シンポジウムは終了致しました。
  ご来場くださいました方々に感謝申し上げます。



*【主催】:科研プロジェクト「移住家事労働者とILO189号条約」/国際移動とジェンダー研究会
*【協賛】:一橋大学大学院社会学研究科(国際社会学プログラム、ジェンダー社会科学研究センター、
     フェアレ イバー研究教育センター);国際家事労働者連盟(IDWF)、
     NPO 法人 移住者と連タインする全国ネット ワーク、NPO 法人 アジア女性資料センター、有償家事労働ネットワーク
*【後援】:連合(日本労働組合総連合会) / 【協力】 ILO 駐日事務所
 

国際社会学研究会主催 公開セミナー

日時:2013年7月9日(火)18:00~20:00
carelabor
題目:Transnational and Local Political Engagement
    Among Latin American Migrants in Europe
会場:一橋大学・西本館1F 特別応接室 
講師:ルイス・E・グアルニーソ教授
    (カリフォルニア大学デーヴィス校 人間生態学部教授 学部長)
司会:小井土彰宏(本学社会学研究科教授)
   

移民の政治的アクティヴィズムは移民先の社会だけでなく、出身国に対しても向けられてきました。今回のセミナーでは、近年拡大しているラテンアメリカからヨーロッパへの移民、特にスペインとイタリアにおけるドミニカ人とコロンビア人の実践に注目した最新の研究成果を発表して頂きます。ふるってご参加下さい。(使用言語:英語、通訳なし)(予約不要)

講師紹介:Dr. Luis Edwardo Guarnizo
      社会学者。トランスナショナルな移民研究の国際的リーダーの1人として、
      移民の起業家研究、越境空間の多層性や分裂に注目した多彩な研究を発表。
      共編著: Transnationalism from Below (1998)
      主著:“The Fluid, Multi-Scalar, and Contradictory of Citizenship” (2012),
          “The Economics of Transnational Living” (2003)など

問い合わせ先:一橋大学大学院社会学研究科 政治学・国際社会学共同研究室
         Tel: 042-580-8803  
         e-mail: trans_sociATsoc.hit-u.ac.jp(ATの代わりに@マークを入れてください)


一橋大学国際社会学プログラム創設20周年記念 国際シンポジウム
「国際社会学への地域的パースペクティブ-北米・ヨーロッパ・東アジアの比較にむけて-」

日時:2013年6月21日(金) プレシンポ企画   13:30-17:30(開場13:00)
           22日(土)  国際シンポジウム 10:15~17:00(開演9:45) 
carelabor
題目:「国際社会学への地域的パースペクティブ
    -北米・ヨーロッパ・東アジアの比較にむけて-」
会場:一橋大学・東キャンパス・マーキュリータワー7階ホール 

 

一橋大学・大学院社会学研究科の国際社会学プログラムは1993 年4 月に設立されました。今年で20 周年を迎えることになります。
 本プログラムの歩みは、日本における国際社会学の本格的発展とほぼ軌を一にしてきました。この間、日本の国際社会学は、若い才能を吸収し一定の成果を上げてきましたが、今日、その対象領域や研究アプローチは多様化・多元化が著しく、その方向性が改めて問い直されるべき段階に入ったといえるでしょう。この現状を踏まえ、このたび6 月22 日(土)に「国際社会学への地域的パースペクティブ――北米・ヨーロッパ・東アジアの比較にむけて」と題した国際シンポジウムを開催いたします。シンポジウムには、トランスナショナルな移民研究が先行してきたアメリカ合衆国、そして「壁の崩壊」以来トランスナショナルな移動空間の生成著しいEUから、代表的研究者を3 名招聘しています。日本を含む東アジアも視野に入れつつ、越境空間自体の形成と研究アプローチの発展がいかに歴史的構造的な地域的文脈に依存しているかを比較し、地域的制約を対自化して、相互の対話を進めていく、そのような機会とすることを目指しています。なお、6 月21 日(金)には、プレイベントとして「若手研究者ワークショップ」を開催します。若手の英語によるペーパー発表後、海外招聘研究者の講評をいただくことで、次世代育成の場とする予定です。
 皆様、奮ってのご来場をお待ちしております。

問い合わせ先:一橋大学大学院社会学研究科 政治学・国際社会学共同研究室
         Tel: 042-580-8803  
         e-mail: trans_sociATsoc.hit-u.ac.jp(ATの代わりに@マークを入れてください)



*本シンポジウムは盛況のうちに終えることができました。
 ご来場くださいました多数の方々に感謝申し上げます。

●プログラム  In English

●プレシンポ企画
6月21日(金)13:30~17:30(開場13:00)
若手研究者ワークショップ/Junior Scholars’ Workshop
●国際シンポジウム
6月22日(土)10:15~17:00(開場9:45)


