若手研究者紹介

サイトトップへ戻る

若手研究者一覧

フリガナ オオシマ ガク
名前 大島 岳
専攻分野 社会学、社会調査
研究概要 HIV/AIDSの登場から30年間経った現在、日本では1997年から多剤併用療法の登場により、医学的推測値では生存率が劇的に改善し、現在では陰性者と同様に天寿を全うできる状況に近づきつつあると言われている。一方で、数少ない先行研究では、社会・構造的スティグマも同様のインパクトで健康や寿命に大きく影響を与えることが徐々に明らかとなってきた。しかしHIVについての社会のスティグマは残存し、寧ろ幾つかの側面では悪化しているとさえ言える。本研究は、長期にわたりHIVと共に生きてきた人、特にセクシュアリティにまつわるスティグマという二重のスティグマ経験者と共にどのように生き抜いてきたかに焦点を当てる。その際、従来の殆どの研究が前提としてきた社会的脆弱性が極めて高いというスティグマ化された視角「欠如モデル」を越えて、数々の逆境にもかかわらず生き抜き様々な楽しみや喜びを見出してきた経験にむしろ着目する「レジリエンスモデル」を用いてHIV陽性者の生を分析し、当事者の経験を聴き伝えあう力を記述する。
現在の研究テーマ HIV陽性者のライフストーリー-セクシュアリティ・病の歴史化と世代継承性-
キーワード 社会調査(質的)、ライフストーリー論、当事者研究、病と障がい,セクシュアル・マイノリティ
研究業績 *
  修士論文 若年ゲイ男性のライフストーリー-HIV/AIDS時代における性-
Life stories of young gay men: in the era of HIV/AIDS
博士論文  
 
