プログラム In English

carelabor
■プレシンポ企画
    2016年12月9日(金)14:40-17:00(開場14:25)
              一橋大学・西キャンパス第2講義棟405 
■国際シンポジウム
    2016年12月10日(土)9:30~17:00(開場9:00)
           11日(日)10:30~17:00(開場10:00) 
              一橋大学・東キャンパス2号館2201 
 *日英同時通訳付
 

ILO「家事労働者のディーセントワークに関する条約」(C189)、及び同勧告(R201)が採択されてから5年以上が経ちます(2011年6月採択、2013年9月発効)。これらは、従来、多くの国で労働法の適用外とされてきた家事労働者(移住労働者を含む)の国際労働基準を定める画期的な意義をもち、移住・家事労働者の(再)組織化と権利保障において、新段階をもたらしました。
 本シンポジウムは、(1)科研プロジェクト「移住家事労働者とILO189号条約――組織化・権利保障・トランスナショナルな連帯」の中間報告を行うとともに、(2)折しも関東(神奈川県、東京都)と関西(大阪府)の「国家戦略特区」において「外国人家事支援人材受け入れ事業」進めることになった日本の課題を、世界各地の現状との比較を通じて、明らかにすることを目的とします。
 1日目は、女性労働運動史の歴史家として知られるアイリーン・ボリス教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)の基調講演で開始し、これを受けてアジア、ヨーロッパ、アメリカ各地での移住家事労働者の権利保障状況とこれにC189が与えたインパクトや現下の課題などについて、現地調査に基づき研究報告を行います。また、2日目には、日本の現状についての研究報告のあと、家事労働者の組織化に取り組む海外の労働組合ならびにNGOの活動家を迎え、日本の状況にくわしい関係者とともに、各国の取り組みと日本における課題を考えるためのパネル・ディスカッションを行います。



*下記プログラムのタイトルをクリックすると報告要旨がご覧頂けます。


■ プレシンポ企画
12月9日(金)14:40~17:00(開場14:25)

 映画「イロイロぬくもりの記憶」
〔99 分、監督・脚本 アンソニー・チェン、2013 年、シンガポール〕      解説(小ヶ谷千穂)


■ 国際シンポジウム(第1日目)
12月10日(土)9:30~17:00(開場9:00)
■ 国際シンポジウム(第2日目)
12月11日(日)10:30~17:00(開場10:00)

オープニング 9:30-9:45
伊藤るり(一橋大学)

【基調講演】 9:45-10:30
アイリーン・ボリス(カリフォルニア大学サンタバーバラ校))
他と比べられない仕事
――世帯雇用、ILO、そして家庭における労働の承認――


【セッション1】 10:30-12:00
アジアの事例――フィリピン、インドネシア、香港


*司会:定松文(恵泉女学園大学)

小ヶ谷千穂(フェリス女学院大学)
C189批准のローカル、トランスナショナルな効果 ~フィリピンにおける国内家事労働者と海外移住家事労働者の新しい連帯

平野恵子(北海道教育大学)

大橋史恵(武蔵大学)

【セッション 2】 13:15-15:45
ヨーロッパの事例――イタリア、ドイツ、フランス、EU


*司会:小井土彰宏(一橋大学)

宮崎理枝(大月短期大学)

篠崎香子(デュイスブルグ=エッセン大学)

伊藤るり(一橋大学)

中力えり(和光大学)

【セッション 3】 16:00-17:00
アメリカ合衆国の事例


*司会:篠崎香子(デュイスブルグ=エッセン大学)

小井土彰宏(一橋大学)

森千香子(一橋大学)



carelabor



*【主催】:科研プロジェクト「移住家事労働者とILO189号条約」/国際移動とジェンダー研究会
*【協賛】:一橋大学大学院社会学研究科(国際社会学プログラム、ジェンダー社会科学研究センター、
     フェアレ イバー研究教育センター);国際家事労働者連盟(IDWF)、
     NPO 法人 移住者と連タインする全国ネット ワーク、NPO 法人 アジア女性資料センター、有償家事労働ネットワーク
*【後援】:連合(日本労働組合総連合会) / 【協力】 ILO 駐日事務所


ページTOPへ戻る

PROGRAM


carelabor
Date:December 10 (Sat) – 11 (Sun), 2016
Venue:Hitotsubashi University, Tokyo
 *Japanese-English simultaneous translation provided

 

Over five years have passed since the adoption of ILO Convention on the Decent Work for Domestic Workers (C189) and its Recommendation (R201). Establishing international labor standards for domestic workers for the first time in history, C189 has important impacts on the (re)organizing of domestic workers in different parts of the world. It opens up a new stage in the protection of their rights at national, international and transnational levels.
  This symposium is part of a JSPS research project by a group of scholars, mostly based in Japan, interested in grasping the diverse effects and potentials of C189 for migrant domestic workers’ labor and living situations in Asia, Europe, U.S.A and Japan.
The symposium will start with a keynote by Professor Eileen Boris, a renowned historian of women’s labor movement, on the historical significance of C189. The symposium will, then, pursue two objectives. First, based on our respective fieldwork, it aims to discuss the conditions of migrant domestic workers’ rights and status in related regions with a comparative perspective. Second, given the Japanese government’s recent scheme for introducing migrant domestic workers’ in the two National Strategic Special Zones, an unprecedented program for Japan, we wish to provide a forum, in which overseas and local activists will come together to exchange their experiences of organizing migrant/domestic workers.
  It is our hope that the two-day discussions will help advance our understanding on the stakes and challenges of this new migrant labor scheme, officially intended to promote Japanese women’s increased participation in the labor market, and raise public consciousness on the rights of domestic workers, both local and migrant.


To read abstract, Click title !


Day 1
December 10 (Sat)
Day 2
December 11 (Sun)


Greetings 9:30-9:45
by Ruri Ito ( Hitotsubashi University) 

Keynote Address  9:45-10:30
Eileen Boris (University of California, Santa Barbara)

【Session 1】 10:30-12:00
Cases from Asia: Philippines, Indonesia, Hong Kong


*Moderator:Aya Sadamatsu (Keisen University)

Chiho Ogaya (Ferris University)

Keiko Hirano (Hokkaido University of Education)

Fumie Ohashi (Musashi University)

【Session 2】 13:15-15:45
Cases from Europe: Italy, Germany, France and EU 


*Moderator:Akihiro Koido (Hitotsubashi University)

Rie Miyazaki (Ohtsuki City College)

Kyoko Shinozaki (University of Duisburg-Essen)

Ruri Ito (Hitotsubashi University)

Eri Churiki (Wako University)

【Session 3】 16:00-17:00
Cases from the U.S.A. 


*Moderator:Kyoko Shinozaki (Osnabrück University)

Akihiro Koido (Hitotsubashi University)

Chikako Mori (Hitotsubashi University)



program



Organized by JSPS Kakenhi Project “Migrant Domestic Workers and ILO Convention No.189”,
        Research Collective “International Migration and Gender”
With the support of: Graduate School of Social Sciences, Hitotsubashi University (Transnational Sociology Program,
        Center for Gender Research and Social Sciences, Research and Education Center for Fair Labor),
        International Domestic Workers Federation (IDWF), Solidarity Network with Migrants Japan,
         Asia-Japan Women’s Resource Center, Network for Paid Domestic Work
In cooperation with: Japanese Trade Union Confederation (Rengo), ILO Office in Japan

ページTOPへ戻る