報告:
平澤文美(一橋大学博士後期課程)
“Increasing Occupational Opportunities of Young Vietnamese in Transnational Social Fields: Changing Employment Scenario among the 1.5 and Second Generation in Japan”

Johanna O. Zulueta(アテネオ・デ・マニラ大学講師、日本学術振興会外国人特別研究員)
“When Death Becomes Her Question: Death, Identity, and Perceptions of Home among Okinawan Women Return Migrants”

工藤晴子(一橋大学博士後期課程、日本学術振興会DC1)
“Activating Sexuality and Trauma: Narrative Construction of Mexican Sexual Minority Asylum Seekers in the San Francisco Bay Area”

村上一基(一橋大学博士後期課程、日本学術振興会DC2)
“Educating Adolescents of Immigrant Families in the French Suburbs: Dissonance between Public Schooling and Family Culture”


司会:伊藤るり(一橋大学)

コメンテーター:
アレハンドロ・ポルテス(プリンストン大学)
ミリヤナ・モロクワシチ(フランス国立科学研究センター)
ルイス・グアルニーソ(カリフォルニア大学デイヴィス校)
*午前の部(10:15~12:00)

基調講演1 アレハンドロ・ポルテス(プリンストン大学)
“Transnationalism and the State in Comparative Perspective”

基調講演2 ミリヤナ・モロクワシチ(フランス国立科学研究センター)
“Transnational Mobilities and Gender in Europe”


*午後の部(13:15~17:00)

パネル・ディスカッション
「日本における国際社会学のパースペクティブ――東アジアの文脈」

司会:大石奈々(上智大学)

報告:
  小井土彰宏(一橋大学)
  小ヶ谷千穂(横浜国立大学 )
  佐々木剛二(日本学術振興会特別研究員PD)
  グラシア・リュウ・ファーラー(早稲田大学)

コメント&ディスカッション

コメンテーター:
ルイス・グアルニーソ(カリフォルニア大学デイヴィス校)
伊藤るり(一橋大学)

Concluding Remarks



*主催:一橋大学 大学院社会学研究科 国際社会学プログラム    
*共催:一橋大学 大学院社会学研究科                   
*協賛:一橋大学 外国人研究者等特別招聘事業             
       Hitotsubashi International Fellow Program            
科学研究費補助金(基盤研究A)「選別的移民政策の国際比較」



International Symposium and Junior Scholars’ Workshop 
Celebrating the 20th Anniversary of Transnational Sociology Program 
Hitotsubashi University, Tokyo 
DAY1 Friday, June 21, 2013 13:30-17:30 
          Junior Scholars’ Workshop on Transnational Sociology 
DAY2 Saturday, June 22, 2013 10:15-17:00 
          International Symposium: 
          Comparing Regional Perspectives of Transnational Sociology 
Venue: Hitotsubashi University, East Campus, Mercury Tower 7th Floor, Hall 
Language:English
 

 2013 marks the 20th anniversary of the Transnational Sociology Program in the Graduate School of Social Sciences at Hitotsubashi University. Over these two decades, the field of transnational sociology in Japan has made significant progress; importantly it has successfully incorporated younger talented scholars. Now it is time, we believe, to reexamine the status quo of this field of studies and, on the basis of our diversification into multiple fields of research, to move our program to the next developmental stage.
 To this end, we are holding an international symposium at Hitotsubashi University on June 21-22 to which we have invited three distinguished scholars in transnational sociology. Two of the three experts come from North America, where research in this field first developed, and one works in Europe, where the study of transnational mobility has gained a new dynamic in recent years. Bringing them together with researchers who work in Asia, though not always on it, we are making a singular move to establish a tri-regional perspective in transnational sociology, drawing on expertise from Europe, the United States and East Asia. Our critical aim is to assess whether and how research perspectives are embedded in historically structured regional contexts. We also see this scholarly meeting as a great opportunity to begin an intense dialogue among transnational sociologists researching different regions and to more fully share what we, in Japan-based transnational sociology, have achieved. We welcome active participation of experts, researchers in broader social sciences, and students from within as well as from outside Hitotsubashi University.



●PROGRAM

Day 1 Friday, June 21, 2013
Junior Scholars’ Workshop on Transnational Sociology


Day 2 Saturday, June 22, 2013
International Symposium: Comparing Regional Perspectives of Transnational Sociology: North America, Europe and East Asia


Ayami HIRASAWA (Graduate School of Social Sciences, Hitotsubashi University)
“Increasing Occupational Opportunities of Young Vietnamese in Transnational Social Fields: Changing Employment Scenario among the 1.5 and Second Generation in Japan”

Johanna O. Zulueta (Ateneo de Manila University, JSPS Postdoctoral Fellow)
“When Death Becomes Her Question: Death, Identity, and Perceptions of Home among Okinawan Women Return Migrants”

