教員紹介

サイトトップへ戻る

太田 美幸 (おおた・みゆき)

教授
総合社会科学専攻:人間・社会形成研究分野(教育社会学)
地球社会研究専攻:地球市民論(教育社会学)

研究室:第1研究館2階1204
オフィスアワー:随時 (事前にメールで予約してください。)


主要研究領域

比較教育、成人教育、ノンフォーマル教育

現在の研究テーマと今後の抱負

教育制度の外で展開されるノンフォーマル教育を主な研究対象とし、ノンフォーマル教育の組織化過程に働く多様な力学と、その結果として形成される「学習社会」の構造を、比較研究・歴史研究によって解明することを目指しています。西洋生まれの近代学校教育は世界各地に普及していますが、その一方で、社会集団ごとに異なる人づくりの思想や様式も受け継がれています。学校教育はどのような文化を伝達してきたのか、それ以外の文化はどのように伝達・実践されてきたのかを問い、教育制度の外側で組織化されてきた人づくりの営みを可視化することで、教育という概念の幅広さと文化ヘゲモニーのありようが具体的な像をともなって把握できるのではないかと考えています。

担当科目

大学院:

専攻 分野/科目群 番号 科目名 学期 曜日 時限
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4402教育の社会史(4805:「多文化社会の人間形成」をもって替える)秋・冬3
総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野4421リサーチワークショップ通年集中 
地球社会研究専攻文化4805多文化社会の人間形成秋・冬3
地球社会研究専攻地球社会研究4827地球社会研究 I2
地球社会研究専攻地球社会研究4832地球社会博士特論通年5
地球社会研究専攻連携大学院実践科目4839インターンシップ I春・夏1
地球社会研究専攻連携大学院実践科目4840インターンシップ II秋・冬1
地球社会研究専攻リサーチ実践4841リサーチ演習 I春・夏1
地球社会研究専攻リサーチ実践4842リサーチ演習 II秋・冬1
地球社会研究専攻プロジェクト実践4845プロジェクト演習春・夏1
大学院ゼミナール

学部:

科目区分 番号 科目名 学期 曜日 時限
社会学科導入科目40101社会研究の世界春・夏1
人間・社会形成研究分野44203教育の歴史A2
学部後期ゼミナール(3年) | 学部後期ゼミナール(4年)

学歴

1997年3月 一橋大学社会学部卒業
2001年4月 一橋大学大学院社会学研究科修士課程入学
2003年3月 同課程修了
2003年4月 一橋大学大学院社会学研究科博士課程進学
2006年12月 同課程単位修得退学

学位

博士(社会学)(一橋大学)

職歴

2005年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)(2006年12月まで)
2005年9月 リンシェーピン大学行動科学研究所客員研究員(2006年8月まで)
2007年1月 鳥取大学生涯教育総合センター助手
2007年4月 鳥取大学生涯教育総合センター助教
2008年4月 鳥取大学生涯教育総合センター講師
2010年4月 立教大学文学部准教授
2013年4月 一橋大学大学院社会学研究科准教授
2017年4月 一橋大学大学院社会学研究科教授

主要業績
A.著書・共著等

・丸山英樹・太田美幸編『ノンフォーマル教育の可能性―リアルな生活に根ざす教育へ』(共編著), 新評論, 2013.12
・『生涯学習社会のポリティクス―スウェーデン成人教育の歴史と構造』, 新評論, 2011.1
・関啓子・太田美幸編『ヨーロッパ近代教育の葛藤―地球社会が求める教育システムへ』(共編著), 東信堂, 2009.3

B.論文(94年以降)

