教員紹介

教員紹介


教員検索

教員の主要研究領域を検索
※一語のみ指定してください。


サイトトップへ戻る

ソニア・デール (DALE, Sonja)

特任講師
留学生・グローバル化関連科目担当: 

研究室:東本館 118号室


主要研究領域

ジェンダーとセクシュアリティ・スタディーズ(LGBT/クィア・スタディーズ)、社会学

現在の研究テーマと今後の抱負

研究は、主に日本とジェンダーとセクシュアリティと関わるものです。博士課程からは、「Xジェンダー」というジェンダー・アイデンティティ(性自認)を中心に、日本におけるジェンダーとセクシュアリティ言説とアイデンティティの構築について考えてきました。次は、性暴力とLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)について研究する予定です。他に、社会におけるマイノリティに関心をもっています。社会は、普遍的なものではなく、多様で多数な視点や経験があり、その多様性を表に出していきたいです。

フィールドワークの結果を活かす理論を探ることも、研究の目的です。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
研究科共通科目先端社会科学4743クィア理論1

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会学科導入科目40104社会研究入門ゼミ1
社会学科導入科目40104社会研究入門ゼミ1
科目群外講義47209Social Sciences in English B-22
科目群外講義47305クィア理論1

学歴

2003年9月~2006年6月 Warwick University, Faculty of Social Sciences, Department of Philosophy, BA(Hons) in Philosophy 
ウオーリック大学文系研究科哲学学科 (イギリス)
2007年9月~2009年8月 Aarhus Universitet, Institut for Historie og Områdestudier, MA in European Studies
オーフス大学地域・歴史研究科ヨーロッパ・スタディーズ専攻修士課程
(2009年8月 ヨーロッパ・スタディーズ修士号取得)(デンマーク)
2008年2月~2008年7月 Université de Cergy-Pontoise, Département Histoire, Master études européennes (ERASMUS exchange) 
セルジ・ポントワーズ大学歴史研究科ヨーロッパ・スタディーズ専攻修士課程(留学)(フランス)
2009年10月~2014年3月 上智大学グローバル・スタディーズ研究科グローバル社会専攻博士課程
(2014年3月 グローバル社会博士号取得)

学位

博士(グローバル社会)

職歴

2013年4月~2015年3月  上智大学 特別研究員 
2015年4月~2015年9月  法政大学 非常勤講師  
2013年4月~2016年3月  東海大学 非常勤講師 
2014年4月~  上智大学 非常勤講師 
2015年10月~  一橋大学 特任講師

主要業績
A.著書・共著等

B.論文(94年以降)

・“X-jendā” TSQ: Transgender Studies Quarterly 1(2), p.270-272
・“An Introduction to X-JendāIntersections: Gender and Sexuality in Asia and the Pacific 31
・「日本のトランスジェンダー・性同一性障害論における「外国」・「異文化」の役割」『AGLOS』 2012年10月号, 上智大学

C.翻訳

・「Queers and the Issue of “Priority”」(原著:田中玲), TSQ: Transgender Studies Quarterly

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・“Identity and Sexuality – Stories from Individuals Who Identify as X-Gender in Japan”, The 22nd Congress of the World Association for Sexual Health, 2015.7, Suntec City Singapore Convention & Exhibition Centre
・“To be X-Jendā – Gender and the Politics of Identity in Contemporary Japan”, Women Educators and Language Learners Conference, 2015.2, National Women’s Education Centre, Saitama
・「一人称とジェンダー」, 第88回日本社会学会大会, 2014.11, 神戸大学
・「「Xジェンダー」という視点からジェンダーと仕事の関係について考える」, 第2回アジア未来会議, 2014.8, ウダヤナ大学、バリ島、インドネシア
・“Saying ‘I’ – Gender, Identity and Social Status in Japanese Pronouns”, The 18th International Sociological Association World Congress of Sociology, 2014.7, Pacifico Yokohama Convention Complex, Yokohama
・“Categorically Speaking – Examining the Identity Politics of ‘X-jendā’”, The 8th International Gender and Language Association Conference, 2014.6, Simon Fraser University, Vancouver, Canada
・「The Body ‘Ambiguous’ – Gender, the Body, and (x) Gender Identity」, The 18th Annual Asian Studies Conference Japan, 2014.6, Sophia University, Tokyo
・“Conceptualizing X-jendā – Straddling/In-between/Collapsing the ‘Gender Binary’?”, Amsterdam School for Cultural Analysis International Workshop, 2013.4, University of Amsterdam, the Netherlands
・「アジアに同性結婚が認められる日が来るのか―日本とシンガポールを中心に」, 第1回アジア未来会議, 2013.3, セントラグランドラップラオ、バンコク、タイ
・「Introducing X-Gender: A Case of Transgender Identity in Japan」, The Association for Gender, Research, Education, Academia and Action (AGREAA) Trans* Studies Conference, 2012.3, University of La Verne College of Law, Ontario, California, USA
・“M/F/X – Exploring the Meanings of Gender Categories Through the Accounts of Individuals who Identify as 'X-jendā'”, Boundary Crossing – Sex & Gender in Context (Workshop), 2011.12, Sophia University, Tokyo
・「「外国」「異文化」の役割:日本におけるトランスジェンダー・性同一性障害議論と「外国」「異文化」の例・使用」, ワークショップ:日本とJapanとクィアとqueer, 2011.12, 上智大学、東京
・「ジェンダー化された自分:日本のトランスジェンダー議論における「ジェンダー・アイデンティティ」、「性自認」の分析」, 第3回クィア学会, 2011.11, 中央大学、東京
・“X-Gender: ‘Gender Ambiguity’ in Contemporary Japan”, Sexual Boundary Crossings & Sexual Contact Zones in East Asia (Workshop), 2010.10, Sophia University, Tokyo
・“Gender Ambiguity”, The 2010 British Association of Japanese Studies Conference, 2010.9, School of Oriental and African Studies, London, United Kingdom
・“X-Gender: The Formulation of a Non-Male/Female Gender Identity”, The 6th International Gender and Language Association Conference, 2010.9, Tsuda College, Tokyo

研究プロジェクト等(94年以降)

受賞等

このページの一番上へ