Haruko KUDO (JSPS Research Fellow DC1, Hitotsubashi University)
“Activating Sexuality and Trauma: Narrative Construction of Mexican Sexual Minority Asylum Seekers in the San Francisco Bay Area”

Kazuki MURAKAMI (JSPS Research Fellow DC2, Hitotsubashi University)
“Educating Adolescents of Immigrant Families in the French Suburbs: Dissonance between Public Schooling and Family Culture”


Moderator:Ruri ITO (Hitotsubashi University)

Commenters:
Alejandro Portes (Princeton University)
Mirjana Morokvasic (The National Center for Scientific Research - CNRS)
Luis GUARNIZO (University of California, Davis)

*MORNING SESSION(10:15~12:00)

Keynotes1 Alejandro Portes (Princeton University)
“Transnationalism and the State in Comparative Perspective”

Keynotes2 Mirjana Morokvasic (The National Center for Scientific Research - CNRS)
“Transnational Mobilities and Gender in Europe”




*AFTERNOON SESSION(13:15~17:00)

Panel Discussion
“Developments of Transnational Sociology: The Contexts of Japan and East Asia”

Moderator: Nana Oishi (Sophia University)

Presentation:
  Akihiro KOIDO (Hitotsubashi University)
  Chiho OGAYA (Yokohama National University)
  Koji SASAKI (JSPS Research Fellow PD)
  Gracia Liu-Farrer (Waseda University)

Comments and Overall Discussion

Commenters:
Luis GUARNIZO (University of California, Davis)
Ruri ITO (Hitotsubashi University)

Concluding Remarks


◆Organized by Transnational Sociology Program Hitotsubashi University            
◆Supported by Graduate School of Social Sicences Hitotsubashi University          
◆Funded by Hitotsubashi University Distinguished Foreign Researcher Invitation Program
Hitotsubashi International Fellow Program(Inbound)                
Grant-in-Aid for Scientific Research (Category A: Overseas), JSPS       
"Comparative Analysis of Selective Immigration Policies"             
◇Directions to Hitotsubashi University, East Campus                         
About a 6-minute walk from the South Exit of JR Kunitachi Station      
   ◇Registration request form >>> http://bit.ly/ZmpOqT                      
◇Contact: Transnational Sociology Program Hitotsubashi University              
Tel: 042-580-8803 e-mail: trans_soci@soc.hit-u.ac.jp                 
 

一橋大学 国際社会学ワークショップ
「アイデンティティ・トラブル――〈人種/エスニシティの混淆〉と日本社会」

日時:2013年2月3日(日)
    プレ・ワークショップ 10:30~12:30
    ワークショップ    13:30~17:30
carelabor
題目:アイデンティティ・トラブル――〈人種/エスニシティの混淆〉と日本社会
会場:一橋大学・東キャンパス・第3研究館(3階)研究会議室 

 

 日本における国際結婚件数は、1980年代半ば以降、大幅に増加し、今日ではおよそ20件に1件が国際結婚といわれる。また、生まれてくる子ども30人に1人が国際結婚の親をもち、その数は1990年代半ば以降、毎年2~3万人程度の規模で増えてきている。これらの子どもたちは、もはや敗戦後の本土に特徴的で、沖縄では今日なお大きな比重を占める「アメラジアン」だけでなく、日比、日中、日韓などのカップルのもとに生まれ、背景がきわめて多様化している。このほか、外国籍同士の国際結婚のもとに生まれる子どもの存在や、婚外子のケースにも留意しておく必要がある。「ハーフ」や「ダブル」など、さまざまに名ざされる、これらの子どもたちにとって、日本社会に生きるということは、どのような経験であるのか。同時に念頭に置くべきは、敗戦後67年が経過したいま、かつて「混血児」、あるいは「ハーフ」と呼ばれた人びとがすでに老齢期に入りつつあるという現実である。かれ/彼女らにとって、日本社会を生き抜くということは、どのような経験であったのか。翻ってまた、日本社会にとって、かれ/彼女らはどのような位置を占めているのか/占めてきたのか/そして、占めうるのか。
 このワークショップでは、〈人種/エスニシティ〉の既成カテゴリーを揺さぶり、攪乱する、〈人種」/エスニシティの混淆〉という問題を、J・バトラーに倣って、「アイデンティティ・トラブル」と呼ぶこととしたい。それは、当事者にとっての「トラブル」であると同時に、日本社会にとっての「アイデンティティ・トラブル」でもある。
 「単一民族神話」のもと、しばしば不可視化されてきた日本社会の〈人種/エスニシティ〉の境界編成、その国家との関係、ジェンダーや階層とのインターセクショナリティ、グローバリゼーションの作用などについて考え、また〈エスニシティの社会学〉の有効性についても批判的に検討する場として、本ワークショップを開催したい。



●プログラム
10:30-12:30 プレ・ワークショップ 映画「キクとイサム」(今井正監督、1959年、117分)
  (12:30-13:20 休憩)
*****
13:30 ワークショップ開会のことば 伊藤るり(一橋大学)

