若手研究者紹介

サイトトップへ戻る

若手研究者一覧

フリガナ ミカモト サトミ
名前 三家本 里実
専攻分野 労働社会学、雇用政策
研究概要  本研究の目的は、情報サービス業における労働過程がどのように編成され、そのなかで労働者はどのように統制さているのかを実証的に明らかにすることにある。製造業との比較において、情報サービス業では、労働者が「自律的」に労働過程に関与することが想定されてきたが(「構想と実行の分離」の「再統合」)、労働者が資本主義的生産のもとで「自律性を発揮する」とは、どのような状態を指しており、あるいはそれがどのような意味を有しているのか、理論的、かつ実践的に分析する。
 また、その際、労働者の保有する技能にも着目する。それは、保有する技能の性質や内容によって、労働者の労働過程への関わりがどのように変化するのか、また、いかにして技能が、労働者による抵抗や交渉力の源泉になりうるのかを探ることも、本研究の射程に含まれるからである。
現在の研究テーマ 情報サービス業における労働過程の編成と技能形成
キーワード 労働過程、自律性、労務管理、正社員、若年雇用、日本型雇用システム
研究業績 *
  修士論文 IT労働者の「取引・配置・運用」に関する実証研究 ―情報サービス産業の下流工程における「職務」に着目して―
An Empirical Study on “Contract” “Assignment” and “Operation” among IT-Workers: With Focus on Work Duties during the Downstream Process in the Information Technology Services Industry
博士論文  
 
業績詳細 【論文】
・「情報通信業はなぜ長時間『残業』が発生するのか データで読み解く残業の発生要因」、情報労連機関誌『REPORT』、2017年3月
・「労働過程論における自律性概念の再解釈 ―ブレイヴァマンの労働過程分析を通して」、『季刊 経済理論』第53巻第4号、2017年1月(査読あり)
・「情報通信業における長時間残業の要因とその影響」、労働政策研究・研修機構編『働き方の二極化と正社員 ―JILPTアンケート調査二次分析結果』(労働政策研究報告書No.185)、第6章執筆、労働政策研究・研修機構、2016年11月
・「労働組合が裁量労働制の運用に規制力を発揮 業務量そのものの調整が今後の課題に」、情報労連機関誌『REPORT』、2016年11月
・「開発プロセスの決定における労働者の自律性に関する考察 ―ソフトウェア開発の中・下流工程を対象として」、『社会政策』第8巻第2号、2016年10月(査読あり)
・「ITエンジニアのヒアリング結果から見えてきた『働き方改革』における『裁量労働制』拡大のキケン」、情報労連機関誌『REPORT』、2016年10月
・「ITエンジニアのキャリア形成のために企業横断的なスキル評価の整備を」、情報労連機関誌『REPORT』、2016年5月
・「『残業』歯止めに労組の役割発揮が必要」、情報労連機関誌『REPORT』、2016年3月
・「情報サービス産業の下流工程における雇用関係ルール ―IT労働者の『採用・配置・指揮命令』に関する実証研究」、『一橋社会科学』第8巻、2016年3月(査読あり)

【学会等報告】
・「裁量労働制を規制する労使関係の実態」、社会政策学会第134回大会、於明星大学、2017年6月
・「『課業』概念の再考とその適用の現段階 ―ブレイヴァマンによるテイラーの科学的管理分析を通して」、経済理論学会第64回大会、於福島大学、2016年10月
・「労働過程論における自律性概念の再解釈 ―ブレイヴァマンを通して」、マルクス研究会第12回定例研究会、於立教大学、2015年12月
・「ソフトウェア開発の中・下流工程におけるIT労働者の自律性に関する考察」、社会政策学会第130回大会、於お茶の水女子大学、2015年6月
・「IT労働者の『採用・配置・運用』に関する実証研究」、日本労働社会学会14年度第1回研究会、於専修大学、2014年3月


所属学会 社会政策学会、日本労働社会学会、経済理論学会
担当可能領域 労働社会学
読解可能言語 英語
職歴 2017年4月~ 一橋大学科学研究費アシスタント
2016年4月~2017年3月 一橋大学科学研究費技術員
2015年10月~2016年3月 一橋大学リサーチ・アシスタント
2014年7月 2015年3月 一橋大学リサーチ・アシスタント
2013年7月 2014年3月 一橋大学リサーチ・アシスタント
特記事項 2013年4月 2016年3月 日本学術振興会特別研究員(DC1)

*「修士論文」、「博士論文」の上段・下段はそれぞれ日本語タイトル、英文タイトルを示す。

このページの一番上へ