業績詳細 %37:
(1)学位論文・論文
「若年ゲイ男性のライフストーリー-HIV/AIDSの時代における性」(修士論文。一橋大学社会学研究科提出)、2015年3月.
論文
【査読あり】
①大島岳、「「性的冒険主義」を生きる-若年ゲイ男性のライフストーリーにみる男らしさ規範と性」『新社会学研究』 2016年第1号, 93-118, 新曜社.
②大島岳、「ライフストーリーを話し聴き合うことの力-当事者として共に在ること/語り継ぐことの社会学-」『日本エイズ学会誌』18(4),399-400,2016.
③木南拓也、岩橋恒太、荒木順子、佐久間久弘、大島岳、金子典代、本間隆之、市川誠一 「コミュニティセンターaktaを基点とす るアウトリーチ活動の効果評価―アウトリーチ介入実施店舗と未実施店舗の比較―」『日本エイズ学会誌』17(4),406, 2015.
④本間隆之、岩橋恒太、木南拓也、荒木順子、佐久間久弘、大島岳、金子典代、市川誠一 「コミュニティを基盤とした組織(CBO)の 受け入れとコミュニティ感覚―コミュニティセンターaktaを基点とするアウト リーチの評価―」『日本エイズ学会誌』17(4),406, 2015.
⑤岩橋恒太、高野操、大島岳、阿部甚兵、柴田惠、矢島嵩、加藤悠二、佐久間久弘、大木幸子、塩野徳史、金子典代、市川誠一、生島嗣、荒木順子、「首都圏居住のMSMを対象とした、HIV抗体検査普及のためのウェブコンテンツ「あんしんHIV検査サーチ」の構成とその検討『日本エイズ学会誌』16(4),261, 2014.
⑥荒木順子、佐久間久弘、木南拓也、岩橋恒太、大島岳、柴田惠、阿部甚兵、金子典代、塩野徳史、市川誠一「MSMを対象とした情報の集約・発信のハブ的装置としてのコミュニティセンターakta」『日本エイズ学会誌』16(4),249, 2014.
⑦佐久間久弘、荒木順子、岩橋恒太、柴田惠、大島岳、木南拓也、阿部甚兵、金子典代、塩野徳史、市川誠一、「コミュニティセンターaktaを基点としたMSM向け性風俗店との連携を通じた予防行動促進キャンペーンの構成」『日本エイズ学会誌』15(4),449, 2013.
⑧大島岳、荒木順子、木南拓也、佐久間久弘、岩橋恒太、市川誠一、「コミュニティセンターaktaにおける対面情報提供機能の検討」『日本エイズ学会誌』14(4),399, 2012.
(2)学術雑誌等又は商業誌における解説、総説
⑨生島嗣、野坂祐子、山口正純、林神奈、藤田彩子、大島岳、三輪岳史、大槻知子「MSMの薬物使用・不使用に関わる要員の調査」、『地域においてHIV陽性者と薬物使用者を支援する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書』7-12.(研究代表者:樽井正義)
⑩大島岳、「性教育が伝える「病」」池田理知子、五十嵐紀子編、『よくわかるヘルスコミュニケーション』28-29,2016年、ミネルヴァ書房.
⑪井上洋士、村上美知子、山口正純、佐藤未光、大島岳、牧園祐也、戸川貴一朗『ポジティブなSEX LIFEハンドブック』厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業 HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班(研究代表者:白阪琢磨)「HIV陽性者のセクシュアルヘルスの実態把握と支援方略検討」グループ(分担研究者:井上洋士)
(3)国際会議における発表
⑫Gaku Oshima,”Sexual Violence to the social marginality: Vulnerability and Resilience”, The Second South-South Institute on Sexual Violence against Men and Boys, Phnom Penh, Kingdom of Cambodia, May 26 (2015)
(4)国内学会・シンポジウム等における発表(発表申し込みが受理されたものを含む)
口頭発表・査読あり
⑬大島岳「ゲイ男性の性被害とその後に与える複雑な影響の様相」関東社会学会研究例会 2016年度第1回「性的身体の現代的諸相」、於東京女子大学、2017年2月18日.
⑭大島岳、「ライフストーリーを話し聴き合うことの力 -当事者として共に在ること/語り継ぐことの社会学-」第30回日本エイズ学会学術集会・総会 シンポジウム「HIV/AIDSに関する『異なる記述』の探求:対象、捉え方、手法」、於鹿児島大学、2016年11月26日.
⑮大島岳、「性を調査する-性的冒険主義にみる主体とリスク-」「テーマセッションフィールドワーカーとリスク」第89回日本社会学会、於九州大学、2016年10月8日.
⑯大島岳、「社会の周縁を調査する上でのリスク評価と回避法確立の重要性」第14回オーラルヒストリー学会自由報告、於一橋大学、2016年9月4日.
⑰大島岳、「男性間暴力と男性性再生産の構造-若年ゲイ男性のライフストーリーを事例として-」「テーマセッション〈男性の生きづらさ〉をめぐる社会学」第88回日本社会学会大会、於早稲田大学、2015年9月7日.
口頭発表・査読なし
⑱大島岳、「社会調査における新たな視覚-脆弱性からレジリエンスへ:ゲイ男性のライフストーリーとHIVからの一考察-」第63回関東社会学会大会、於千葉大学、2015年6月7日.
(5)特許等 なし
(6)その他[学外活動]
⑲大島岳、「患者支援NPOからみた日本のエイズ対策」JICA九州課題研修平成28年度「HIV/エイズ予防および対策〜MDG6達成に向けて」JICA、於JICA東京国際センター(東京都渋谷区)、2017年3月3日.
⑳大島岳、「基礎講座「多様な性と不平等」ー若年ゲイ男性のライフストーリーから考えるー」一橋大学ジェンダー特論(平井和子先生)、於一橋大学(東京都国立市), 2017年1月6日.
㉑大島岳、「“性的少数者”とはだれか?」世田谷市民大学「差別と排除の社会学」(好井裕明先生)、於世田谷市民大学(東京都世田谷区)、2016年10月24日.
㉒大島岳、「大学・教育とセクシャルマイノリティ(LGBT)-大学で出来る支援について考えよう-」司会, 一橋大学大学院社会学研究科 ジェンダー社会科学研究センター(東京都国立市)、2016年11月18日.
㉓大島岳、「性に寄り添うことの意味ー若年ゲイ男性のライフストーリーを聴く」チャイルドラインたちかわ主催「2016 市民公開講座」、於立川市こども未来センター(東京都立川市)、2016年10月16日.
㉔Gaku Oshima, Annual General Meeting of Asia Pacific Network of People Living with HIV (APN+)、(Bangkok Thailand), May 21, 2016.
㉕Gaku Oshima, Global Platform to Fast-Track HIV and Human Rights Responses with Gay, Bisexual Men and Other Men Who Have Sex with Men, Co-Convened by UNAIDS and MSMGF、於WHO (Geneva, Switzerland)January 12-13, 2016.
㉔五十嵐舞、大島岳「性的”マイノリティ”と性の”ふつう”」平成28年度練馬区男女参画センターえーる市民企画講座(東京都練馬区)、於練馬区男女参画センターえーる、2016年6月22日.
㉕五十嵐舞、大島岳「子どもの性の”あいまいさ”と大人ができること」国立市男女平等推進事業・一橋大学男女共同参画推進室協賛、国立市公民館(東京都国立市)、2016年3月26日.
㉖Gaku Oshima, PrEPARING Asia, APCOM, UNAIDS, WHO, UNICEF, USAID,FHI360, UNDP、(Bangkok Thailand)23-25, 2015.
㉗大島岳、「「まぜこぜ社会」が世界を変える」放送大学特別講義ゲスト、於放送大学学園(千葉県幕張市)、2015年4月25日.
㉘大島岳、大木幸子「GOQL vol.5〜ボディメイク編〜「見た目重視でイイですか?」講師、於ぷれいす東京(東京都新宿区)、2015年3月1日.(映像作品)
㉙大島岳、「akta Talk Show /エイズの今を知る!vol.9 世界からの視点で日本のHIVを考える-国際エイズ会議 in メルボルンから」司会、community center akta(東京都新宿区)、2014年10月19日.
㉚大島岳、「Delivery Health Project: HIVその他性感染症勉強会」ファシリテーター、於community center akta(東京都新宿区).
㉛河村裕樹、別府朋来、大島岳、Justin Bethune「『住み開き』という生き方-西国図書館」(一橋大学大学院社会学研究科「調査と方法Ⅰ」演習課題)、8分、2014年1月.(映像作品)