*司会:呉泰成(一橋大学大学院博士課程)

13:40 報告① 野入直美(琉球大学)
    「映像表象における沖縄の“アメラジアン”」
14:10 報告② ジョハンナ・ズルエタ(アテネオ・デ・マニラ大学、日本学術振興会外国人特別研究員)
   「沖縄のインヴィジブル・マイノリティ――フィリピン・ウチナンチュ二世の事例」
(14:40-15:00 休憩)
15:00 報告③ 田口ローレンス吉孝(一橋大学大学院修士課程)
   「向老期をむかえる『ハーフ』のライフストーリー――エリザベス・サンダース・ホームの事例から」
15:30 報告④ フレデリック・ルスタン(一橋大学外国人客員研究員)
    「日本社会における人種化と可視性――日本人とフィリピン人夫婦の子供の経験」
16:00 報告⑤ 李洪章(日本学術振興会特別研究員、上智大学客員研究員)
    「『民族』概念の再構築――在日朝鮮人=日本人間「ダブル」によるカテゴリー化拒否の語りを通して」
  (16:30-16:45 休憩)

16:45-17:30 コメント&ディスカッション

*司会:森千香子(一橋大学)
      伊藤るり
      小ヶ谷千穂(横浜国立大学)


*主催:一橋大学大学院社会学研究科国際社会学プログラム
*協力:フランス国立東洋言語文化研究所(INALCO)「現代日本の住民――推移と展望」研究会
(Populations japonaises: Evolutions et perspectives contemporaines- Inalco)

第19回CGraSS公開レクチャー・シリーズ 
 「金融化された資本主義とジェンダー――新しい収奪のかたちを問う」

carelabor
日時:2013年1月18日(金)16:30~18:30
講師:足立眞理子さん (お茶の水女子大学大学院教授/ジェンダー研究センター長)
題目:金融化された資本主義とジェンダー――新しい収奪のかたちを問う
司会:伊藤るり (本学社会学研究科教授)
会場:一橋大学東キャンパス、マーキュリー・タワー 3508室 

 

講師紹介:経済理論、国際経済学、フェミニスト経済学。主要共編著に、『フェミニスト・ポリティクスの新展開』(御茶の水書房)、『国際移動と<連鎖するジェンダー>』(作品社)など。2010~11年度フェミニスト経済学会代表幹事。*内容:グローバリゼーションは新国際分業を軸とする生産領域での展開から、家事・介護労働者の国際移動が示す再生産領域での展開へと深化を遂げ、さらにリーマ ン・ショック後の世界においては、「金融化による横奪(ディスポゼッション)」を特徴とする新たな資本蓄積をもたらしている。「横奪による蓄積」(ハーヴェイ)はいかなる意味でジェンダー化されているのか。この点について、足立さんに問題提起していただきます。ふるってご参加ください。予約は不要です。

*連絡先: ジェンダー社会科学研究センター cgrassATsoc.hit-u.ac.jp(ATの代わりに@マークを入れてください)


第18回CGraSS公開レクチャー・シリーズ● 「外国人女性たちの3.11」

carelabor
日時:2012年12月14日(金)16:30~18:30
講師:鄭 暎惠(チョンヨンヘ)さん (大妻女子大学大学院 人間文化研究科教授)
題目:外国籍女性たちの3・11 「以前・以後」と改定入管法
司会:伊藤るり (本学社会学研究科教授)
会場:一橋大学東キャンパス、マーキュリー・タワー 3508室 

 

講師紹介:専門は、アイデンティティ論、ジェンダー論、国民国家とエスニシティ論など。
      著書に、『〈民が代>斉唱』(岩波書店)、『私という旅』(青土社、リサ・ゴーと共著)
      など。「ホットライン姉妹(ちゃめ)」の代表も務めている。
内容:東日本大震災では、日本人だけでなく、在日朝鮮人、国際結婚、研修生、留学生など
    さまざまな背景をもつ外国籍の人びとが被災しました。この講演では、被災した外国籍女性への支援にかかわってきた、
    社会学者の鄭暎惠さんをお迎えし、外国籍女性にとっての3.11を語っていただきます。また、今年7月に施行された改定
    入管法がもつ意味や影響についても考えていきます。ふるってご参加ください。予約は不要です。

*連絡先: ジェンダー社会科学研究センター cgrassATsoc.hit-u.ac.jp(ATの代わりに@マークを入れてください)

EU Studies Institute in Tokyo (EUSI)
EUSI講演会&難民研究ワークショップ  一橋大学国際交流セミナー

日時:2012 年2月18日(土) 10:30~17:00
会場:一橋大学 東キャンパス、マーキュリータワー5階3503号室
    →会場へのアクセスマップはこちら moderngirl
司会:伊藤るり(一橋大学社会学研究科・教授)
講師:Jane Freedman
    (パリ第8大学社会学部教授、ユネスコ・ジェンダー平等専門家)
 