・「性の多様性をめぐる教育政策研究の課題」『日本教育政策学会年報』 通巻24号, 2017.7
・「公的に保障されるべき教育とは何か―ノンフォーマル教育の国際比較から」(共著) 『〈教育と社会〉研究』 通巻26号, p.63-76, 一橋大学〈教育と社会〉研究会, 2016.9
・「社会変動とノンフォーマル教育―欧州とアジアの事例」『科研費基盤研究(B)海外学術「学習者のウェルビーイングに資するノンフォーマル教育の国際比較研究」報告書』, p.65-74, 2016.3
・「ノンフォーマル教育研究の射程」(共著) 『科研費基盤研究(B)海外学術「学習者のウェルビーイングに資するノンフォーマル教育の国際比較研究」報告書』, p.7-20, 2016.3
・「住環境の文化史から〈近代の人づくり〉を読み解く」『〈教育と社会〉研究』 通巻25号, p.19-30, 一橋大学〈教育と社会〉研究会, 2015.12
・「風景と道具の人間形成作用―スウェーデンの近代化過程におけるミュージアム・ペダゴジー」青木利夫・柿内真紀・関啓子編『生活世界に織り込まれた発達文化―人間形成の全体史への道』, 東信堂, 2015.7
・「スウェーデンにおけるセツルメント運動の歴史と現在」松田武雄編『社会教育福祉の諸相と課題―欧米とアジアの比較研究』, 大学教育出版, 2015.3
・「生涯学習」木村元編『教育学(第7版)』, 医学書院, 2015.3
・「スウェーデンモデルにおけるノンフォーマル成人教育の機能― 成人教育の制度化過程と民衆大学への役割期待」『立教社会福祉研究』 通巻31号, p.55-67, 立教大学社会福祉研究所, 2011
・「『成人教育のスウェーデンモデル』とは何か ―ノンフォーマル教育の『輸出』をめぐる論点」『立教大学教育学科研究年報』 通巻54号, p.19-33, 立教大学文学部教育学科, 2010
・「現代における定時制高校の役割」(共著) 『鳥取大学生涯教育総合センター研究紀要』 通巻6号, p.1-25, 鳥取大学生涯教育総合センター, 2009
・「子どもの性的人権・性的発達の保障に向けた連携の課題」『2007年度科学研究費補助金(基盤研究B 課題番号17330167)研究報告 地域の教育福祉諸機関の連携に関する総合的研究』, p.6-16, 鳥取大学地域学部地域教育学科, 2008.3
・「高校教育改革下の定時制高校の状況」(共著) 『地域学論集』 第4巻第3号, p.327-367, 鳥取大学地域学部, 2008.3
・「生涯学習の資源としての図書館―鳥取県立図書館の先駆的取り組み」『鳥取大学生涯教育総合センター研究紀要』 通巻4号, p.87-91, 鳥取大学生涯教育総合センター, 2008.1
・「『新しい社会運動』のなかの成人学習―スウェーデン女性運動によるラディカル成人教育の実践」『〈教育と社会〉研究』 通巻17号, p.46-54, 一橋大学〈教育と社会〉研究会, 2007.8
・「学習社会論における比較成人教育史研究の可能性」『日本の科学者』 第42巻第6号, p.24-27, 日本科学者会議, 2007.5
・「スウェーデン民衆教育における移民たちの政治的文化実践」『日本学習社会学会年報』 通巻2号, p.67-75, 日本学習社会学会, 2006.9
・「『生涯学習社会』のポリティクス―成人の教育・学習活動と社会変革」『日本学習社会学会年報』 通巻1号, p.64-72, 日本学習社会学会, 2005.9
・「スウェーデンにおける民衆教育の性格変容」『比較教育学研究』 通巻31号, p.101-117, 日本比較教育学会, 2005.6
・「スウェーデン成人教育政策の史的展開―民衆運動との関わりに着目して」『日本教育政策学会年報』 通巻11号, p.145-160, 日本教育政策学会, 2004.6
・“Beyond Silence: Social and Historical Reflections upon Educational Projects for Minority Groups” (co-author) Hitotsubashi Journal of Social Studies 35(2), p.29-46, 2003.12
・「スウェーデンにおける学習サークルの形成と組織化」『〈教育と社会〉研究』 通巻13号, p.49-57, 一橋大学〈教育と社会〉研究会, 2003.8

C.翻訳

・『イケアとスウェーデン―福祉国家イメージの文化史』(原著:Sara Kristoffersson Design by IKEA: A cultural history, Bloomsbury, London, 2014年, 英語), 新評論, 2015.10
・『政治のなかの保育-スウェーデンの保育制度はこうしてつくられた』(原著:Barbara Martin Korpi Förskolan i politiken: om intentioner och beslut bakom den svenska förskolans framväxt, Sverige. Utbildnings- och kulturdepartementet, Stockholm, 2006年, スウェーデン語), かもがわ出版, 2010.4
・『性的虐待を受けた少年たち―ボーイズ・クリニックの治療記録』(原著:Anders Nyman, Börje Svensson Boys: Sexual abuse and treatment (2.ed.), Rädda barnen (Save the Children Sweden), Stockholm, 2002年, 英語), 新評論, 2008.1
・「社会間関係と準拠社会の構築/近代化プロセスと外在化―比較教育研究の批判的再定義のために」(原著:Juergen Schriewer“Inter-Societal Relations and the Construction of Reference Societies: Externalisation in Processes of Modernisation”, 2002年, 英語, 荒木和華子・神谷純子との共訳)『〈教育と社会〉研究』 通巻13号, 一橋大学〈教育と社会〉研究会, 2003.8

D.その他(94年以降)

