教員紹介

サイトトップへ戻る

竹部 成崇 (たけべ・まさたか)

特任講師 、1988年生
ジュニア・フェロー: 

研究室:第一研究館3階1318号室
オフィスアワー:特に指定しません(事前にメールで相談してください)。


主要研究領域

社会心理学

現在の研究テーマと今後の抱負

経済格差や集団内分裂・集団間紛争といった社会的な問題について、心理学的な観点から研究を行っています。その他に、人の向社会性にも関心があり、何が向社会的行動に影響を及ぼすのか、向社会的行動が生じると本人・相手・第三者の心や行動はどういった影響を受けるのか、といったことについても研究を行っています。
こうした研究を通して、より良い社会づくりに、心理学的な観点から貢献できればと考えています。

担当科目

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会学科導入科目40131社会研究入門ゼミナール(竹部 成崇)秋・冬金  3

学歴

2010年3月 一橋大学社会学部社会学科卒業
2012年4月 一橋大学大学院社会学研究科修士課程入学
2014年3月 同課程修了
2014年4月 一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程入学
2018年3月 同課程修了

学位

博士(社会学) 一橋大学(2018年)

職歴

2010年4月 - 2012年1月 花王株式会社 ヒューマンヘルスケア事業ユニット パーソナルヘルス ケア事業グループ インバスヘルスケアグループ
2015年6月 - 2018年3月 武蔵野大学 通信教育部 非常勤講師(「心理学実験実習1」「心理学実験実習2」※後者は2016年4月から)
2017年4月 - 2017年8月 東京都市大学 メディア情報学部 代講(「事例研究(3年ゼミ)」)
2017年4月 - 2018年3月 横浜労災看護専門学校 非常勤講師(「情報科学」)
2017年4月 - 現在 放送大学 教養学部 非常勤講師(「心理学実験2」)
2017年9月 - 現在 川越看護専門学校 非常勤講師(「心理学」)
2018年4月 - 現在 青山学院大学 総合文化政策学部 非常勤講師(「コンピュータ統計基礎/情報と人間」)
2018年4月 - 現在 一橋大学大学院社会学研究科ジュニアフェロー(特任講師)

主要業績
A.著書・共著等

・村上香奈・山崎浩一編『よくわかる心理学実験実習』(共著), ミネルヴァ書房, 2018.3.31

B.論文(94年以降)

・「なぜ貧しい人ほど寄付をするのか-金銭的欠乏感の影響に着目した検討-」『一橋大学社会学研究科提出博士論文』, p.1-128, 2018.3
・「Perceived autonomous help and recipients’ well-being: Is autonomous help good for everyone?」(共著) Current Research in Social Psychology 25, p.56-65, Center for the Study of Group Processes at the University of Iowa, 2017.12
・“Why do extraverts feel more positive affect and life satisfaction? The indirect effects of social contribution and sense of power” (co-author) Current Research in Social Psychology 24, p.40-48, Center for the Study of Group Processes at the University of Iowa, 2016.12
・「主観的社会経済的地位が援助意図に及ぼす影響-社会経済的地位が高い個人の方が高い援助意図を持つ場合-」(共著) 『人間環境学研究』 第14巻第2号, p.93-99, 人間環境学研究会, 2016.12
・「経済的な豊かさと寄付の心理的効用-東日本大震災前後の比較-」『ノンプロフィット・レビュー』 第16巻第1号, p.57-65, 日本NPO学会, 2016.6

C.翻訳

D.その他(94年以降)

研究プロジェクト等(94年以降)

受賞等

・若手研究者奨励賞, 日本社会心理学会, 2018.1

このページの一番上へ