EUSIでは、このたびEUの難民問題とジェンダーにくわしいジェーン・フリードマンさん(パリ第8大学教授)をお招きし、講演会とプレ・イベントを開催します。EUにおける移民政策、ならびに難民政策は近年、安全保障政策としての側面を強める傾向(セキュリタイゼーション)にありますが、この変化は庇護申請者、とりわけ女性にどのような影響をもたらしているのでしょうか。フリードマンさんは、最近、ユネスコのジェンダー平等専門家としても各地の難民キャンプを訪問されています。今回の講演会は、そうしたフィールド経験も踏まえた、EUの現状を知る貴重な機会となることでしょう。なお、講演会に先立ち、大学院生による難民研究ワークショップを開催し、フリードマンさんとの意見交換を行う場も設けます。講演会、ワークショップともに、使用言語は英語ですが、学内外でこの問題に関心のある方々に広く開かれています。どうぞふるってご参加ください。

当日プログラム
☆プレ・イベント 難民研究ワークショップ  (10:30開始~15:15終了、 開場:10:15、休憩12:30~13:30)

司会: 伊藤るり(一橋大学大学院社会学研究科教授)
インストラクター: Jane Freedman(パリ第8大学社会学部教授、ユネスコ・ジェンダー平等専門家)

◆報告者と報告タイトル◆
1. 工藤晴子(一橋大学大学院)
 “Being Gay Enough for Asylum: The Issues of Sexual Orientation-Based Claims in the U.S.”
2. 鈴木美奈子(一橋大学大学院)
 “Resettlement Process of Ex-Indo-Chinese Refugees and Racialization of Refugee Politics in France”
3. 田中麻理(一橋大学大学院)
 “Life in Exile :Employment of Burma-Born Refugees Living in Japan”
4. 徳永理彩(オーストラリア国立大学アジア太平洋カレッジ客員研究員)
 “Onward Movements of the Rohingya Refugees: Is Malaysia Becoming a Transit Asylum Country?”

☆EUSI講演会 (15:30~17:00)

司会: 伊藤るり
講師: Jane Freedman
題目: “Persecution and Protection: Gender, Asylum and Migration in the European Union”

*Jane Freedman氏 主要著作
 Gendering the International Refugee and Asylum Debate (Palgrave Macmillan, 2007)
 Immigration and Insecurity in France (Ashgate, 2004) Feminism (Open University Press, 2001),
  Femmes politiques: mythes et symboles (L’Harmattan, 1997) ほか。


参加申し込み
 参加申し込みはこちらからお願いします。

問い合わせ先
 電子メール eusi.refugeestudies(AT)gmail.com  (ATの代わりに@マークを入れてください)
 工藤晴子宛(一橋大学大学院社会学研究科・伊藤るり研究室)

*主催*EU Studies Institute in Tokyo (EUSI)

国際移動とジェンダー(IMAGE)研究会 ワークショップ
仏伊独における移住家事・介護労働者――就労実態、制度、地位をめぐる交渉

carelabor
日時:2011年12月10日(土)~11日(日)
会場:一橋大学・佐野書院 大会議室
  ⇒会場までの案内図はこちら 
 

今年はILOにおいて、家事労働者のディーセント・ワークに関する条約と勧告が採択されるという画期的出来事がありました。そうした世界的な動きも念頭に置きながら、12月10日(土)~11日(日)の2日間、「仏伊独における移住家事・介護労働者――就労実態、制度、地位をめぐる交渉」と題するワークショップを開催します。このワークショップでは、2009年度より科研費補助金を受けて行ってきた同名の共同研究が最終年度を迎えるにあたり、これまでの調査によって得た暫定的知見を報告し、この問題に関心をお持ちの方々と意見交換を行いたいと願っています。ご関心をお持ちの方々、どうぞふるってご参加ください。

当日プログラム
●12月10日(土)
11:00-12:00 ◆プレ・イベント 映画上映◆
 「Always Wear a Smile. An Undocumented Domestic Worker Goes to Labour Court」
 (監督:Anne Frisius、協力: ナジャ・ダム、モニカ・オルヘダ;ドイツ映画、英語字幕57分 2008)

13:00-13:20 オープニング 伊藤るり(一橋大学) 趣旨説明

13:20-15:20 ◆セッション1◆ フランスの対人サービス――背景と実態
 ◎司会:篠崎香子
 1.中力えり(和光大学) 「フランスの対人サービス政策と社会的結束」
 2.園部裕子(香川大学) 「移民女性の就労実態と語学・職業訓練――パリ市と郊外における職業経験認定制度(VAE)
  の受験支援を事例に」
 3.村上一基(パリ第4大学) 「対人サービスとしての家庭教師事業――親子関係の外部化と機会均等」