〔口頭発表〕

・「教育権保障と「普通教育」の柔軟化をノンフォーマル教育研究からみる」, 日本比較教育学会第52回大会, 2016.6, 大阪大学
・「スウェーデンにおける『社会美』の思想と『国民の家』」, 唯物論研究協会第38回研究大会, 2015.10, 群馬大学
・“What is Identity of Non-formal Education beyond Dichotomy?”, 15th World Congress of Comparative Education Societies, 2013.6, アルゼンチン・ブエノスアイレス大学(共同発表者:Hideki Maruyama)
・「ノンフォーマル教育研究の射程」, 一橋大学<教育と社会>研究会, 2013.6, 一橋大学
・「スウェーデンの『学習サークル・デモクラシー』をめぐって」, 唯物論研究協会第35回大会北欧社会研究部会, 2012.10, 法政大学
・「スウェーデン成人教育の歴史と構造―「リカレント教育」はどのように生まれたのか」, 立教社会福祉研究所・社会福祉のフロンティア, 2011.5, 立教大学
・「現代における定時制高校の役割(III)―2009年定時制・通信制全国調査より」, 日本教育社会学会第62回大会, 2010.9, 関西大学
・「定時制高校の史的展開と分化に関する研究」, 日本教育社会学会第60回大会, 2008.9, 上越教育大学
・「近代教育システムのなかの成人教育―スウェーデンの事例から」, 一橋大学COEプログラム・ヨーロッパの革新的研究拠点ワークショップ「ヨーロッパ近代教育の現代的展開」, 2007.4, 一橋大学
・「スウェーデンにおける民衆教育と『新しい社会運動』の関わり―フェミニズム運動を事例として」, 日本学習社会学会第3回大会, 2006.9, 筑波大学
・“Social Functions of Adult Education in the Learning Society”, Mimer konferens 2005, Nationellt program för folkbildningsforskning, 2005.11, スウェーデン・イェテボリ大学
・“Radical Adult Education in the Learning Society”, 12th World Congress of Comparative Education Societies, 2004.10, キューバ・ハバナ国際会議場
・「多文化社会スウェーデンにおける民衆教育の機能変容」, 日本比較教育学会第40回大会, 2004.6, 名古屋大学
・「スウェーデン成人教育政策における民衆教育の位置づけ」, 日本教育政策学会第10回大会, 2003.6, 専修大学
・“The similarities and differences between Nordic countries’ popular education”, Waseda University International Seminar "20th Century as History", 2003.3, 早稲田大学

〔書評・新刊紹介〕

・(書評) 広田照幸・橋本伸也・岩下誠編著『福祉国家と教育―比較教育社会史の新たな展開に向けて』 (昭和堂, 2013.11), 『歴史評論』 通巻776号, 2014.11
・(書評) 佐藤一子著『イタリア学習社会の歴史像 ―社会連帯にねざす生涯学習の協働』 (東京大学出版会, 2010.12), 『教育社会学研究』 通巻89号, 2011

〔辞書・辞典等の項目執筆〕

・『社会教育・生涯学習辞典』, 朝倉書店, 2012.11 (執筆項目:「北欧の成人教育・生涯学習」「スウェーデンの成人教育・生涯学習」)

〔一般雑誌等への論文・記事等の掲載〕

・「スウェーデンの学習サークル(3) 学習と政治のゆるやかなつながり」『Voters』, 第23号, 2015.1
・「スウェーデンの学習サークル(2) 学習サークル・デモクラシー」『Voters』, 第22号, 2014.10
・「スウェーデンの学習サークル(1) ルーツとしての政治学習」『Voters』, 第21号, 2014.8
・「スウェーデンの家庭保育所(保育ママ)の動向」『保育情報』, 全国保育団体連絡会, 2013.9
・「希望する保育所に入れるの?―スウェーデンの場合」『保育情報』, 全国保育団体連絡会, 2013.7
・「スウェーデンにおける学童保育の法制とガイドライン」『学童保育研究』, 学童保育指導員専門性研究会、かもがわ出版, 2007.11

研究プロジェクト等(94年以降)

〔外部資金〕

・科学研究費補助金(若手研究B), 「19-20世紀転換期スウェーデンにおける生活文化をめぐる諸運動と『国民教育』」(研究代表者), 2014.4-2017.3
・科学研究費補助金(基盤研究B), 「学習者のウェルビーイングに資するノンフォーマル教育の国際比較研究」(研究分担者), 2013.4-2016.3
・科学研究費補助金(基盤研究A), 「コミュニティ・ガバナンスと社会教育福祉システム構築に関する欧米とアジアの比較研究」(研究分担者), 2011.4-2015.3
・科学研究費補助金(若手研究B), 「スウェーデンモデルにおける成人教育システムの成立過程」(研究代表者), 2010.4-2014.3
・科学研究費補助金(基盤研究C), 「地域社会の変容下における定時制高等学校の危機と対応過程」(研究分担者), 2007.4-2010.3
・科学研究費補助金(特別研究員奨励費), 「成人教育の社会的機能に関する史的研究 スウェーデン型生涯学習社会の形成過程分析」(研究代表者), 2005.4-2006.12

受賞等

このページの一番上へ