教員紹介

サイトトップへ戻る

佐藤 雅哉 (さとう・まさや)

特任講師
ジュニア・フェロー: 
https://researchmap.jp/masayasa/
研究室:第一研究棟 1118


主要研究領域

アメリカ史 社会運動史 女性史 イスラエル・パレスチナ問題 

現在の研究テーマと今後の抱負

アメリカ合衆国の政治文化の変容過程を、アラブ・イスラエル問題を中心に研究をしている。特に、アメリカで支配的な政治文化のである「イスラエル例外論」に対してアメリカの社会運動がどのようにコミットし、どう変容させたのかを検証している。

担当科目

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会学科導入科目40126社会研究入門ゼミナール(佐藤 雅哉)秋・冬火  4

学歴

2016年3月 一橋大学大学院社会学研究科 博士後期過程単位修得退学

学位

博士(社会学)

職歴

2010年9月-2013年5月 Teaching Assistant Southern Illinois University Carbondale
2015年4月-2018年3月 非常勤講師 武蔵大学
2016年4月-2019年3月 特任研究員 東京大学

主要業績
A.著書・共著等

・足羽與志子・中野聡・吉田裕編『平和と和解――思想・経験・方法』(共著), 旬報社, 2015.3.30

B.論文(94年以降)

・“Bella Abzug’s Dilemma: The Cold War, Women’s Politics, and the Arab-Israeli Conflict in the 1970sJournal of Women's History 30(2), p.112–135, Johns Hopkins University Press, 2018.6
・「アメリカ社会における女性平和運動―1961年から1972年における『平和のための女性ストライキ』から」『アメリカ研究』 通巻45号, p.137–156, 日本アメリカ学会, 2011.3

C.翻訳

D.その他(94年以降)

研究プロジェクト等(94年以降)

受賞等

このページの一番上へ