15:20-15:35 休憩

15:35-17:35 ◆セッション2◆ 移民政策と社会政策のあいだで――フランス、イタリア、ドイツ、ポーランド
 ◎司会:小ヶ谷千穂
 4.定松文(恵泉女学園大学) 「フランスの高齢者介護と移住女性」
 5.宮崎理枝(大月短期大学) 「イタリアにおける移住家事・介護労働者の現状と政策的対応」
 6.アニャ・ロシンスカ‐コルダジウィッチ(オルシュティン経済・情報科学大学)
  「ドイツの高齢者介護市場を目指すポーランドの派遣業者――ケア労働の規制とそのビジュアルな表象」


●12月11日(日)
10:30-12:30 ◆セッション3◆  移住家事・介護労働者の就労と地位をめぐる交渉
 ◎司会:中力えり
 7.篠崎香子(フランクフルト大学) 「非正規移住家事・ケア労働者の地位と権利の交渉をめぐる社会的連帯の可能性と限界
  ――ドイツの事例から」
 8.伊藤るり (一橋大学) 「在仏フィリピン人家事・介護労働者の就労と組織化―CFDTパリ支部の事例」
 9.小ヶ谷千穂(横浜国立大学) 「滞在地位と家族のポリティクス――ローマのフィリピン人家事・介護労働者の事例から」

12:30-14:00 昼食休憩

14:00-16:00 ◆討論――アジアの文脈に照らして◆
 ◎司会:森千香子(南山大学)
 大石奈々(上智大学)/小井土彰宏(一橋大学)/大橋史恵(日本学術振興会、一橋大学)/高谷幸(岡山大学)/足立眞理子(お茶の水女子大学)

備考
 *オブザーバーとして参加をご希望の方は、資料準備の都合上、12月5日(月)正午までに、下記参加フォームの
 サイトからお申し込みください。なお、席数が限られていますので、先着30名までとします。
参加申し込み
 入力フォーム: https://ssl.form-mailer.jp/fms/d75270a0175085
問い合わせ先
 その他お問い合わせは⇒E-mail : image.e.workshop(AT)gmail.com(ATの代わりに@マークを入れてください)
 平野恵子宛(一橋大学大学院社会学研究科・伊藤研究室)

*主催*国際移動とジェンダー研究会
*協力*国際社会学研究会

一橋大学国際交流セミナー 『道徳的帝国主義とアメリカの人身取引撲滅キャンペーン』

moderngirl
日時:2011 年12月6日(火) 16:00 〜18:00
会場:一橋大学 西キャンパス本館 特別応接室
司会:伊藤るり(一橋大学社会学研究科・教授)
 

ラセル・S・パレーニャス氏(南カリフォルニア大学教授)による講演会『道徳的帝国主義とアメリカの人身取引撲滅キャンペーン(Moral Imperialism and the U.S. War on Trafficking)』を開催します。英語での講演になりますが、質疑応答には逐語通訳をつける予定です。

問い合わせ先
 電子メール trans_soci(AT)soc.hit-u.ac.jp (ATの代わりに@マークを入れてください)
 一橋大学・大学院社会学研究科 伊藤るり研究室


*共催*国際移動とジェンダー研究会、国際社会学研究会
後援:CGraSS

一橋大学国際交流セミナー 『グローバル化、結婚移民、国家の介入――台湾の事例』

moderngirl
日時:2011 年11月24日(木) 16:00 〜18:00
会場:一橋大学 西キャンパス本館 特別応接室
司会:伊藤るり(一橋大学社会学研究科・教授)
 

夏曉鵑氏(世新大學社會發展研究所教授兼所長、台湾)による講演会『グローバル化、結婚移民、国家の介入――台湾の事例(Globalization, Marriage Migration and State Intervention: The Case of Taiwan)』を開催します。国際結婚で台湾に居住する女性移住者支援活動にくわしい。5 件に1 件の結婚が国際結婚という台湾社会の外国人配偶者女性の現状、背景、 政策の現状について話していただきます。英語での講演になります。

問い合わせ先
 電子メール trans_soci(AT)soc.hit-u.ac.jp (ATの代わりに@マークを入れてください)
 一橋大学・大学院社会学研究科 伊藤るり研究室

*主催*国際移動とジェンダー研究会

●第14回CGraSS公開レクチャー・シリーズ● 「ジェンダー、労働、ケア――フランスの研究動向」

CGraSS_Hirata
日時:2011 年6月24日(金) 16:30 〜18:30
会場:一橋大学東キャンパス、マーキュリータワー5階3508室


講師:エレナ・ヒラタさん(フランス国立科学研究センター・研究ディレクター)
 

フランスではC.ギリガン『もうひとつの声』の改訳(2008年)が話題を呼ぶなど、2000年代半ば以降、「ケア」への関心が活性化してきています。この公開レクチャーでは、フランスのジェンダー研究を牽引してきた草分けの一人で、日系ブラジル人の労働社会学者、エレナ・ヒラタさんをお迎えし、「ケア」と労働をめぐる議論を中心に、フランスにおけるジェンダー研究の動向をうかがいます。

