Latest research 最新研究

尊厳概念のグローバルスタンダードの構築に向けた
理論的・概念史的・比較文化論的研究

Towards a global standard of dignity as a philosophical concept:
theoretical approaches, conceptual histories,
and cross-cultural comparisons

本研究プロジェクトでは、尊厳概念を多角的な観点から総合的に分析した上で、従来は欧米中心であった解釈に対して、非欧米圏の議論を適切に繰り込んで、社会の民主主義化および多元主義化を推進できるような、多様性を踏まえた普遍妥当的な尊厳概念のグローバルスタンダードを日本から発信することを目指す。

研究の背景・目的

第二次世界大戦後、全体主義のもたらした強大なカタストロフィーに対抗する概念として尊厳は再認識され、「国連憲章」(1945年)以降、「日本国憲法」や「ドイツ連邦共和国基本法」などの各国憲法典、さらに近年の「国連 GC」や「EU 憲法」、「障害者権利条約」など現在に至るまで尊厳概念の重要性は国際的に大変高まっている。
しかも、最近では、脳死・臓器移植・ES 細胞研究・iPS 細胞研究・ゲノム編集などの先端医療技術の社会的受容とともに、AI 革命やロボット技術などの先端科学技術の社会的受容の両コンテクストで尊厳が問題となっている。
これに加えて、移民・難民問題、マイノリティー問題、格差社会などといった現代の多種多様な社会問題は、直接間接を問わず尊厳ないし尊厳の毀損に深く関わっている。その意味で尊厳は規範的概念として現代社会のキーワードの一つになっていると言える。

songen02

本研究プロジェクトでは、上記の問題状況を踏まえて尊厳概念を多角的な観点から総合的に分析した上で、従来は欧米中心であった解釈に対して、非欧米圏の議論を適切に繰り込んで、社会の民主主義化および多元主義化を推進できるような、多様性を踏まえた普遍妥当的な尊厳概念のグローバルスタンダードを日本から発信することを目指す。

研究の方法

本研究プロジェクトでは、尊厳概念を多角的な観点から分析するために、欧米圏および非欧米圏の様々な学問領域の代表的な研究者が加わった研究グループを形成するとともに、それを欧米関係(哲学・応用倫理学などを含む)担当班・日本関係担当班・中国関係担当班・韓国関係担当班・イスラーム関係担当班・仏教/インド哲学関係担当班の6班に分ける。
その上で、(1)価値論的アプローチを採用して、(2)欧米圏の尊厳理解を根本的に再検討/整理する。さらに(3)非欧米圏の尊厳理解を新たに掘り起こすとともに、概念史を構築して、最終的には(4)欧米圏と非欧米圏の議論とを突き合わせて比較し統合して、新たな尊厳理解を定式化する、という手順で研究課題を解明し、現代社会の諸問題に応える。

songen01

期待される成果と意義

比較文化論的観点を本格的に導入して新たな尊厳理解のために有益な視座や素材を掘り起こすことで、本研究プロジェクトによって東アジアの「生命の尊厳」を射程に含んだ尊厳概念を適切に定式化できれば、尊厳に関する従来の欧米の人間中心主義的な研究に対して、東アジアをはじめとする非欧米圏の視点が理論的にも一定の見直しを迫ることになる。
この時はじめて尊厳研究のパラダイム転換も可能である。研究成果を論文集にして江湖に問う予定である。

当該研究課題と関連の深い論文・著書

・加藤泰史、小島毅、シェーンリッヒ、ウォルドロンほか『思想』(「尊厳概念のアクチュアリティ」特集号)1114 号、岩波書店、184pp.、2017 年。
・加藤泰史、宇佐美公生、ビルンバッハー、クヴァンテほか『尊厳概念のダイナミズム』、法政大学出版局、436pp.、2017 年。

研究期間と研究経費

平成30年度-令和4年度
130,500 千円

研究助手

栗林寛幸(くりばやしひろゆき)

1971年千葉県生まれ。東京大学教養学部(国際関係論)卒業。一橋大学・英国ケンブリッジ大学大学院で経済学修士課程修了。専門は厚生経済学。訳書にケン・ビンモア『正義のゲーム理論的基礎』、カウシック・バスー『見えざる手をこえて』、監訳にマイケル・マーモット『健康格差』等。

上野大樹(うえのひろき)

Hiroki UENO is a researcher and lecturer in intellectual history at Hitotsubashi University, Tokyo. He completed his PhD at Kyoto University, where he also held a Research Fellowship for Young Scientists from the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), before becoming a JSPS Postdoctoral Research Fellow. He has so far taught at several additional universities as a visiting lecturer, including Yokkaichi University, Kyoto Bunkyo University, Kyoto University, Rissho University and Aoyama-Gakuin University. His research focuses on the history of the Scottish and French Enlightenments, and the influence of early-modern republicanism on eighteenth-century Europe. He is currently working on the historiographical critiquing of classical antiquity in the ‘long’ eighteenth century and, as part of this project, co-organised a series of panels on "Enlightenment Politics of Time and History" in the ISECS Congress on the Enlightenment held in Edinburgh in 2019, in collaboration with Iain McDaniel and Maria Pia Paganelli. His latest article, entitled "Does Adam Smith's moral theory truly stand against Humean utilitarianism?" featured in the ISUS conference volume and was subsequently accepted for a forthcoming publication from KIT Scientific Publishing.

柳橋晃(やなぎばしあきら)

1985年茨城県笠間市生まれ。東京大学大学院教育学研究科基礎教育学コース博士課程在学中。東京家政大学非常勤講師・東京藝術大学非常勤講師。専攻は、教育学・教育哲学。主にカントの教育思想。直近の論文は、「義務論的正義論と教育」教育科学研究会編『教育』第868号(2018年)。

魏偉(WEI Wei)

一橋大学社会学研究科博士課程在籍中。2013年早稲田大学社会科学研究科修士終了。専攻は環境倫理学。主に「自然性(naturalness Natürlichkeit)」の概念に着目し、その倫理的意義や可能性について研究している。そのほかに、近代漢字圏における哲学概念の翻訳・受容にも関心をもっている。

津田栞里(つだ しおり)

一橋大学大学院社会学研究科博士課程在籍。日本学術振興会特別研究員(DC1)。専攻は近代ドイツ思想、及び美学。美学の創始者として知られるバウムガルテン(Alexander Gottlieb Baumgarten, 1714–1762)を中心に、啓蒙期のスピノザ受容や形而上学上の概念の変遷を研究している。
https://researchmap.jp/Shiori_TSUDA/

木場智之(こば ともゆき)

一橋大学大学院社会学研究科修士課程在学。2018年東京大学法学部卒業。専攻は法思想史・政治思想史。主に16世紀において、国家教会関係の理論化が、それまでの時代の伝統を踏まえた上でいかなる変貌を遂げたかを研究している。中心となる研究対象は神学者のフランシスコ・デ・ビトリア (1483-1546)の世俗権力論と教会権力論である。ビトリアについては本人による論文、「内乱をめぐる言語 ― フランシスコ・デ・ビトリアの世俗権力論をめぐる政治思想史的文脈―」(『一橋社会科学』, 第11巻, 2019, pp. 33-52)および報告、Francisco de Vitoria`s idea of ius naturale and sequitur ex iure naturali, The 26. Hitotsubashi International Conference: INTERNATIONAL WORKSHOP "Kant's Practical Philosophy", 一橋大学(東京都), 2019年3月23日を参照。

top