所属学会 日本社会学会、関東社会学会、日本エイズ学会、日本オーラルヒストリー学会、日本保健医療社会学会
担当可能領域 社会調査(質的)、社会学
読解可能言語 英語
職歴 2017年4月〜 一橋大学大学院社会学研究科 ティーチング・アシスタント「質的調査研究(社会調査士F科目)」(小林多寿子教授)
2017年1月6日 「基礎講座「多様な性と不平等」ー若年ゲイ男性のライフストーリーから考えるー」一橋大学ジェンダー特論(平井和子先生)、於一橋大学(東京都国立市).
2016年10月24日 「“性的少数者”とはだれか?」世田谷市民大学「差別と排除の社会学」(好井裕明先生)、於世田谷市民大学(東京都世田谷区).
2016年4月〜 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2015年4月〜 2016年3月一橋大学大学院社会学研究科 ティーチング・アシスタント「学部3年演習(社会調査士G科目)」(小林多寿子教授)
  7月〜  3月一橋大学大学院社会学研究科 「トラウマとジェンダーの相互作用:精神病理・逸脱・創造性」 リサーチ・アシスタント(宮地尚子教授)
  10月〜 2016年3月放送大学大学院文化科学研究科 「大学院修士全科生 研究指導」 ティーチング・アシスタント(井上洋士教授)
特記事項 2015年3月 精神保健福祉士取得
2015年5月 一般社団法人社会調査協会「専門社会調査士」「社会調査士」取得
2016年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)

*「修士論文」、「博士論文」の上段・下段はそれぞれ日本語タイトル、英文タイトルを示す。

このページの一番上へ