問い合わせ先
ジェンダー社会科学研究センター cgrass(AT)soc.hit-u.ac.jp(ATの代わりに@マークを入れてください)


主催:一橋大学 ジェンダー社会科学研究センター
  共催:「国際移動とジェンダー(IMAGE)」研究会

国際女性デー記念シンポジウム「ケア、国際移民、ジェンダー――日仏対話」

caresympo
日時:2011 年3月5日(土) 10:00 〜17:00<開場 9 :30>
会場:日仏会館1階大ホール
 

日本においてもフランスにおいても、ケアは主として女性の仕事と考えられてきました。そして両国において、ケアの担い手としての女性移住者の存在が注目されています。国際移民が拡大する今日、ジェンダー平等とは何を意味するのでしょうか。また、ケアの倫理はどのようなものとして構想されるのでしょうか。国際女性デーを記念して、日仏研究者による意見交換の場を設けます。どうぞ、ふるってご参加ください。(入場無料、同時通訳付)

問い合わせ先
日仏会館フランス事務所 電話03-5421-7641 ファクス 03-5421-7651
参加申し込み
氏名・所属・連絡先を明記の上、contact AT mfj.gr.jpまでお申し込み 下さい。
(ATの代わりに@マークを入れてください)

当日プログラム
<開場 9 :30>
●10:00 ~ 開会挨拶
マルガレット・マルアニ(社会学、GDRE MAGE-CNRS)
辻村みよ子(法学、東北大学-GCOE)
マルク・アンベール(経済学、日仏会館フランス事務所代表)

●10:30~12:30
午前の部  女性、移動、そしてケア――日仏比較

◎司会 ティエリ・リボー(経済学、UMIFRE 19 CNRS-MAEE 東京)
*高畑幸(社会学、広島国際学院大学)
  「介護へ向かう在日フィリピン人――職業的選択肢をめぐって」
*クリステル・アヴリル(社会学、パリ・ノール・第13大学- IRIS)
   「フランスにおける在宅ケアとエスニックな不平等――その作用と実態」 
*伊藤るり(社会学、一橋大学、IMAGE)
  「高齢者介護労働の配置と国際移民――日仏比較の試み」
*フロランス・ジャニ=カトリス(経済学、リール第1大学、CLERSE)
   「フランスにおける<ケアの商業化>――女性の労働にとっての帰結」

●14:00~17:00
午後の部  グローバル化、外部化、そして女性の労働

◎司会 エレナ・ヒラタ(社会学、CRESPPA-GTM-CNRS, MAGE)
*足立眞理子(経済学、お茶の水女子大学、IMAGE)
   「日本の介護保険と<再生産取引>」
*パスカル・モリニエ(心理学、パリ・ノール第13大学-UTRPP)
   「家族とケア労働者――家内性モデルから抜け出るためのパートナーシップの構築」
*イザベル・ピュエシュ(社会学、雇用研究センター、FEPEM)
   「在宅の要介護高齢者への支援――複数の側面をもつ職業」
*神尾真知子(法学、日本大学)
   「ケア労働と法政策」
*小ヶ谷千穂(社会学、横浜国立大学、IMAGE)
   「アジアにおける女性の国際移動と重層する“ケア”の意味――送り出し社会フィリ ピンからの考察」

16 :00~ フロアと討論

●17 :00 閉会挨拶  中嶋公子(日仏女性研究学会代表)

会場
 日仏会館1階大ホール。JR恵比寿駅東口から「動く歩道」経由で徒歩約10分。
  http://www.mfj.gr.jp/acces/index_ja.php
ウェブサイト
  http://www.mfj.gr.jp/agenda/2011/03/index_ja.php#anchor_1109

*共催* GDRE-MAGE-CNRS
東北大学GCOE「グローバル時代の男女共同参画と多文化共 生」プログラム
国際移動とジェンダー研究会(IMAGE)
日仏会館フランス事務所
研究センターUMIFRE 19
日仏女性研究学会
*協賛* 科学研究費補助金(基盤研究A)「仏伊独における移住家事・介護労働者」
フランス大学学院(IUF)

刊行記念 国際シンポジウム 『モダンガールと植民地的近代――東アジアにおける資本・帝国・ジェンダー』

moderngirl
日時:2010 年7 月17 日(土) 11:00 〜17:00(開場10:30)
会場:一橋大学 東キャンパス2号館2階 2201教室
 

『モダンガールと植民地的近代――東アジアにおける資本・帝国・ジェンダー』(伊藤るり、坂元ひろ子、 タニ・バーロウ編、岩波書店)の刊行を記念して、著者全員参加によるスライド・ショー(第1 部)、ならびにコメンテーター3 名を 招いての合評会(第2 部)からなる国際シンポジウムを開催します。

