若手研究者紹介

サイトトップへ戻る

若手研究者一覧

フリガナ セキ チカコ
名前 関 千賀子
専攻分野 日本近世史、幕政史
研究概要 江戸の遊所・遊女の統制に関わる史料の網羅的分析から、①江戸幕府の役人が遊所・遊女をどのように認識し、統制を行ったのか、②そうした統制は、被統制者にどのような影響を与えたのか、③近世全体を通じて幕府による統制および被統制者に対する影響がどのように変化したのか(または、しなかったのか)、以上3点を社会的動向も踏まえつつ考察することを主な研究課題とする。
現在の研究テーマ 江戸幕府の遊所認識
キーワード
研究業績 *
  修士論文 「江戸幕府の遊所統制と新吉原遊廓―町奉行所関連史料の分析を中心に―」
「THE CONTOROL OF SHINYOSHIWARA YUKAKU(A RED-LIGHT DISTRICT)BY EDO SHOGUNATE:THE STUDY OF MATERIALS RELATED TO THE TOWN MAGISTRATE」
博士論文  
 
業績詳細 ◆論文
  「江戸幕府の遊所統制と新吉原遊廓―町奉行所関連史料の分析を中心に―」(修士論文一橋大学社会学研究科)
2018年3月
◆学会報告
「仮宅訴訟にみる吉原―遊女屋をとりまく人々―」 総合女性史学会(於文京区男女平等センター)、2016年7月30日。

所属学会
担当可能領域 日本近世史、幕政史
読解可能言語 英語
職歴 2018年4月-現在 一橋大学 ティーチング・アシスタント
2018年4月-現在 人間文化研究機構国文学研究資料館 リサーチ・アシスタント
特記事項 日本語教員養成課程修了

*「修士論文」、「博士論文」の上段・下段はそれぞれ日本語タイトル、英文タイトルを示す。

このページの一番上へ