問い合わせ先
電子メール moderngirl AT freeml.com (ATの代わりに@マークを入れてください)
一橋大学・大学院社会学研究科 伊藤るり・坂元ひろ子研究室

シンポジウムは参加無料。予約は不要ですが、下記サイトで、
お手続きいただいた方を優先的にご案内いたします。
申し込み期限は7月15日(木)24時まで。 申し込みはこちら

【会場を変更します!】

事前申込み者数が予定した3号館の収容人数をすでに超えた状況ですので、急遽、会場を同じく
東キャンパスの2号館に変更することになりました。当日、案内板を出しますが、お間違いのないよ
うお願いします。

  [変更前]東キャンパス 第3研究館3 階・研究会議室 
⇒[変更後]一橋大学 東キャンパス2号館2階 2201教室
(東キャンパス(時計台のないほう)の門からみて正面の建物、JR中央線国立駅南口より徒歩7分)

*主催*一橋大学 国際交流セミナー
*協賛* 一橋大学大学院 社会学研究科附属ジェンダー社会科学研究センター
ライス大学 チャオ・アジア研究センター
成蹊大学 アジア太平洋センター
*後援* お茶の水女子大学 ジェンダー研究センターほか

CGraSS 公開レクチャー・シリーズ 第11回 「イタリアのフェミニズム――「家事労働に賃金を」から「プレカリアート」へ 」

日時:2010 年6 月18 日(金) 16:30 〜18:30
会場:一橋大学 東キャンパス マーキュリータワー4階 3406教室
 

1970年代初頭、「家事労働に賃金を」というスローガンを打ち出したイタリアのフェミニズムは、それから 40年近くを経過したいま、大量の不安定就労層(<プレカリアート>)の出現、さらには移住家事・介護労働者の急増という状況のなかで、どのような展開を見せているのか。若い世代のフェミニストたちは何を思い、どう社会を変えようとしているのか。イタリアにおけるフェミニズムと同国で働くアフリカ出身移住家事労働者の問題を追いかけてきたジャクリーン・アンドールさんにお話をいただきました。

講師:ジャクリーン・アンドール(Jacqueline Andall), Ph.D
イギリス・バース大学ヨーロッパ研究学部上級講師、一橋大学外国人客員研究員。専門はイタリア地域研究とフェミニズム研究。イギリス・社会主義フェミニズムの流れを代表する雑誌 Feminist Reviewの編集委員。

司会:伊藤るり

問い合わせ先
電子メール cgrass AT soc.hit-u.ac.jp(ATの代わりに@マークを入れてください)
一橋大学・大学院社会学研究科ジェンダー社会科学研究センター

*主催*一橋大学大学院社会学研究科附属ジェンダー社会科学研究センター

国際シンポジウム「再生産領域のグローバル化とアジア――移住者、家族、国家、資本」

sympo
日時:2007年12月7日~9日
会場:一橋大学東キャンパス マーキュリーホール(マーキュリータワー7F)

2007 年12 月初旬、一橋大学にて、国際シンポジウム「再生産領域のグローバル化とアジア――移住者、家族、国家、資本」(12 月8 日~9 日)、ならびにプレシンポ企画「映画で観る<アジアにおける国際結婚、そして再生産労働の国際移転>」(12 月7 日)を開催した。

本シンポジウムでは、〈再生産領域のグローバル化〉をキータームとして、1980 年代半ば以降、アジアにおいて拡大傾向にある女性の国際移動、特に家事や介護、性労働の分野での海外就労、ならびに家族形成を目的とする結婚移民などを取り上げ、その現状と問題点について意見交換を行った。「再生産領域」ということばで、私たちは、結婚移民、人身売買、代理母、身体部位の取引など、従来の「再生産労働」と呼ばれてきた範囲よりも広い、人の生物学的、ならびに社会的再生産にかかわるあらゆる活動と社会過程を想定している。今回のシンポジウムでは、その範域を必ずしも全面的にカバーしきれてはいないが、既存のグローバル化研究では周辺的な位置づけであった「再生産領域」に焦点を当て、そのグローバル化の諸相をアジアの文脈で把握しようと試みた。

シンポジウム「再生産領域のグローバル化とアジア――移住者、家族、国家、資本」での報告、
コメント、討論内容をまとめた中間報告書の「はしがき」と目次はこちら。

*主催*「再生産領域のグローバル化とアジア」組織委員会
*協賛* 国際移動とジェンダー[iMAGE]研究会
一橋大学 ジェンダー社会科学研究センター
シンガポール国立大学 アジア研究所/人文・社会科学部地理学科
お茶の水女子大学 ジェンダー研究センター
*後援*一橋大学大学院 社会学研究科
お茶の水女子大学 21世紀COEプログラム[ジェンダー研究のフロンティア]A2